本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市中村区:中村公園コースNakamura Park

2015年3月探訪。2015年10月20日作成

【コース】 距離:約6.9km
 中村公園駅から,まず秀吉と清正のゆかりの史跡が多い中村公園周辺をめぐり,その後日吉町や大門町など旧中村遊郭の地域をめぐります。

中村公園駅〜大鳥居〜長円寺〜豊国神社〜秀吉清正記念館〜八幡社〜諏訪神社〜名古屋競輪場〜常泉寺〜妙行寺〜油江天神社〜中村日赤〜光明寺〜西福寺〜素盞男神社〜料亭稲本〜中村観音〜若宮八幡社〜中村区役所駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄・中村公園駅

 今回は地下鉄東山線の中村公園駅がスタート駅になります。名古屋駅から高畑行に乗車して4駅7分で行くことができます。中村公園駅の3番出口からスタートします。

大鳥居
中村町8付近



 出口を出た北には,中村公園の大鳥居があります。大正10年(1921年)に中村区が名古屋市に編入されたのを記念して計画され,昭和4年(1929年)に完成したもので,高さ24m,柱の直径が2.4mにも及ぶ鉄筋コンクリート製で,日本有数の大きさを誇り,建設当時は平安神宮の鳥居と並んで日本一の大きさだったといいます。平成5年(1993年)に修復工事が完成して現在の新しい姿になりました。

長円寺
中村町字加藤屋敷3



 大鳥居をくぐって,その先の横断歩道で道路の東側に渡り,鳥居から2つ目の筋を右に曲がり,200m進むと左手に長円寺があります。医光山と号し,蜂須賀蓮華寺(現あま市)の五世順誉上人が,至徳年中(1384〜86)に如意山福生院として現在地に創建し,その後衰微するも天正年間(1573〜91)に再建されました。元和3年(1617年)に名古屋袋町(現中区)に移転し,現在も袋町お聖天として多くの人に信仰されています。この寺はその後旧地に寛永年間(1624〜43)に建てられたもので,この南にある願成寺の末寺となって天台宗となり,その後,野田密蔵院(現春日井市)の末寺となりました。

春日社・八幡社合殿
元中村町2-5-1





 長円寺から先に進んで,「鳥居通5」の交差点で横断歩道を渡って右に曲がり道なりに少し進むと,春日社と八幡社の合殿があります。弘治元年(1555年)に豊臣秀吉によって造営したという記録があり,その後天正18年(1590年)に加藤清正が朝鮮征伐の武運長久のため長円寺住職を社僧として勧請し,村民に的射神事を開創したといいます。この的射神事は現在も毎年3月に行われています。慶長3年(1598年)には清正公の母が社殿を修理したといい,その後,山下市正が社頭を修理し,拝殿と鳥居を造営したといいます。また,境内末社に秋葉社があり,円空作と伝わる御神像が伝わっています。

中村公園
中村町字茶ノ木25 [公式HP(外部リンク)→]



 ここから大鳥居から続く参道に戻り,右に曲がって北に進みます。なお,この参道では毎月9のつく日には「九の市」が行われ,多くの露店が出て賑わいます。



 参道を約400m進むと,目の前に中村公園が見えてきます。明治34年(1901年)に愛知県の公園として整備され,豊国神社や豊公誕生之地碑など豊臣秀吉ゆかりの名所や八幡社など加藤清正ゆかりの旧跡などがあり,園内には太閤池や関白池と名づけられた池もあり,かつては貸しボートも設けられていたといいます。

豊国神社
中村町木下屋敷 [公式HP(外部リンク)→]



 中村公園の入り口から進むと正面に豊国神社があります。明治18年(1885年),豊臣秀吉の出生地と伝えられるこの地に,秀吉をしのんで建てられたものです。江戸時代,豊臣秀吉の信仰は禁止されましたが,明治以降は復活の機運が高まり,当時の県令(県知事)の国貞廉平の尽力で,この神社が建立されました。毎年5月中旬に行われる太閤祭では,秀吉の出世にちなんで豊太閤出世行列や,子どもの成長を祈る稚児行列などが公園一帯を練り歩きます。出世,開運,茶道,建設などに御利益があるといい,中村で秀吉が慕われている様子が伝わってきます。



 社殿の東側には「豊公誕生之地碑」があります。天文5年(1536年),豊臣秀吉は紀下弥右衛門の子としてこの地で生まれ,幼名を日吉丸といいました。明治16年(1883年)3月に,この地に「豊公誕生之地」と記された木製の標柱を建てられ,のち明治44年(1911年)に現在の石碑が建てられました。文字は当時の知事の深野一三(かずみ)のものになります。ただし,出生地についてはこの南の下中村という説もあります。



