本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県北名古屋市:西春南コースNISHIHARU SOUTH

2015年5月探訪。2016年3月8日作成

【コース】 距離:約9.9km
 旧西春町南部の九之坪・加島新田・野崎・沖村の各地域を訪ねます。旧九之坪城周辺の史跡と沖村地区の社寺,駅西にあるアートが見所です。

≪コース≫ 名鉄・西春駅〜新羅八幡社〜十所社〜平田寺〜瑞雲寺〜観昌寺〜松元院〜北名古屋市健康ドーム〜鴨田エコパーク〜富士浅間社〜報還寺〜両家天神社〜九之坪神社〜三所社〜光岩寺〜入明寺〜徳岩寺〜松林寺〜日吉神社〜名鉄・西春駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄・西春駅



 今回は名鉄犬山線の西春駅がスタート駅です。急行・準急列車が停車し,名鉄名古屋駅から約10分,普通列車ならば約15分です。西春駅の東側出口から出てスタートしていきましょう。

新羅八幡社
九之坪小松



 西春駅東口から線路の左側の道を約300m進むと「宮浦」交差点になります。ここで横断歩道を渡ったのち右折し,50mほど進んだ名鉄の高架をくぐった先を左折して線路沿いを50m強進むと新羅八幡社があります。創建は元和3年(1617年)といい,かつて前の街道が鎌倉街道で,朝鮮から帰還した太閤殿下がこの道を通った際に,もはや弓は不要として捨ててしまったので,その弓を納め奉ったことが新羅八幡社の名前の由来とされています。九之坪城主の梁田氏が安産祈願をして,無事に成就したことから社殿を寄進したと伝わっています。この付近はかつて二本松といい巨松が2本立っていたといいます。

十所社(九之坪)
九之坪市場17



 新羅八幡社から50mほど進んだ先の突当りを左折して名鉄の高架下をくぐり,その先の突当りを右折すると右手に十所社があります。永禄2年(1559年)(享禄元年(1528年)建立の棟札もある)に九之坪城主の梁田氏が建立し,天正10年(1582年)に重修したといい,この当時の棟札も残されています。この社は元々,九之坪城の方を向いていて東向きになっていましたが,昭和5年(1930年)の本殿改築の際に,現在のように南向きに改められました。

平田寺
九之坪宮前6 [公式HP(外部リンク)→]





 十所社から進んで次の交差点を右に曲がった先の踏切の手前に平田寺(曹洞宗)があります。大雲山と号し,草創の年代は不詳ですが南北朝初期にさかのぼると考えられ,永禄7年(1564年)に平田城(現名古屋市西区)の平田和泉守が開基したといい,寺号はこれにちなむようです。当初は天台宗でしたが,慶長9年(1604年)に瀬戸雲興寺の14世居雲を迎えて中興し,曹洞宗に改めたといいます。古くは豊臣秀吉から寺領を受領し,その後も元和6年(1620年)に尾張徳川家の義直から52石を受領し,その後も寺に残る黒印状付通函[市文化]などから歴代藩主から寺領を認められるなど尾張徳川家からも保護されていたことが伝わります。



 本堂は明治29年(1897年)に改築され,庫裡や玄関は大正4年(1915年)に再建されたものです。本尊は木造五劫思惟弥劫弥陀坐像[県文化]で,様式からし室町初期作と考えられる寄木造の木像で,長髪蓬頭をしている珍しいものです。また円空仏である木造天神像,木造薬師像,木造観音像[いずれも市文化]も所蔵しており,天神像と観音像は50歳前後の作,薬師像は40歳前後の作と考えられ,年代の異なる円空仏が同じ場所にあるのは貴重だそうです。この他にも朝鮮から渡来したと伝わり,豊臣秀吉から拝領した絹本著色釈迦三尊図並びに羅漢図[県文化]は当時の朝鮮仏画の様子がわかるものです。当寺は豊臣秀吉および平田和泉守の位牌があることでも知られ,平田和泉守の位牌には元亀2年(1571年)没の銘も見られます。



