本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市中川区:万場コースMAMBA

2015年4月探訪。2015年11月17日作成

【コース】 距離:約8.4km
富田地区の北側に位置する万場・松下・服部・千音寺・新家の各地域を順番にめぐります。佐屋街道の史跡や千音寺の古刹などが見所です。

市バス・万場大橋バス停〜万場の渡し跡〜覚王院〜国玉神社〜光圓寺〜正明寺〜日吉神社〜富田公園〜八幡神社〜赤星神社〜横井庄一記念館〜円乗寺〜行雲寺〜長禅寺〜新家天満社〜心楽寺〜妙本寺〜市バス・新家2丁目バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:市バス・万場大橋バス停(名鉄バス・万場スバル前バス停)



 今回は,万場大橋バス停がスタートになります。地下鉄岩塚駅からのバスが便利で,幹中村1系統,中村12系統,金山23系統を利用して約5分で到着し,バスの本数も1時間に5〜6本程度あるので便利です。金山駅からの直通のバスも1時間に1本程度運転されています。また,名鉄バスセンターや岩塚駅から名鉄バスも約30分おきに運転されています。万場大橋の南側バス停からスタートします。

万場の渡し跡
富田町万場北畑東



 東行きの万場大橋バス停の北側には天神社があります。菅原道真を祭神とし,古書には白山社と記されています。





 ここから,約200m万場線の高架下を東に進み,庄内川の堤防に突き当たったら南に曲がると,約100m先の左の築堤の上の秋葉社に万場の渡し跡があります。万場の渡しは,佐屋街道が庄内川を渡るこの位置に設けられた渡しで,岩塚宿(中村区)と万場宿を結んでいました。寛永11年(1634年)に佐屋街道ができる前から,津島に向かう渡しがあったようですが,佐屋街道が開通後は多くの人々が行き交い,尾張名所図会には渡し船に馬2頭,客9人,籠,船頭2人が乗っている様子が描かれています。現在は北に万場大橋が架橋されています。



 渡し跡から南西方向に伸びるのが佐屋街道です。佐屋街道は東海道の脇街道として熱田から岩塚,万場を通り,津島を経由して佐屋へ,ここから桑名まで三里の渡しが結ばれ東海道に合流しました。熱田から桑名までの七里の渡しの長い船旅を避けたい人々が多く行き交ったといい,徳川家光も通行したという記録があります。この先には佐屋街道の万場宿があった場所になります。対岸の岩塚宿と2つで1宿とみなされ,月の上15日を万場宿が助郷を務めたといいます。天保14年(1843年)の記録によると本陣1,旅籠10を数えたといいます。

覚王院
万場2-705



 佐屋街道を約400m西に進むと右手に覚王院(真言宗智山派)があります。医王山覚王院観音寺といい,大須の宝生院(大須観音)の末寺で,天正12年(1584年)に伽藍が焼失したためそれ以前の詳しい記録は不明であるが,翌天正13年には再建され,さらに明暦元年(1655年)にも再建。その後,明治24年(1891年)の濃尾地震で本堂,庫裡などが倒壊し,その後明治31年(1898年)に再建が始まり,昭和4年(1929年)に本堂が再建されて現在に至ります。本尊は行基作と伝わる木造の千手観音菩薩で,高さが五尺(約1.5m)にも及びます。また,境内には俗に「乳の木」という木があり,春秋の2回に梅の実ほどの果実がなり,その実が母乳に似た乳液が出たのでこの名前がついたといいます。大正末期頃から,母乳が出ない人から信仰を受け,この実を食べた人は乳が出るようになったといいます。

国玉神社
万場2-719



 覚王院の入り口の先に国玉神社があります。創建は不詳ですが,平安時代の延喜式神明帳にも記載がある古社で,「尾張志」によると尾張大国霊神社(国府宮神社)から勧請したといい,元治元年(1864年)に旧名古屋藩から国玉神社の公称の許可を受けました。明治元年(1868年)に八劔社を合祀し,また同じ年に明治天皇が御東行の際,勅使が当社に奉幣したといいます。

光圓寺
万場2-1003





 国玉神社から先に進んだ突当りを右折したところに光圓寺(真宗大谷派)があります。臥竜山と号し,寺伝では弘長2年(1262年)に僧圓頓が開基といい,元は天台宗で医王山瑠璃光院薬師寺といい,現代の大治町明眼院のところにあったといいます。その後,圓頓は京都に帰る途中の親鸞聖人に帰依して改宗し,正和元年(1312年)には勅願寺となりました。その後,衰退しますが天文19年(1550年)に中興されて現在の寺号となります。入り口には印象的な巨大石灯籠があり,山門は名古屋の聖徳寺から戦後譲り受けた室町時代の作風の重厚なものです。寺宝には開基当初から伝わるという薬師如来像や恵心僧都作という阿弥陀仏,教如上人から賜ったという短刀,織田信長からの朱印状,徳川家康の七条袈裟などがあり,歴史を感じさせます。