 参道の右側には,昭和58年(1983年)に作られた日吉丸(秀吉の幼名)が子どもたちと遊んでいる様子をイメージした像が建てられています。

秀吉清正記念館
中村町茶ノ木25 [公式HP(外部リンク)→]



 豊国神社から西へ行くと,ひょうたん池,太閤池,関白池,ハス池と呼ばれる4つの池が設けられ,日本庭園風に整備されています。



 また,その北には茶室が設けられ,その隣には明治43年(1910年)に迎賓館施設として建設され,大正天皇も皇太子時代に休憩された中村公園記念館があります。池の間を通り,西に進むと大正天皇お手植えの松が設けられています。



 ここから左手に進むと,中村公園文化プラザがあります。1階に中村図書館,2階に秀吉清正記念館,3階には中村文化小劇場がある総合文化施設になっています。秀吉清正記念館は中村に生まれた豊臣秀吉と加藤清正の2人に関する展示を見学できます。常設展は信長の時代から大坂の陣による豊臣家の滅亡までを時代ごとに展示し,様々な特別展も行われています。兼松家資料40件,近江木下家資料37件[ともに市文化]などの歴史資料が知られています。兼松家資料は,信長・秀吉などに仕えた兼松正吉の受け取った書状などで,近江木下家資料は,秀吉の妻おねの兄が祖である近江木下家に伝わった秀吉関連の資料で,当時の歴史資料として貴重なものです。

八幡社



 中村文化プラザから公園内を北に進むと,八幡社があります。加藤清正は中村の地に3つの神社を創建したと伝わり,その1つ考えられる清正ゆかりの神社です。名古屋城築城の際は,清正が大木を伐採したといわれていることから,それ以前に大社があったとも考えられています。清正が出陣の際に必勝祈願をしたという言い伝えもありますが,実際にここから出陣したことはないとのことです。

(東宿)明神社
東宿町1-57





 八幡社から進んで中村公園の北西側の出口から出て突当りを左折して西に進み,そのまま約100mで右手に(東宿)明神社があります。創建は鎌倉時代の建暦〜貞応年間(1211〜24年)で、熱田神宮摂社大和武尊を鎮守御産土神として勧請したものといいます。当時この付近は鎌倉街道が通じており,京都と鎌倉の間の宿駅として栄えており,仁治3年(1242年)の「東関紀行」にも「萱津の東宿社」として紹介されています。毎年旧暦1月15日に近い日曜日に裸男が抱いているオコワイ(赤飯)を見物客が奪い合って厄除けをオコワイ祭りが行われています。神社の前には萱津の東宿跡の案内板があります。この付近はかつて庄内川の対岸(現あま市)にあった萱津宿の出郷になっていて,盛んに市も立ち,前述の「東関紀行」にも当時の賑わいが記されています。



 明神社の先の交差点を直進し,さらに次の交差点を左折して100mほど進むと観音寺(臨済宗妙心寺派)があります。慈眼山と号し,この西の凌雲寺の末寺として建立されました。この付近はかつての古い町並みが残りつつも,徐々に新しい住宅も増えて様子が変化してきています。

名古屋競輪場
中村町高畑68 [公式HP(外部リンク)→]



 左折する前の交差点に戻り,左に曲がって西に進み,先の「東宿町北」を右折し,先の「宿跡町1」交差点を右折します。約200m進んだ「中村高校前」交差点を越え,さらに約200m進んだ5本目の筋を右手に進むと左手に諏訪神社があります。この付近の日比津城主であった野尻氏が,信州出身だったために勧請したという説のある神社です。



 「諏訪小学校南」に戻り,東にさらに200m進んだ「中村公園北」交差点で横断歩道を渡って右折し,道なりに約200m進むと名古屋競輪場があります。昭和24年(1949年)に開設され,GIレースも開催されるなど中部地方のメイン競輪場の1つで開催日には多くの人で賑わいます。



 名古屋競輪場の道路をはさんで反対側には,中村公園の香りの園があります。昭和51年(1976年)にオープンしたこの園は,バラ,ツツジ,フジなどが咲き,四季それぞれの香りと自然を楽しむことができます。

常泉寺
中村町木下屋敷47 [公式HP(外部リンク)→]





 香りの園から50m程進んだ左手に常泉寺(日蓮宗)があります。太閤山と号し,慶長11年(1606年)(創建は諸説あり)に加藤清正が円住院日誦上人とはかって秀吉をまつるために,秀吉の義父筑阿弥(ちくあみ)の邸宅で,秀吉誕生の地と言われた現在地に創建したものです。江戸時代は秀吉について語ることは良しとされず,「太閤山」の山号も取り上げられて檀家もいない状態だったのを,地元の人たちがお金を出し合って守ったという言い伝えがあります。