 境内にある池には黒池龍神が祀られており,これは日照りが続いた寛永3年(1626年)の夏,民衆の求めで寺の2世快岩が高田寺村の黒池という池に住む龍神に祈ったところ,3日間雨が降り続いたといい,そののちに境内に池を掘り,黒池龍神を祀ったものになります。この時の様子から黒池龍神謡曲[市文化]が作られ,「尾張名所図会」などにも取り上げられて広く知られるようになりました。

瑞雲寺
九之坪市場51





 東に戻ってそのまま交差点を直進すると左手に瑞雲寺(曹洞宗)があります。補陀山と号し,永禄2年(1559年)に創建されたと伝わり平田寺の末寺です。当初は養泉寺と称し,天保12年(1841年)の村絵図にもそのように記されていますが,その後いつの頃か現在の寺号になったといいます。本堂は大正4年(1915年)の再建で,本尊は木造の聖観世音菩薩坐像です。



 瑞雲寺から戻って交差点を左折して南下すると,右手に九之坪区公会堂があります。この地は元々西春で最初となる明治6年(1873年)開校の第2番中学校区内第66番小学久栄学校があった場所で,昭和9年(1934年)に卒業生有志によって建立された記念碑が立っています。

観昌寺
九之坪庚申前25 [公式HP(外部リンク)→]



 九之坪区公会堂から50mほど進んだ次の交差点を左折します。なお,ここには十所社の入り口の鳥居があります。



 左折してすぐに観昌寺(曹洞宗)があります。華厳山と号し,天正2年(1574年)に海翁珍公により開創されたといい,その後平田寺4世中山元甫をもって法地開山したといい,平田寺の末寺です。本堂は明治22年(1889年)に焼失したのち,明治29年に再建されたもので,本尊は十一面観音です。境内の明王殿は大正12年(1923年)に移築改造したもので,安産や婦人科疾患に霊験があるうすさま明王が祀られており,毎年8月末には提灯祭りが行われます。

松元院
九之坪南城屋敷45



 観昌寺から約150m進むと,右手に火防のための秋葉神社がまつられています。





 その先を道なりに右折し,その先を左に曲がって少し進むと松元院(曹洞宗)があります。月峯山と号し,元亀元年(1570年)の建立と伝わります。その後,寛永20年(1643年)に秀悦が再建し,いったん中絶して寛政2年(1790年)に中興されました。本堂は明治37年(1904年)に改築されたもので,本尊は十一面観音です。西側にある地蔵堂は,寛文7年(1667年)の書き上げにも記録がある古いもので,かつては千体仏が堂内にあったといいます。

北名古屋市健康ドーム
九之坪笹塚1 [公式HP(外部リンク)→]



 松元院の先の突当りを左折し約150m進んだ先左手の高齢者活動センターの前に九之坪城跡の碑が立っています。元々この地を支配した地侍が「此壺城(このつぼじょう)」と称した館をこの地に建てていましたが,尾張国の守護斯波氏の家臣であった梁田政綱は,斯波氏の衰退後に織田信長に仕え,戦功によりこの城を与えられ,九之坪城(当初は「このつぼ」城と呼ばれた)と称して領有するようになったといいます。その後政綱は有名な桶狭間の戦いで功をあげ,その後各地で大きな功績をあげました。





 道の反対側には北名古屋市健康ドームがあります。運動や健康に関する施設がそろっており,1階はトレーニングルームや軽運動室,健康診断を行う健康増進広場,2階はアリーナ,3階はアリーナの観覧席や浴室などのリフレッシュフロアになっています。3階の展望テラスには,平成17年(2005年)の愛・地球博の瀬戸日本館で展示されていた動物のオブジェが展示されており見ものになっています。



 健康ドームの先を右折すると,100m弱先の左手には白山社があります。永禄2年(1559年)の創建といい,歯痛を祈願すると霊験があるといい,雷除の神としても信仰を集めているといいます。

鴨田エコパーク
九之坪五反地80 [公式HP(外部リンク)→]





 白山社の先200mほど,2本目の川の手前の筋を右折して,900mほど進むと左手に鴨田エコパークがあります。北名古屋市と豊山町のし尿や生ごみの処理を行っている施設で,使用済み油も用いて発電も行っています。芝生広場なども整備されており,サッカーやフットボールなどの練習も行われています。大雨の際に洪水を防ぐために水を一時的に貯蔵する仕組みにもなっています。

