本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県北名古屋市:師勝南コースSHIKATSU SOUTH

2015年5月探訪。2016年2月27日作成

【コース】 距離:約7.9km
 旧師勝町南部の高田寺周辺の社寺をめぐります。古くからの農村の庶民信仰が生きる社寺をめぐって進み,南の新川の治水碑までを訪ねます。

名鉄・西春駅〜若宮神社〜仁昌寺〜十所神社〜福寿寺〜院田薬師堂〜愛行院〜新宮神社〜洞雲寺〜長昌堂〜全昌寺〜訓原神社〜片場神社〜円通寺〜高田寺〜白山社〜日光寺〜萬渓寺〜水埜士惇君冶水碑〜名古屋市バス・比良新橋バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄・西春駅



 今回のスタートは名鉄犬山線の西春駅です。名鉄名古屋駅から急行・準急を利用して約10分,普通列車でも約15分でアクセスは良好です。西春駅の西側出口から出てスタートします。

若宮神社
鹿田若宮3561



 西春駅から出てすぐ「若宮通り」と書かれた右手の一方通行の道を逆走して進みます。この道はかつて名古屋から岩倉を通って犬山方面を結んだ岩倉街道に当たります。尾張北部で収穫された野菜などを名古屋の枇杷島の市場で販売するために多くの農民や商人が行き交った生活道路でした。今のこの付近は旧街道の趣が残っています。



 街道を150mほど進んだ次の交差点を右に曲がったところに若宮神社があります。昭和3年(1928年)に創建された比較的新しい神社です。



 若宮神社に隣接して観音寺(曹洞宗)があります。名前の通り観世音菩薩を本尊としています。



 観音寺の先,踏切手前を左折して線路沿いに進み,突当りを左に曲がった先に須佐之男社があります。この神社も元は豊山町青山にありましたが,昭和17年(1942年)に飛行場拡張のため現在地に移されました。祭神は須佐之男命で,末社に秋葉社,水神社があります。豊山町時代の棟札には,町の宮司として知られる河村氏が社殿の造立や再建を行っている様子が伝わります。

仁昌寺
鹿田大門77



 須佐之男社の先の突当りを右折して北に進み,道なりに左に曲がって突当りを右に進み,さらに次の交差点を右折して名鉄の踏切を渡って500m弱進み,横断歩道を渡った先,次の交差点を左折します。すると200m弱先の左手に梅宮神社があります。創建は不詳ですが,弘化3年(1846年)の村絵図に存在が見られます。かつて3月3日に行われていた例祭は嫁見といわれ,歯痛の神としての信仰があったといいます。



 南向きに戻って150mほど進んだ突当りを左折し,100mほど進むと左手に仁昌寺(曹洞宗)があります。鹿田山と号し,往古は天台宗の大伽藍を持ち比叡山延暦寺の関東への手継ぎを行う寺でしたが,執事が仕事を怠って比叡山の告状を関東に引き継がなかったため,比叡山の衆徒が怒って寺を焼き払ったといいます。その後,応仁元年(1467年)頃に正眼寺(現小牧市)の末寺として再興され,曹洞宗に改宗したと考えられ,さらに徇行記には宝永3年(1706年)にも再興したと伝えています。



 本尊は銅造の地蔵菩薩で室町中期の作といわれ,像高60cmの秀作です。境内の観音堂には,木造聖観世音菩薩立像[市文化]が安置されており,像高85.8cmの一木造で,秘仏のため容易に拝観できませんが,様式などから鎌倉時代の作といいます。徇行記には,曹洞宗改宗の際に観音が怒って堂が振動してやまず,本山の正眼寺の僧が来てなだめたと伝えています。



 また,境内には平成25年(2013年)に移されたうなり石があります。これは夜になると「ウウー」と不気味なうなり声をあげることからこの名がついたといわれ,原因を探ろうと石に鍬を入れた人は決まって重い病気にかかったと言い伝えられています。

十所神社(鹿田)
鹿田大門1





 仁昌寺の正門から50m弱進むと右手に十所神社があります。付近の十の社が集めて祀られていることからこの名前があり,かつての鹿田村の氏神として篤い信仰を集めています。創建は張州府志に天正5年(1577年)造進とあり,現在の拝殿は伊勢湾台風で被害を受けた後の昭和39年(1964年)に鉄筋コンクリート製で再建されたものになります。