 境内には秀吉の銅像があるほか,秀吉産湯の井戸があります。秀吉が生まれた当時は清水があふれ,この寺の寺号もこの泉から常泉寺と名づけられたといいます。昭和40年代に市街地の開発などで井戸が枯れたため,平成になって泉が再現されました。滝の落下する石は秀吉の千成ひょうたんにちなんで萬成石が使用されているといいます。



 また,境内にある秀吉が直接植えたというお手植えの柊は,1590年の小田原攻めに勝利した際にこの地に凱旋して,11歳の時に植え繁殖している柊を大切にせよ,と小早川隆景・加藤清正に伝えて,現在まで伝わっているといいます。



 常泉寺の前には,木下長嘯子宅跡の碑があります。木下長嘯子(1569〜1649)は木下勝俊と呼ばれ,秀吉の正室であるおねの甥にあたります。秀吉に仕えて播磨龍野城主に,その後若狭小浜城主になりましたが,慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いで失脚して所領を失い,京都・東山に隠居し,歌人として名を残しました。



 常泉寺の先に進んだ右手には,小出秀政宅址の碑があります。小出秀政(1540〜1604)は中村に生まれて秀吉の家臣となり,秀吉の母の大政所の妹を妻にめとったため,秀吉の伯父にあたります。和泉岸和田の城主となり,秀吉の死後,子の秀頼の補佐役を務めました。関ヶ原の戦いでは長男吉政を西軍に,二男秀家を東軍につかせ,戦後も秀家の活躍により所領は守られたといいます。

妙行寺
中村町木下屋敷22 [公式HP(外部リンク)→]





 さらに先に進み左に曲がるとすぐに妙行寺(日蓮宗)があります。正悦山と号し,創建は不詳ですが古くは真言宗正起山本行寺といい現在より100mほど東にあったといいます。その後天文年中(1532〜55)に現在の寺号に改称したといいます。その後,慶長10年(1615年)に加藤清正が自分の生誕地である現在地に名古屋城築城の余材を用いて再建したといいます。加藤清正は,永禄5年(1562年)にこの地に生まれたと伝わり,秀吉に仕えて数々の武功をあげのち肥後熊本54万石の大名となりました。



 境内正面には昭和35年(1960年)に建てられた清正公像があり,境内の清正堂には本妙寺(現熊本市)から伝わる清正尊像を安置しています。また境内には文化7年(1810年)に建立され,元々中村公園内の八幡社にあり明治3年(1870年)に移された清正公誕生の地碑があります。戦で負け知らずの清正公の寺ということで賭け事や商売の神として信仰されています。清正公は熱心な法華経の信者で,各地に寺院を建立したことで知られます。寺宝には,清正公がかぶったという長鳥帽子兜や,慶長16年(1611年)筆と伝わる日遥上人の加藤清正公束帯姿画像[県文化]や天正9年(1582年)の銘のある紙本著色一尊四菩薩画像[県文化]などがあります。日遥上人は清正が朝鮮出兵から帰ってきた際に現地から伴ってきて,のちに身延山で僧になった人物です。

油江天神社
中村町2-10



 そのまま直進して100mほど進んだ「中村スポーツセンター南」で右折し,続いて約100m進んだ3つ目の筋を左折します。さらに100m進んだ左手に油江天神社があります。この付近の上中村の旧村社で,創立は不詳ですが貞治3年(1364年)の尾張国内神名張に「従一位上・油江天神」とある由緒ある神社です。祭神は少彦名命で,医療や造酒の神として知られます。名前の通り,種油を奉納して,油を塗ると歯痛をしずめることができるといわれています。
 

名古屋第一赤十字病院(遊里ヶ池跡)
道下町3-33 [公式HP(外部リンク)→]





 油江天神社の先の交差点を左折し,約100m進んだ3本目のやや広い道を右折します。ここから200m進むと「鳥居通3」交差点があり,ここから右に100mほど進むと中村日赤駅2番出口と中村日赤(名古屋第一赤十字病院)があります。
 ここから先は大正時代・昭和初期に遊郭として栄えた中村遊郭関連の史跡をめぐりますが,ここにはかつて中村遊郭用地を整備するために掘られた遊里ヶ池がありました。夏はボート・魚釣りなどで賑わい,花火大会もあって中村の人々の憩いの場になっていました。池の中心には弁天寺が設けられました。当時,池では中村遊郭で働く娼妓の自殺が絶えず,霊をなぐさめることと自殺防止のために,琵琶湖竹生島から女性の幸福を守る守護神として弁財天が迎えられて建立されました。現在は池が埋め立てられて中村日赤が建てられましたが,病院内には現在でも弁財天の祠が建っています。なお弁天寺はこの北西の藤江町に移転しました。