富士浅間神社
加島新田屋敷



 鴨田エコパークから200mほど進んで突当りの1つ手前を右折し,200m弱先の3つ目の細い路地を右折すると,その先に富士浅間神社があります。この付近は正保3年(1646年)縄入という加島新田ですが,その氏神になっている神社で,棟札から新田開発前からの歴史があると考えられています。



 神社の左側の道を北上し,200m弱進んだ突当りを左折するとすぐに法音寺西春支院(日蓮宗)があります。名古屋市昭和区にある大乗山法音寺の支院で,布教の拠点になっています。

報還寺
沖村岡253



 法音寺西春支院から100m先,名鉄の線路に突き当たったら右折し,線路沿いに進みます。



 300m強先の次の踏切のところを左折して踏切を渡り,300m先の県道に突き当たったら右折して,先の「岡道」交差点で県道を渡って左折し,200m先の3つ目の筋を左折し,さらに3つ目の筋を左折して50mほど進むと,右手に報還寺(浄土宗)があります。平愈山と号し,慶長14年(1609年)にこの付近に疫病が流行した際に,病難退除の祈りをしてかなえられたので,本堂を建立し薬師如来を奉ったのが始まりといいます。本尊は106cmの木造薬師如来で,室町初期の作とされる秘仏で,およそ17年ごとに開帳されるといい,過去の記録によると開帳は盛大に行われ,近隣の村々からも多くの人が訪れたといいます。この薬師如来は,過去にこの付近が海辺だった時代に網にかかり,その時に小さなお堂を建てて長い間まつられていたものという言い伝えがあります。



 報還寺の前のT字路を左折し,50mほど進むと右手に日吉神社があります。創建は昭和8年(1933年)で,東側に津島牛頭天王,西側に龍神が祀られています。

両家天神社
九之坪菰口12



 日吉神社の前のT字路を左折して300mほど進むと,県道に突き当たります。ここを左折して,先の「岡道」交差点で再び横断歩道を渡って右折し,次の筋を左折して,さらに3本目の筋を右折すると両家天神社があります。創建は不詳ですが江戸時代以前といい,古くは両家と呼ばれた1つの犬飼家が九州の大宰府から勧請したといい,祭神は菅原道真です。



 右折する前に戻って,さらに200mほど北上した右手に西浦神明社があります。創建は不詳ですが,武市氏という一族により勧請されたといい,その後この西浦地区の人々が氏子をつとめ,信仰を受けたといいます。



 その先の左手には岩倉街道を行き交う人々の交通安全を願って建立されたであろう馬頭観音が残されています。

九之坪神社
九之坪松馬場





 200m弱さらに進み,西浦神明社から4本目の筋を右折すると,突当りのところに九之坪神社があります。創建は元和3年(1617年)といい,祭神は天照大神,豊受大神で高畑神明社とも呼ばれます。境内には杉の大木があり,静かな雰囲気の神社です。この九之坪神社の東側の筋は旧岩倉街道で,枇杷島の朝市で販売する野菜が運搬される生活の道になっていました。今でも旧街道のおもかげが少し残されています。

三所社
野崎宮浦29



 九之坪神社から西に戻り,そのまま県道まで出て右折し,100m先の「九之坪南」交差点で横断歩道を渡って左折します。この県道の歩道には彫刻が並んでおり,これらを見ながら歩くのも楽しいです。
 左折して300m進んだ4つ目の筋を左折し,さらに2つ目の筋を右折すると,少し先の右手に三所社があります。明暦元年(1655年)建立という記録があり,当初は3柱が祀られていましたが,大正2年(1913年)に南の野崎山神にあった山神社を合祀して,現在は4柱がまつられています。

光運寺
沖村東之郷149



 三所社から300mほど進んだ突当りを右折し,150m先の3本目の筋を左折すると,約100m先に光運寺(浄土宗西山禅林寺派)があります。創建は天保3年(1832年)といい,元は阿弥陀堂と称していた祠に堂宇を建立して創建したといい,本尊は阿弥陀如来です。境内の歴代庵主の墓に隣接して大きな将棋の駒のような形をした「南無阿弥陀仏」の碑があり,天正3年(1575年)阿弥陀堂と銘があり,この時期から阿弥陀堂が存在していたことを示しています。

