本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市中川区:中島・下之一色コースSHIMONOISHIKI

2015年3月探訪。2015年11月17日作成

【コース】 距離:約9.1km
南荒子から西へ,江戸時代に開発された中島新田の史跡と漁村として古い町並みが残る下之一色をめぐり,さらに法華地区の寺院を訪ねます。

あおなみ線・南荒子駅〜小さな美術館かじた〜瑞光寺〜春日神社〜空雲寺〜安住寺〜白山社〜下之一色魚市場〜浅間社〜下之一色観音堂〜青峯堂跡〜正雲寺〜松蔭公園〜妙伝寺〜長伝寺〜市バス・中川車庫前バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:あおなみ線・南荒子駅



 今回はあおなみ線の南荒子駅がスタートです。名古屋駅からあおなみ線を利用して9分で来ることができます。市バスを利用する場合は,金山20,高畑18の2系統が利用可能で,金山駅,高畑駅,東海通駅などからバスの利用も可能ですが,本数は1時間に1本と少ないので,鉄道が便利です。

小さな美術館かじた
上流町2-15-2 [公式HP(外部リンク)→]



 南荒子駅を出ると,付近の住民の憩いの場となっている山塩緑道があります。付近の若山町,大塩町にかけて伸びていることから,この名前がついています。



 右折して緑道を進み,次の筋を右に曲がってあおなみ線の高架をくぐります。くぐった先の交差点を越えた右手には小さな美術館かじたがあります。個人のお宅を改造したような小さな美術館ですが,バリアフリーのやさしい雰囲気にあふれた美術館です。様々な企画も頻繁に行われており,多くの人に親しまれている様子が伝わります。



 手前の交差点に戻って左折し,南に300m強進むと太平温泉天風の湯があります。ウォーキングを楽しんだ後などに汗を流したい場合に立ち寄るとよいでしょう。

春日神社
昭和橋通6-35



 天風の湯の手前の交差点を西に進み,あおなみ線の線路を再びくぐって400m強進んだ5本目の筋を左折します。曲がって50mほどの進んだ2本目の筋を右手に入ったところに瑞光寺(曹洞宗)があります。



 戻って再び南下し,2本目を右に曲がって約100m進むと,八劔社があります。この付近は寛文8年(1631年)から開拓に入った中島新田の地域に当たり,その新田開発以来の旧跡が多くありますが,ここもその1つです。



 八劔社の先の交差点を左折し,道なりに400m南に進むと,国道1号線に合流します。ここを左折して150mほど進むと春日神社があります。祭神は奈良の春日大社と同じ天之児屋根命ですが,以前は天照皇大神社として称されました。隣接して中島稲荷大社があります。

空雲寺
中島新町4-1201



 春日神社から国道1号線を戻って300mほど進み,「中島橋西」交差点で1号線を渡って,さらに西に進み,1筋目を左折し,先を右折したところに八劔社があります。日本武尊を祭神とし,寛永11年(1634年)に氏神として勧請されたといい,神官は熱田社の関係者がつとめたといい,中島新田の旧村社です。









 先に進んで次の交差点を左折すると,約100mで左手に空雲寺(曹洞宗)があります。瑞龍山と号し,寛文元年(1661年)に創建,元々は高針村(現,名東区)にある禅源寺を移築したという(『尾張徇行記』)が,寺伝では東春日井郡大溜村(現,春日井市)の善源寺という廃寺を移したと伝えています。藩の承認を得て,ここ中島新田をはじめ各地で新田開発を行ったことで知られる鬼頭景義のゆかりの寺で,延宝4年(1661年)の銘のある景義の墓があります。2万7千石にも及ぶ新田開発に携わった景義は江戸時代の大事業家で,武士と同様に帯刀が許されたといいます。鎮守に秋葉社がまつられ,秋葉三尺坊大権現の催事が執り行われているといいます。境内には,創建当時に植えられたという樹齢350年の老松が広がっています。樹高20.5m,横枝16mにおよび,高い部分が帆に見えることから「船形作り」とも呼ばれます。市内最大のクロマツで市の都市景観重要建築物等指定物件になっています。その他にも寺宝として聖観音像や景義木像などがあります。境内の建物は明治24年(1891年)の濃尾地震で倒壊したのちに再建された建物です。