光明寺
道下町1-23



 「鳥居通3」交差点に戻り,右に曲がって東に約150m進むと左手に光明寺(浄土宗)があります。終南山と号し,往古は現在の豊国通3丁目(中村公園駅の南)にあって悟眞院終南山とする京都知恩院の末寺でした。その後,春日井郡平田村(現西区)から清須を経て,慶長年中(1596〜1614)に中区白川町に移り,その後現在地に移りました。秀吉がこの寺で手習いをしたという伝説も残されています。境内の庭には2つの句碑があり,伊藤次郎左衛門家(松坂屋の経営者)が慶応4年(1868年)に建立したという仏足石(お釈迦さまの足跡を石に刻んだもの)があります。寺宝には法然上人絵伝[県文化]があります。これは,東京増上寺に伝わる鎌倉時代絵伝の模本で,文化9年(1812年)写の添書があり,原本さながらの群をぬいた模写で知られます。



 光明寺からさらに少し進むと,左手に西福寺(曹洞宗)があります。信貴山と号し,慶安2年(1649年)に静岡県磐田郡今井村(現,袋井市)に建立され,昭和4年(1929年)に現在地に移転しました。本尊は毘沙門尊天で,黒塗金眼の厄除弘法大師像が知られているようです。

素盞男神社
日吉町18





 西福寺から西に約150m戻り,「鳥居通3」の1つ手前の信号を左折して南に進みます。約100m進んだ次の太い一方通行の道を左折すると,左手に素盞男神社があります。安永3年(1774年)に現在の千種区内山付近に創建され,昭和8年(1933年)に現在地に移されました。11月の酉の日に商売繁盛や家内安全を祈願する「酉の市」が開催され,開運の熊手や宝船などを買い求める客で賑わいます。また,例祭が7月20,21日に行われ,茅の輪くぐりの神事が行われます。

旧料亭 稲本(べんがら亭)
日吉町22-2

7

 素盞男神社から100m弱進むと左手に赤いべんがらの壁と中国風の門が特徴的な旧料亭 稲本の建物があります。中村遊郭が成立した大正12年(1923年)の建築で,当時としては画期的なものと考えられます。遊郭から料亭になり近年まで営業していましたが,現在は,べんがら亭として高齢者向けのデイサービス施設として活躍しています。名古屋市の都市景観重要建築物に指定されています。

旧松岡旅館(松岡健遊館)
日吉町13



 旧料亭稲本の向かい側に旧松岡旅館があります。大正元年(1912年)に建築された遊郭で,遊郭廃止後は旅館として営業していました。その後,平成13年(2001年)に改装されて現在のデイサービスセンター松岡建遊館となりました。昔の建物を生かした構造になっており,旧料亭稲本と同じように名古屋市の都市景観重要建築物に指定されています。
 この付近は,かつて大正期の遊郭建築が残されていましたが,近年の開発で徐々にその数を減らしています。現在残っている建物も何とか残していって欲しいものです。

中村観音(白王寺)
名楽町1-2



 旧松岡旅館の先の交差点を右折して約300m進みます。この大門通は新大門商店街として古くからの商店街になっており,お店が立ち並びます。



 曲がったところから5つ目の交差点を左折して細い路地に入り,100m強進むと左手に中村観音(曹洞宗)があります。正式には華名山白王寺といい,特に中村遊郭の娼妓たちの信仰を集めました。昭和8年(1933年)に完成し,娼妓を中心とした無縁仏の遺骨を固めて作ったという高さ8m,重さ15tの観音像があります。また,本堂左前には名古屋在住の芸人の足跡をたたえるために建立されたという芸人塚があり,御園座元会長の長谷川栄一氏の「芸」の文字が入れられています。芸だけでなく,学業などの成就を祈願する人が訪れています。



 中村観音の次の交差点の手前には中村映劇[公式HP(外部リンク)→]があります。市内で最も古い劇場で成人映画館になっており,昔ながらの雰囲気を感じさせます。

若宮八幡社
西米野町1-79-2



 中村映劇の先の交差点を右折し,100m弱進むと太閤通に突き当たるので,ここの横断歩道を渡って左折します。200m弱進んだ2つ目の信号のスーパーの先の路地を左折し,100m進んだ次の筋を左に曲がると,すぐに若宮八幡社があります。創建は不詳ですが米野村で昔から信仰されていました。明治42年(1909年)にこの南東の熊野社(名駅西コースで探訪)に合祀され,昭和26年(1951年)に元の現在地に帰ってきました。

ゴール:地下鉄・中村区役所駅



 そのまま50mほど進むと広い環状線に出るので,左折して100m弱進むと,ゴールの地下鉄桜通線・中村区役所駅の4番出口に到着します。桜通線を利用して,名古屋駅まで1駅2分で行くことができます。

写真使用数:42

←前:日比津・大秋コース / 名古屋市中村区 / 次:下中村コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>