 十所神社からさらに少し進んだ左手に福寿寺(曹洞宗)があります。大長山と号し,昭和6年(1931年)に,鹿田で尾張西国巡りを盛んにしたという長谷川千代吉と,有力者の大口千代次郎が周辺300村から浄財を集めて堂宇を建立したといいます。本尊は不空羂索観世音菩薩で,現在は無住になっています。



 福寿寺の先の交差点を左折し,道なりに150mほど進んだ左手に院田薬師堂があります。堂の中には円空作の木造秋葉神立像[市文化]が安置されています。素朴で粗削りな作風の多くの仏像を残した円空ですが,この像はその中でも初期のものといい,白狐に乗った珍しい姿をしています。

愛行院
鹿田丹波屋敷247



 院田薬師堂の先の交差点を右折し,250mほど進んだ5本目の筋を右折し,さらに2本目の筋を左折すると右手に愛行院(真言宗醍醐派)があります。瑠璃光山と号し,応永15年(1408年)の創建と伝えられています。寺伝によると鹿田城主の大口左京進の祖先が,薬師如来を信じて男子を得,霊夢を感得して村の東隅にあった蒲ヶ池から薬師如来を救い上げて祀ったのが始まりといいます。これが児子薬師如来といい,霊験が伝わって多くの人が参拝するようになったといいます。第20世住職の良海作の不動明王などの仏像も知られています。本堂は大正5年(1916年),庫裡,書院は昭和49年(1974年)に建て替えられたものです。

新宮神社
鹿田新宮境内附395



 戻って,院田薬師堂の先の右折した交差点の1つ手前の筋まで戻って右折すると,少し先の左手に新宮神社があります。創建は不詳ですが,尾張国神名帳などにかつて熊野庄にあったという「春日井郡従三位志賀田天神」とある由緒ある神社とされます。元々3丁(約320m)ほど離れた場所にあったのを寛永年間(1624〜44)に現在地に移し,寛文9年(1669年)に造営を行ったと伝わります。江戸時代には,熊野の新宮である速玉大社から勧請されたことから,熊野神宮や新宮大明神という記載があります。大正9年(1920年)に天神社・神明社・白山社が合祀されました。また境内に祀られている塩竃神社は,天保9年(1838年)に宮城県の塩竃神社から勧請したもので,安産守護の神として信仰を受けています。かつては境内に1600年頃からの歴史があったという黒松があり,愛知県の天然記念物にも指定されていましたが,枯死したために昭和30年(1955年)に伐採されました。

洞雲寺
鹿田東蒲屋敷557



 新宮神社から150mほど進むと左手に洞雲寺(曹洞宗)があります。竺峰山と号し,文明13年(1481年)に正眼寺(現小牧市)の6世久翁永長和尚による創建といいます。その後,天明2年(1782年)に慈海瑞船により再興されたと伝わります。本尊は木造十一面観音で,現在の山門は大正7年(1918年),庫裡は昭和4年(1929年)の創建といいます。かつてこの付近には守護斯波氏の家臣の大口右京進の居城であった鹿田城があったといいますが,現在はその遺構はありません。

長昌堂
井瀬木居屋敷1128-2



 洞雲寺から100m先の「鹿田」交差点を右折し,約200m先の次の信号を左折し,さらに150mほど進むと右手に長昌堂(曹洞宗)があります。金剛山と号し,この先にある全昌寺の末寺で明治初年に地元で弘法大師の霊験を受けたという人が一宇を建立して井瀬木大師堂と称し,その後明治44年(1911年)に全昌寺の和尚を迎えて開山しました。現在の建物は昭和53年(1978年)造営の鉄筋コンクリートで,木造の釈迦如来が本尊です。全昌寺が兼務住職で現在無住となっています。かつてはここに文明11年(1479年)に織田信長の重臣であった佐々成政の父である成宗が造営されたという井関城といいますが,現在はその遺構はありません。

全昌寺
井瀬木居屋敷1089



 長昌堂から150mほど進むと全昌寺(曹洞宗)があります。鎮護山と号し,創建については詳しくはわかっていませんが,天文14年(1545年)に正眼寺(現小牧市)の9世和尚が創建したとも,元禄4年(1691年)の開山とも伝えられています。山門は明治44年(1911年),本堂は昭和3年(1928年)の建立で,本尊は木造無量寿如来です。寺宝に鋳鉄地蔵菩薩立像[県文化]があり,像高64.3mで頭部と両手首は青銅で補修されたあとがありますが室町時代中期の作といい,胸部露出部が広いなど尾張地区の鋳鉄地蔵と同じ特徴を示しているといいます。