 光圓寺を出て右に曲がり,次の筋を再び右に曲がって約500m進むと,歩行者専用の万場黒橋で新川を渡ります。新川を渡った先では萱津用水を渡り,趣のある風景になります。海抜ゼロメートル地帯となっているこの付近は,常に水利問題がつきまとっていました。この萱津用水は,この付近の新田開発に尽力した鬼頭勘兵衛によるものであることから別名勘兵衛用水とも呼ばれ,この南の新田に豊かな実りをもたらしました。

正明寺
吉津3-1509





 「万場黒橋西」交差点から約150m西に進み,次の信号を左折し,続く筋を右折,さらに次の筋を左折し,300m先の松下荘の案内板の先のT字路を左折し,さらに100mほど進むと右手に正明寺(真宗大谷派)があります。文明8年(1476年)に天台宗の寺として創建されましたが,蓮如上人が尾張,三河両国教化の折,二代徳正の時代に帰依して改宗したといいます。その後貞享元年(1684年)に寺号を正持坊から正明寺に改称しました。当寺にある蓮如上人像は,43歳の時に本願寺8世の法燈を継がれた際に上人自ら彫刻したものと伝えられるものです。はじめ京都二条城にあったものが木ノ本妙楽寺(現,滋賀県長浜市)に移り,その後文化13年(1816年)に正明寺に寄進されたといいます。この尊像を見るとたちまち病死するといい,明治24年(1891年)の濃尾地震の際には本堂,厨子まで破壊されたが,この尊像はまったく傷がつかなかったといいます。尾張七宝の祖である梶常吉はこの寺の檀徒であったといい,同人作の香爐と数珠が保存されており,また裏手の墓地には彼の墓碑があります。

日吉神社
吉津4-1501



 正明寺の先を右折し,次の筋を左折して約250m進むと,左手に日吉神社があります。創建は鎌倉時代と伝わるが詳しくは不明で,滋賀県滋賀郡の日吉神社から勧請されたと伝わります。寛永15年(1638年)に再建されたといい,大正の初め頃までは祭礼の際に草競馬が行われ,近在より多くの人が集まったといいます。現在の社は昭和58年(1983年)に新しく建てられたもので,境内には水天宮・秋葉社・神明社が合祀されています。入り口の鳥居は,山王鳥居と呼ばれるもので,朱塗りのものは大変珍しいといい,名物の一つになっています。

梶常吉宅跡
服部2-902





 日吉神社から出て右に進み,突当りを右へ,さらに次の筋を左に進んで富田北プールの前を通って西に約150m進み,その先の国道302号線の歩道橋を渡ってさらに西に100mほど進むと右手に梶常吉宅跡の案内板があります。七宝焼の祖として有名な梶常吉は,享和3年(1803年)に名古屋に生まれ,文政5年(1822年)頃に当時服部村と呼ばれたこの地に移り住みました。天保3年(1832年)に顧客の骨董商からオランダ製の皿を見せてもらい,その美しさに魅せられて譲り受け,製法を研究しました。苦心の末,翌年にいわゆる「泥七宝」と呼ばれる径五寸の小鉢の作製に成功し,その後藩主にも筆洗や香爐を献上し,七宝焼きの技術を伝えました。

富田公園
富田町服部







 案内板のところのT字路を左折し,突当りを右折し,さらに100mほど進んだ突当りで横断歩道を渡って左折し,南に100m弱進むと右手に富田公園があります。平成7年(1995年)に開園し,広さ6.67haを誇り,テニスコートも備えて四季折々の自然を楽しむこともできます。中央に戸田川が流れており,ウォーキングの休憩に最適です。



 公園から北に戻って,公園北の筋を左に曲がり,続いて右に曲がったところには富田図書館があります。

八幡神社
服部1-804



 図書館の先の突当りを右折し,続いて左折して北に200mほど進み,「服部4」交差点の先2本目の筋を右に曲がると,約50m先の左手に八幡神社があります。応永14年(1407年)の創建といい,この付近が開墾された際に勧請したとされ,以降60年ごとに御鍬祭が行われています。現在の社殿は昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で倒壊したのちに,昭和41年(1966年)に改築したもので,境内には神明社や秋葉社があります。



 八幡神社に隣接して,観音寺(浄土宗西山禅林寺派)があります。創建は不詳ですが,集落各戸から石造観音を寄進してできたもので,昭和28年(1953年)に正式に寺院となりました。

赤星神社
富田町千音寺赤星裏4589





 右折する前に戻り,さらに約600m北上し,「千音寺」交差点を越えた先に赤星神社があります。『本国神明帳』に「従三位赤星明神」とあり,往古は国司が参詣に訪れたといいます。星神を信仰する少ない神社の1つで,境内社に秋葉社があります。昭和54年(1979年)に高速道路建設のため,現在地に移転しました。

横井庄一記念館
富田町千音寺稲屋4175 [公式HP(外部リンク)→]