安住寺
西中島1-1110



 空雲寺から出たところの道をまっすぐ西に進み,突当りを右へ,続いて左へ進み250mほど進むと右手に皇太神社があります。



 その先の突当りを右折して少し進むと,右手に安住寺(臨済宗妙心寺派)があります。一元山と号し,宝暦5年(1755年)にこの村の開発主が知多郡須佐村(現,南知多町豊浜)にあった曹洞宗の光雲山長泉寺を移したもので,その際に現在の宗派・寺号にしたといいます。

白山社
東起町4-96



 安住寺から戻って南に100m進んで次の右に入る筋に入り,その先の突当りを左へ,さらに次の筋を右に進み,先の横断歩道を渡って直進し,次の筋を右に進むと,約100m強で右手に白山神社があります。寛永16年(1640年)の創建といい,当地ゆかりの前田家が加賀国白山大権現を守護神としたことから,この地にも白山神社が祀られたといいます。この東起は,前田家が設けた下之一色城に対して,川の対岸の東に設けられたことから,この名前が付いたといいます。前田四郎三郎が居城としたという東起城があったと伝わっており,規模は東西115m,南北130mに及んだといいますが,具体的な場所などはわかっていません。

下之一色魚市場
下之一色町三角





 さらに南下して次の筋を右に曲がり,約300m直進すると庄内川の堤防に上る階段に突き当たります。ここを左折して,次の右手の階段を上りそのまま50m強進むと,庄内川を渡る正徳橋に出ます。



 橋を渡って,左手の階段を降り,右奥方向に進んで北西に進むと,50mほど先には延命地蔵尊があります。



 さらに50mほど進んだ左手には下之一色魚市場があります。この下之一色一帯は江戸時代から漁村として繁栄し,「尾張徇行記」にも問屋が立ち並び百隻の漁船があった様子を伝えています。カキやハマグリが名産で,尾張藩主にも特産品として献上されたといいます。幕末に藩の許可を得て開かれた魚市は,大正元年(1912年)に近代的な下之一色魚市場となり,翌年には尾頭橋と下之一色を結ぶ鉄道も開通して発展しました。昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で大きな被害を受け,その後の防潮堤の建築により漁村としての使命は終えることになりますが,現在も平日の早朝にこの魚市場では商いが行われており,かつての漁村としての名残をとどめています。



 この先の右手には下之一色地区の地元の銭湯であった新元湯があります。かつては下之一色には多くの銭湯があり,漁師たちで賑わっていたといいます。大正時代築という建物は名古屋市の登録地域建造物資産にも指定されています。

浅間社
下之一色町南ノ切20





 下之一色魚市場の入り口から少し進むと右手に鳥居のある通りがあります。この通りが大門通りで,戦前は下之一色の中心街だったといいます。大門通を進んで約150mで,下之一色の氏神である浅間社に到着します。創建年月日は不詳ですが,湯立神事などの伝わることからかなり古い年代から鎮座していたと考えられます。元禄12年(1699年)の古文書には漆部神社との記載があり,式内社として知られる海部郡漆部神社を当社に比定する説もあります。社伝によると応仁の頃(1467〜69)に南東の小池からご神体が出たことから祭祀したといい,前田家がこの北の前田村から社を移したとも,福田の里という場所から社を移したとも伝わります。大正7年(1918年)に近くの天王社が合祀され,それ以降,浅間社の祭りとして川祭りが催され,現在は隔年の7月第4土曜日に巻きわら屋台3基の夜祭りが盛大に行われています。

下之一色観音堂(33番割観音)
下之一色町中ノ切



 魚市場の先の右折する前に戻り,右に曲がって新川沿いの道を北上すると約100mで左手に下之一色観音堂があります。この付近の新田開発の完成と今後の発展を祈って,現在の熱田区・中川区・港区にかけての百曲街道という街道沿いに33の観音が設けられましたが,ここがその最後の33番目の観音に当たります。この観音堂は,この付近の中ノ切に住んでいた善吉という人物が野立仏であった観音を釈迦如来,阿弥陀如来とともに安置して小堂を設けたものだといい,傍らには市の名木であるイチョウが立っています。