訓原(くにはら)神社
井瀬木五反地67-1





 1つ戻って右折して北に進み,250m強進んだ突当りの1つ手前の交差点を右折し,続く突当りを左折すると,50mほど先に訓原神社があります。創建は不詳ですが,平安時代の延喜式に見える「春日部郡訓原神社」にあたる神社とされる由緒ある神社です。最古で天文3年(1534年)の棟札があり,この時期には鎮座していたと考えられます。末社には白山社と市岐島社があり,また境内には訓原座跡の碑があってかつて本殿北側にあった大きな舞台があったことを示しています。この付近は律令制の条里制の遺構が見られ,この字名の五反地も条里制の由来の地名になっています。

片場神社
片場白山56



 訓原神社の先の交差点を右折して200mほど進んだ「郷西」交差点を左折し,約100m先の3本目の筋を右折し,さらに200mほど先の3つ目の交差点を左折するとすぐに片場神社があります。旧片場村の村社である白山神社に六所社,八幡社,津島社の3社が大正9年(1920年)に合併して,大正13年(1924年)に片場神社と改称されたものです。白山神社は古い棟札で慶長2年(1597年)のものがあり,八幡社も同時期の創建,六所社は天文21年(1552年)頃の創建と考えられています。

円通寺
片場郷491





 片場神社から南に戻って300m進み,5つ目の筋を右折して,さらに次の筋を右折すると円通寺(曹洞宗)があります。牛王山と号し,岩倉の龍潭寺の末寺で,天文元年(1532年)頃の創建と伝えられ,その後天台宗になったといいますが,寛文4年(1664年)に量屋存応が中興して曹洞宗になったといいます。明治24年(1891年)の濃尾地震などで衰退して,現在の本堂は昭和41年(1966年)に建立された鉄筋コンクリート製です。本尊は木造釈迦如来で,施主は寺伝によると名古屋の伊藤次郎左衛門といいます。

高田寺
高田寺屋敷383 [公式HP(外部リンク)→]



 戻って突当りを左折し,続く交差点を右折して400mほど「大石」交差点を越えて進み,「大石」交差点から3つ目の筋を右折して約100m進むと高田寺(天台宗)があります。寺伝によると養老4年(720年)に行基が開山したという古刹で,壬申の乱で功績をあげた高田首新家(たかだのおびとにいのみ)の菩提を弔うために創建されたといいます。大同年間(806〜10)にここを訪れた最澄が寺号を高田寺と定めたといい,その後七堂伽藍と十二坊を備えた大寺になったといいますが,現在は薬師堂のみが残って本堂となっています。





 正面の入母屋造,檜皮葺きの本堂[国重文]は様式から鎌倉末期から室町初期の創建と考えられ,平成7年(1995年)の台風で被害を受けましたが,その後きれいに改修されました。本堂内の厨子[国重文]はこけら葺きながら古風な手法で作られた貴重なもので,本堂と同時期の創建と考えられています。本堂の護摩札[国重文]から貞享2年(1685年)と享保12年(1727年)に大修理が行われたことがわかっています。本尊の木造薬師如来坐像[国重文]は鎌倉時代の作と考えられていましたが,近年さらにさかのぼって8,9世紀とも考えられています。古来より病気平癒に霊験があったといい,小野道風が眼病平癒と書道上達を願って奉納した扁額が残されており,江戸時代には眼科の日本三大流派の1つの高田流として広く知られ,実相坊という治療所があったといいます。他にも嘉吉4年(1444年)の銘がある木造大黒天像[県文化]や円空仏なども残されています。かつては文明7年(1475年)の銘と天正14年(1586年)那古野万松寺の追銘がある梵鐘がありました。

白山社
高田寺屋敷419



 高田寺の左側に隣接して白山社があります。社伝によると養老7年(723年)の創建といい,この高田寺付近の6つの村である高田六郷の総社で,往古は大社で天正年間(1572〜92)までは広い社領があったといい,尾張国神名帳の「従三位小高園天神」とある神社だったといいます。



