本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県北名古屋市:西春中コースNISHIHARU CENTRAL

2015年5月探訪。2016年3月8日作成

【コース】 距離:約7.1km
 旧西春町中部から西部の弥勒寺・西之保・石橋・宇福寺・中之郷の各地域をめぐります。昔ながらの農村の雰囲気が残る社寺をめぐります。

名鉄・西春駅〜若宮八幡社〜東光寺〜日吉神社〜八幡神社〜宝円寺〜十所社〜普門寺〜円乗寺〜(宇福寺)天神社〜真福寺〜(中之郷)八幡宮〜本教寺〜清須市はるひ夢の森公園








(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄・西春駅

 前回と同様に今回も名鉄犬山線の西春駅がスタート駅です。急行・準急列車で名鉄名古屋駅から約10分,普通列車ならば約15分です。西春駅のホーム西側には,今回のコースで訪れる宝円寺にある日限地蔵尊の碑が立てられています。今回は駅の西側出口から出てスタートしていきましょう。

東光寺
弥勒寺東2-115





 西春駅西口から出て西に進み,3本目の筋を右折して200m弱進んだ突当りを左に進むと,若宮八幡社があります。昭和5年(1930年)の創建といい,秋葉社と稲荷社の2つの末社を持ち,例祭が10月に行われる地域の神社です。



 東に戻って次の筋を左に曲がり200mほど進むと左手に大坪公園があります。静かな住宅街にあり,春には桜を楽しむこともできる公園です。





 大坪公園を北に抜けて左折し,50m強先の突当りを右折します。そのまま100m弱進むと,右手に東光寺(曹洞宗)があります。金剛山と号し,文明16年(1484年)頃に正眼寺(現小牧市)6世が末寺として創建し,天明元年(1781年)に同じく正眼寺31世が中興開山しました。本尊は室町初期の作とされる木造の弥勒菩薩で,高さ74cm,秘仏で17年ごとに開帳され,明治初期の開帳は見世物の芝居小屋ができたり,馬が奉納されたりと盛んだった様子が伝わります。別にある木造地蔵菩薩立像は鎌倉末期の作といい,この付近で最も古いものです。この付近の弥勒寺という地名は,かつて奈良時代にあったとされる寺名で,発掘調査の結果,古瓦や礎石などが発見されています。これと同一の木型と思われる瓦が一宮や知多などで発見されており,この地方各都市の豪族が寺院を建立する際の瓦につながりがあったことを示しています。寺の西北には禅応寺(善応寺)という古刹があったといい,古代寺院のロマンがかきたてられる場所になっています。



 東光寺から先に進んで次の筋を右折し,道なりに進んで次の筋を左折して,さらに次の筋を左折したところに日吉神社があります。創建は不詳ですが,かつてこの付近にあったという禅応寺の鎮守として寺の近くにあったと伝えられています。

八幡神社
西之保青野



 日吉神社からそのまま西に100m弱進むと県道に突き当たるので,ここを左折し,「弥勒寺」交差点を横断歩道を渡って右折します。さらに次の筋を左折し,2本目の筋を右折したところの青野児童遊園の隣に八幡神社があります。貞享2年(1685年)建立の棟札があり,現在に至るまで繰り返し修復されて大切に扱われていた跡が残っています。現在,公園となっている境内はかつて風致保安林だったといいます。末社に神明社があり,かつてこの付近にあったという龍王社の棟札も残されているといいます。