 赤星神社の右側の道を北上して約200m進んだ右手に天神社があります。境内社に白山社,秋葉社があり,住宅地の中で静かなたたずまいを見せています。



 さらに200m進むと国道302号線に合流し,そのまま200mほど北上した「稲屋」交差点を左折して50mほど進むと横井庄一記念館があります。横井庄一(1915〜97)は海部郡佐織町(現,愛西市)に生まれ,昭和16年(1941年)より戦争に出征し,満州を経て昭和19年(1944年)からはグアムで戦役に当たりました。現地にて戦死したと考えられましたが,終戦27年後の昭和27年(1972年)に現地住民に発見され,日本に奇跡の生還を果たします。その際に発した「恥ずかしながら帰ってまいりました」が流行語となりました。この記念館は横井氏の邸宅に平成18年(2006年)に開館したもので,館内にはジャングルでの生活を再現した展示や,彼の書や陶芸などが展示されています。毎週日曜日の10:00〜16:30のみの営業です。



 さらに150mほど西に進んだ次の筋を左に曲がったところに,七所社があります。日本武尊など7柱がまつられています。

円乗寺
富田町千音寺東屋敷3990 [公式HP(外部リンク)→]





 七所社からそのまま300mほど南下すると,左手に円乗寺(日蓮宗)があります。安住山と号し,天慶2年(939年)に創建という古刹で,元々は天台宗で千如山音教寺と称し,堂塔伽藍を並べた名刹であったといいます。永享・嘉吉年間(1429〜43)に身延山第11世日朝上人と法論の末敗北し,日蓮宗に改宗したため,信徒の怒りをかいすべての堂宇が焼き払われてしまったといいます。その後,文明元年(1469年)に身延山第12世の日意上人が中興の開基となりました。その後,明治24年(1891年)の濃尾地震と昭和20年(1945年)の太平洋戦争の空襲で堂宇が焼失し,現在のものは昭和25年以降に順次再建されたものになります。
 

行雲寺
富田町千音寺2484 [公式HP(外部リンク)→]





 円乗寺の先の右手に行雲寺(真宗大谷派)があります。一音山と号し,創建は天平19年(747年)に聖武天皇の勅願寺として右大臣藤原豊成が創建したといい,聖徳山千手観音寺という天台宗の霊場だったといいます。なお,ここの千音寺という地名は,この千手観音寺が由来です。神護景雲3年(769年)には娘の中将姫が豊成の遺功を慕って当寺を訪れ,山門の楼上に籠ったことから,この山門は閑籠門と呼ばれるようになったといいます。嘉禎元年(1235年)に岡崎領主の本多左近尉政春なる人が見真大師に帰依して,名を一音と号して当寺の住職になり,真宗に改宗して寺号を西光坊とし,万治元年(1658年)には現在の寺号となりました。本尊の阿弥陀如来は,応仁2年(1468年)に兵火で伽藍が焼失した際も焼失を免れたため,火防の弥陀として信仰されています。

長禅寺
富田町千音寺南屋敷2782



 行雲寺から約150m進んで3本目の筋を右に曲がり,そのまま直進して道なりに左に曲がると,少し先の左手に長禅寺(曹洞宗)があります。創建は不詳ですが,往古は大伽藍を誇ったといいます。元和2年(1616年)に熱田法持寺の大洋宗呑和尚が中興し,平田山極楽寺と称しましたが,万治元年(1658年)に現在の無量山長禅寺に改称しました。太平洋戦争の空襲で伽藍は焼失し,本堂などは昭和24年(1949年)以降に再建されたものです。本尊の阿弥陀如来は恵心僧都の作と伝わり,脇立の観音・勢至両菩薩は慈覚大師(円仁)の作と伝えられています。

心楽寺
新家3-3101



 長禅寺の先の突当りを右に曲がり,約200m進むと団地のところに出てきます。ここを左折し,3本目の筋を右折して西に200mほど進むと,左手に新家天満宮があります。祭神は菅原道真で,寛永14年(1637年)修復の石碑があります。



 さらに西に200mほど進んだ2つ目の歩行者専用道に入ると,少し先の右手に心楽寺(曹洞宗)があります。創建は天和元年(1681年)といい,開山は千音寺の長禅寺第2世和尚と伝わります。明治24年(1891年)の濃尾地震で倒壊し,現在の本堂は昭和11年(1936年)に建てられたものです。

妙本寺
新家3-706



 心楽寺の南側から出て,南に進み,次の交差点を左折します。約50m東に進むと,左手に妙本寺(日蓮宗)があります。一乗山と号し,元禄14年(1701年)に千音寺の円乗寺の第15世日啓上人により創建され,昭和27年(1952年)に寺号の公称が認められました。

ゴール:市バス・新家2丁目バス停(名鉄バス・新家バス停)



 約100m進んで次の筋を右に曲がり,約250m進んだところの新家2丁目バス停がゴールです。幹中村1系統,金山23系統で地下鉄岩塚駅まで15分ほどで,名鉄バスも利用できます。名鉄バスは名鉄バスセンターまで直通で行くことができます。

写真使用数:37

←前:中島・下之一色コース / 名古屋市中川区 / 次:前田・戸田コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>