青峯(せいほう)堂跡
下之一色町西ノ切





 新川沿いをさらに西に250mほど進み,5本目の筋を史跡散策路の案内板にしたがって右に曲がります。この新川の堤防付近には,かつて青峯堂というお堂がありました。嘉永年間(1848〜54)に三重県志摩にある青峯山正福寺から本尊を分祀したものといいます。寺伝によると,昔漁師たちが沖で大嵐にあい命を失いかけたが,観音様が目の前に現れて嵐がおさまり,漁師たちは他の船に助けられたといい,その後新川沿いに観音堂を建て,また絵巻物を奉納して海の守り神にしたといいます。昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で絵巻物が流出し,現在は堤防工事のためにお堂は近くの老人ホームの中庭に移されました。
 この付近にはかつて下之一色城があったと伝わっています。前田氏の始祖仲利の子種利の一族が居住したといい,戦国時代に前田氏発祥の地である前田村から移り住んだといいます。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いの際に秀吉側に属したため,徳川家康・織田信雄の連合軍に責められて落城し,その後廃城になったといいます。かつては庄内川の東岸にあったといいますが,庄内川は明和5年(1768年)に流路が変更されて城跡が河川敷になって失われたため,城の規模ははっきりしないといいます。

正雲(しょううん)寺
下之一色町西ノ切64



 右に曲がって200mほど進むと,下之一色のメイン通りである本町通りに到着します。ここは昔ながらの漁師町を思わせる古い建物が残っています。



 さらに少し進むと,左手に正雲寺(真宗大谷派)があります。一色山と号し,創建年代は天正・天文・元禄などの諸説が挙げられ,当初は正蔵坊と称していたといいます。本尊の阿弥陀如来は恵心僧都の作と伝わっています。現在は幼稚園や保育園が併設されており,この付近の中心地として様相を示しています。



 さらに本町通りを歩いていきます。古くからの街並みが続きます。途中,正色市場などの正色の銘が見えますが,これは下ノ一色の「下ノ一」を続けて正と書くことに由来するといいます。

松蔭公園
下之一色町松蔭2





 本町通りをさらに約100m進むと「下之一色」交差点で国道1号線に突き当たります。国道1号線を横断歩道で渡って右折し,そのまま300m強進んで一色大橋で庄内川を渡ると,川を渡った先の左手に松蔭公園が見えます。昭和12年(1937年)にこの付近が編入された際に名古屋市の公園となった0.84haの川岸の公園で,庄内川の堤防に沿ってクロマツが生える印象深い公園になっています。現在,庄内川堤防路の交通量が増え,公害に弱いクロマツの枯朽が心配されています。



 公園のトンネルをくぐり,トンネルを出たら右折して,さらに次の筋を左折します。このトンネルの先の公園付近にはかつて名古屋市電の下之一色線が走っていました。現在も地図を見ると斜めに不自然に走る道路が残されており,かつて市電が走っていた名残を見ることができます。

妙伝寺
法華1-92-2





 左折したら600m弱進み,「法華1」交差点を渡って直進した次の筋を右に曲がり,続いて左に入るとすぐに妙伝寺(日蓮宗)があります。清長山と号し,熱田にある本遠寺の末寺で,創建はかなり古いと伝わりますが,詳しいことはわかっていません。この付近の法華村は,かつては日蓮宗の信徒が7割に達して,日蓮宗の寺院が2つ(妙伝寺と次に訪れる長伝寺)設けられたことから法華という地名がついたといいます。



 左折する前に戻り,さらに南下して突当りを左折し,続いて右折して次の交差点を右折すると,右手に法華の神明社があります。この法華寺には最初神社は設けられていなかったようですが,新田開発の産土神としてこの神明社が設けられたといいます。
 

長伝寺
法華2-41-1





 1つ右折する前に戻ってそのまま南に50m強進むと,右手に長伝寺(日蓮宗)が見えてきます。学立山と号し,寛文2年(1662年)に創建され,元文5年(1740年)に再建されたといいます。妙伝寺と並んで,法華村にあった日蓮宗の2寺の1つです。

ゴール:市バス・中川車庫前バス停



 そのまま突当りを右折し,続く県道の筋を左折して200m弱進み,「高杉東」交差点を右折すると,ゴールの中川車庫前バス停に到着します。ターミナルで多くの系統が利用できますが,六番町や神宮前駅に向かう幹神宮2系統や,名古屋駅に向かう名駅20系統などは本数が多く便利です。その他,高畑駅に向かう系統もあります。

写真使用数:37

←前:高畑・荒子コース / 名古屋市中川区 / 次:万場コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>