 東に戻って次の筋を右折し,200m先の突き当りを右折すると北名古屋市役所があります。地図などの情報を手に入れる場合は活用しましょう。



 道路をはさんで反対側には西春中学校があります。校内にはとうかえで,菩提樹[ともに市天然]が生えています。

宝円寺
西之保東屋敷20





 西春中学校から進んで次の歩道橋のある筋を左折し,150mほど進んだ4本目の筋を右折して100m弱進むと右手に宝円寺(曹洞宗)があります。大法山と号し,正保4年(1647年)(慶長3年(1598年)説もあり)に正眼寺(現小牧市)の末寺として創建され,当初は補陀山宝蔵庵と称しました。その後,文政元年(1818年)に正眼寺36世賢外逸俊が法地開山となって,寺号を宝円寺と改めたと言います。本堂は明治24年(1891年)の濃尾地震で被害にあったのちに建て直されたもので,本尊は木造釈迦如来坐像です。境内の願王殿には日限地蔵という地蔵が安置されています。これは下野国に行脚した泰禅という僧が,重い神経痛にかかった際に,日を限ってお願いすればどんなことでもかなうという地蔵に願をかけたところ見事に全快したといい,その地蔵の分身を受けてこの地にまつったものといいます。明治期には遠方からも参詣し,願い事がかなった際に奉納された人形や絵馬などが多数奉納されたといい,安産祈願で奉納した底ぬけひしゃくもあったと言います。また,旧暦正月24日の地蔵祭りも大いに賑わい,獅子舞や万歳などの余興が催されて盛況であったといいます。

十所社(西之保)
西之保中屋敷20



 宝円寺の先の交差点を左折し,次の筋を右折すると十所社があります。創建は嘉慶元年(1387年)(ただしこの年は再建年とする説もあります)といい,天照大神など13神をまつり,江戸時代の記録では十所大明神と述べています。末社として八幡社,八剣社があり,大正9年(1920年)に子供の虫封じや疫病除けの神として古くから信仰を受けた,宝円寺の西にあった県(あがた)社を合祀しました。境内には松が茂り,落ち着いた雰囲気になっています。

普門寺(西之保)
西之保中屋敷44





 十所社の西には,普門寺(曹洞宗)があります。甘露山と号し,寺伝によると正保2年(1645年)に正眼寺(現小牧市)18世を開山として創建されたといい(ただし,享禄3年(1530年)創建と伝える書もあります),当初は滝汲山と号したといいます。その後,元文元年(1736年)に堂宇が改築されて中興され,その後文政8年(1825年)から苦心の末堂宇が再興され,現在につながる伽藍が整いました。この際には,永平寺別院奉安殿護国院(現名古屋市東区)の僧黙室のはからいで尾張徳川家から金の寄進を受けたといい,この際に甘露山と改められたといい,黙室が法地開山となっています。黙室は安永4年(1775年)生の天草出身の僧で,瀬戸の陶工である加藤民吉が天草で窯業を学んだときに関わった人物でもあり,その因縁で民吉らから贈られたという獅子香炉が秘蔵されているといいます。本堂は文政8年建立のものが現在も残り,山門は天保11年(1840年)建立で最近になって改修されました。本尊は十一面観世音菩薩で,その脇には木造薬師如来坐像が安置されています。薬師如来は昔の集落内にあったという薬師堂にまつられていたものといい(元々普門寺の本尊という説もあります),幕末の頃に堂が取り除かれ,薬師如来は普門寺に,同じ場所に祀られていた大黒天は宝円寺に移されたという伝承があります。寺宝には法地開山した黙室が編集したという「法服格正」があります。これは,僧衣が乱れていたのを深く嘆き,法服の由来や根源を詳しく探求し,曹洞宗の法服がいかにあるべきかを学問的に考証したもので,昭和12年(1937年)に復刊も行われているといいます。また糞掃衣[市文化]は尾張公の女官たちが不要になった布を持ち寄り,指導をうけながら「一針三礼」という信仰儀礼のもとに縫い上げられた法衣といいます。



 普門寺から100mほど先に進んだ右手に稲荷神社があります。豊川稲荷から勧請して設けられたものです。

円乗寺
石橋大日99



 稲荷神社から800m強進んだ右手に八幡社があります。創建は不詳ですが,石橋村の旧村社でかつては村の北西にあり,十所社の末社だったと考えられています。大正9年(1920年)に村内の神明社を合祀しました。





 八幡社の隣に円乗寺(法華宗)があります。恵日山と号し,寛永年間(1624〜44)に本妙院日恵が開山したといいます(延宝2年(1674年)に西北にあった大日堂を日恵が再建したともいわれます)。本堂は明治20年(1887年)に全焼し,明治24年(1891年)の濃尾地震が起こったのちに再建されたもので,山門は元々名古屋城東にあった城の裏門を,明治初期に譲り受けて移築したものといい,棟両端の鬼瓦には葵紋も見られるといいます。