 現在の本殿[県文化]は社伝によると天正14年(1545年)の創建といい,元々は祭礼に使用されたものと考えられています。寛永15年(1638),延宝6年(1678年),元禄2年(1689年)の3回の修理の記録が残っていますが,室町期の建築様式を色濃く残す貴重な建物です。社宝にも室町末期の舞楽面3つが残されています。毎年10月の白山社の例祭のときには,明治10年(1877年)頃から行われているという高田寺白山社神楽太鼓[市無形文化]が演奏されます。現在,曲目は8曲が伝承されているといいます。また,境内には高さ9mの樹勢旺盛なツブラジイ[市天然]があります。

日光寺(二子)
二子屋敷258-1



 白山社からさらに西に進み,その先の突当りを左折します。そのまま道なりに600m弱進んだら,左手に二子中央公園があります。



 さらにその北には二子神明社があります。この付近の二子村の旧村社で,寛永16年(1639年)の創建と伝わり,末社に津島社があり,10月に例祭が行われます。社殿は昭和52年(1977年)に鉄筋コンクリート製となってしまいました。





 戻ってさらに少し南に進むと,左手に日光寺(曹洞宗)があります。普照山と号し,岩倉の龍潭寺の末寺で,徇行記によると永禄8年(1565年)に全昌が開基し,その後元禄14年(1701年)に再興されたといいますが,諸説あります。本堂は元禄期の再興の際に建立されたものが残っているといい,本尊は木造の十一面観世音菩薩です。寺の墓地には,織田信長の家臣である丹羽甚左衛門の墓という五輪塔があります。その他,大般若経600巻などの寺宝を有しています。

萬渓寺
久地野郷廻17



 日光寺のところを左折し,続く筋を左折ののち右折して進み,続く筋を左折して,次の100m強先の筋を右折し,200m強進むと左手に久地野神明社があります。寛永10年(1633年)の創建といい,久地野村の旧村社になります。境内には白山宮や津島社がまつられており,現在の建物は昭和40年(1965年)建立の鉄筋コンクリート製です。



 神明社の先に萬渓寺(曹洞宗)があります。法幢山と号し,慶長8年(1603年)(慶長3年(1558年)の説もあり)に正眼寺(現小牧市)の末寺として創建されました。当時は方道山万慶寺と称したという記録もあり,貞享年間(1684〜87)以降は正眼寺の隠居所となっていたという記載もあります。その後,文化4年(1807年)に再興されたといいます。本堂,庫裡が昭和56年(1981年)の失火で全焼したため,現在の建物は平成に再建されたものです。



 萬渓寺の道路をはさんで反対側には,久地野公民館があります。かつては純農村だったこの地域も,名古屋市に隣接する地域ということもあって新しい住宅が増えてきました。

水埜士惇君冶水碑
久地野160-1



 萬渓寺からさらに150mほど進み,県道に突き当たったら右折して,100m強進んだ「比良新橋北」交差点を左折して,新川沿いを進んでいきます。新川沿いのこの道は景色もよく,ウォーキングする人々がよく見かけられます。



 この川沿いの道を100m強進んだ左手には水埜士惇君冶水碑[市史跡]があります。江戸時代まで,洪水が頻発した庄内川の治水のために,尾張藩主徳川宗睦は安永8年(1779年)に普請奉行の水野千之右衛門に命じて工事に取り掛からせました。しかし,工事は難航して莫大な費用がかかり,一時期,千之右衛門は責任を負って馬廻組に降職させられ謹慎の身となります。しかし,治水工事の必要性を訴え続けて再び普請奉行となり,天明4年(1784年)に新川の開削工事を起工して天明7年(1787年)に完成し,その結果庄内川の洪水は大幅に減ったといいます。この水野千之右衛門の功績を後世までたたえるために高さ1.5mの角柱型のこの碑が文政2年(1819年)に建てられました。なお,水埜士惇とは千之右エ門の号であるといいます。

ゴール:名古屋市バス・比良新橋バス停



 「比良新橋北」交差点に戻り,左折して橋を渡ると名古屋市に入ります。そのまま200m弱進むと,ゴールの名古屋市バスの比良新橋バス停につきます。小田11系統が上小田井駅まで,栄11系統が名古屋の栄まで,名駅12系統が名古屋駅までそれぞれ運行されており,各系統とも1時間に2本程度の運転です。栄・名古屋方面に行くバスは先の分岐を左に曲がって左折したところから発車しますので注意してください。

写真使用数:38

←前:西春北コース / 愛知県北名古屋市 / 次:師勝北コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>