入明寺
沖村西之郷235





 光運寺の先の突当りを右折し,続く2本目の筋を左折した先の突当りの左手に入明寺(真宗大谷派)があります。荘厳山と号し,永正2年(1505年)に僧教証が道場を建立して専修坊を称したのが始まりといい(慶長2年(1597年)僧円智建立説もあり).当初は天台宗でしたが寛永15年(1638年)に僧祐心が真宗に改めたといいます。三河上宮寺(現岡崎市)の末寺という記録もあり,本尊は阿弥陀如来です。境内には江戸末期や明治期の歌碑が建っています。

徳岩寺
沖村東之郷122





 戻って突当りを左折し,次の交差点を右折したところに徳岩寺(臨済宗妙心寺派)があります。金剛山と号し,創建は不詳ですが元々は児権現(現児社)の社僧寺で真言宗であったといいます。その後,寺伝によると元和8年(1622年)に政秀寺(現名古屋市中区)の堅岩固公により再興されたといい,その後荒廃しますが,天保11年(1840年)に巨岩禅怡が中興開山となって再興されました。本堂はこの江戸末期に再建されたもので,本尊は十一面観世音菩薩です。境内の地蔵堂は村にあったものを元和年間に境内に移したといい,秋葉堂内には現在も児権現が祀られているといいます。児権現は子供の夜泣きに霊験があるといい,近村から人々が訪れたといいます。

松林寺
沖村西之郷212





 右折する前に戻って再び北上し,次の分岐を左に進んで50mほど進むと右手に松林寺(真宗大谷派)があります。光明山と号し,草創は不詳ですが,文禄元年(1592年)に建立という伝承もあります。本尊は蓮如上人自作という阿弥陀如来で,江戸時代末期に当時の住職が願って安置したものといいます。蓮如の御正当命日法要の際は村へ嫁入りして来たもの,村から嫁いだものなどが美装をこらして寺に参詣するならわしがあり,見物するための村の青年たちも含めて大変な賑わいを呈したといいます。寺宝も多くあるといい,かつてあった帝釈天の青銅像は鎌倉時代の優作だったといいますが,人手に渡ってしまったといいます。また境内は巨木が生い茂り,高さ16.3mというイブキ[市天然]や,高さ32mの雄株のイチョウ[市天然]があります。また,名高い亀甲竹林[市天然]は下部の節間が亀甲状になっている珍しいもので仏面竹ともいい,昔から弘法大師(空海)や見真大師(親鸞)の杖と呼ばれて仏家の奇端と説かれた竹といいます。



 そのまま進んで右折したところには沖村の公民館があります。



 その先を道なりに左折し,続く筋を右折して150mほど進むと,県道に突き当たります。この道路をはさんで向かい側の工場の左側に児社があります。創建は不詳ですが,江戸時代は徳岩寺の住職が社僧をつとめ,子授けや安産の神としてこの付近の広い地域から信仰を受けたといいます。

日吉神社(沖村天花寺)
沖村天花寺8-3





 県道に出たら右折して400mほど進んだ「沖村東」交差点を右折し,100mほど先の次の筋を左折すると,その先に日吉神社があります。創建は不詳ですが,古くは山王権現と呼ばれ,現在地とは少し異なる位置にあったといいます。江戸時代には社家屋敷がついており,社家の栗木家が住んでいたといいます。昔,ここは信濃に向かう道がありましたが,社の前で下馬したら祟りが起こると伝わっていましたが,その後,沖のながおりといって,必ず下馬するようになったといいます。



 日吉社の先の交差点を左折し,県道に戻ったら右折して400m弱進み,「九之坪」交差点を左折します。さらに400m弱進んだ「西春駅」交差点を右折します。ここから300mほど先の西春駅西口までは,アートのまちの市の玄関口として10点のモニュメント作品が展示されています。モニュメントを楽しみながら歩きましょう。モニュメントの作者や解説などは,市のホームページにも記載されています。

ゴール:名鉄・西春駅

 そのまま進むと,スタートした西春駅の西口に戻ってきます。名鉄名古屋駅まで急行・準急で約10分,地下鉄鶴舞線経由で伏見駅まで約15分です。

写真使用数:44

←前:[飛島村]飛島中央コース / 愛知県北名古屋市 / 次:西春中コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>