(宇福寺)天神社
宇福寺天神123



 円乗寺から400mほど先の「中之郷保育園前」バス停の先の交差点を右折し,250mほど進んだ「宇福寺」交差点の歩道橋を渡って直進し,次の筋を左折します。さらに次の筋を右折して200mほど進むと正面に天神社があります。創建は不詳ですが古くから菅天神社と呼ばれ,最古のもので貞享3年(1686年)建立の棟札があり,「尾張志」には応永20年(1413年)修造の記録がみえます。また,「尾張志」によると平安時代の延喜式にある伊副神社に当たるとも考えることができるとも述べられており,これが真実ならば平安時代からの歴史を誇る古社ということができます。祭神は菅原道真で,大正9年(1920年)には同じ地区の北方にあった神明社(創建は天文5年(1536年),祭神は天照大神)を合祀し,右側には津島社もあります。境内は大木があって歴史を感じさせる一方,こぎれいに整備されており宇福寺の集落の人々によって大切にされてきている様子が伝わります。宇福寺の地名の由来は古代・中世にかけて存在したという雲福寺(宇福寺)といいますが,この寺院についてはよくわかっていません。

真福寺
宇福寺天神117-1



 天神社の前から右手に進んだ先には真福寺(曹洞宗)があります。天神山と号し,康正元年(1455年)に正眼寺(現小牧市)の3世天先の開山といい,かつては隠居所であったものが寺号をつけたものだといいます。かつては高提寺という別の位置にありましたが,延享4年(1747年)に現在地に移されたといいます。開山の天先は菅原道真の末裔といい,その由縁で天神山という山号になったとも考えられます。本尊は薬師如来です。
 天神社の方に戻って先の突当りを左折すると,50m弱の右手に観音堂があります。天保2年(1831年)に真福寺7世による開山といい,本尊の観世音菩薩とハトバ観音といわれる木仏が安置されているといいます。

(中之郷)天満宮
中之郷南43



 観音堂の先を右折して150m弱進むと国道22号線に突き当たります。ここを左折して600m強先の先の歩道橋を渡って,そのまま先の細い路地に入ります。この付近から中之郷の集落の昔ながらのたたずまいが見られます。3本目を右折して50mほど進むと,右手に天満宮があります。創建は不詳ですが,江戸時代より昔からの歴史があると考えられています。大正2年(1913年)に村の東にあった神明社(寛永10年(1633年)創建)が合祀されました。木造かわら葺きの社殿は,古い中之郷の集落にマッチしています。祭神は応神天皇および天照大神です。

本教寺
中之郷南71





 八幡宮の先の筋を左折し,そのまま道なりに直進して進み,その先道なりに右に曲がって100m弱進むと本教寺(真宗大谷派)があります。正覚山と号し,天文10年(1541年)に浄元によって創建され,当初は慶円坊と称しました。浄元はその後元亀元年(1570年)に織田信長が石山本願寺に出陣した際に参戦し,討ち死にしたといいます。その後,3世の路元の時に本教寺と改め,文政5年(1822年)に正覚山という山号になったといいます。本尊は阿弥陀如来で,親鸞聖人幼少の木像や蓮如上人の木像などの寺宝を有するといいます。

ゴール:清須市はるひ夢の森公園



 本教寺の先を左折して約200m進み,「西野」交差点で右折して400mほど進み,五条川を渡った先の歩道を左折して五条川沿いを進み400mほど進むとゴールのはるひ夢の森公園です。清須市のバスがあり,清洲駅までオレンジルートが1日3本,枇杷島駅までサクラルートが1日5本なので,利用するなら時間は調べておきましょう。バスの都合が合わない場合は徒歩移動になり,清洲駅まで徒歩約20分になります。

写真使用数:24

←前:西春南コース / 愛知県北名古屋市 / 次:西春北コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>