本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市中川区:高畑・荒子コースTAKABATA - ARAKO

2015年3月探訪。2015年11月17日作成

【コース】 距離:約8.1km
 高畑駅から,高畑,荒子の社寺を中心に,小塚,中郷,野田の各地域の社寺をめぐります。前田利家生誕の地で,関連する史跡が多いです。

地下鉄・高畑駅~中川区役所~高畑神明社~西生寺~あおなみ線・荒子駅~荒子公園~荒子観音寺~蓮徳寺~富士権現社~盛福寺~宝珠院~雨宮神社~(打中)神明社~斎宮社~龍潭寺~八王子神社~三狐神社~市バス・野田町バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄・高畑駅



 今回のスタートは地下鉄東山線の西の終点の高畑駅です。名古屋駅から約13分の所要時間です。高畑駅の3番出口から出てスタートします。

高畑神明社
高畑1-41



 高畑駅の3番出口を出て,東に進んで1筋目を左に曲がります。約50m進んだ右手には中川区役所があります。中川区の地図などが必要な場合などは立ち寄るといいでしょう。ここには中川消防署や中川保健所もあり,中川区の行政機関が集まっています。



 さらに150m弱進んだ2本目の筋のところの左手に高畑神明社があります。創建年月日は不詳ですが,元和6年(1620年)と伝わっています。この付近の八田村は元一楊御厨といわれる伊勢神宮が管轄した地域で,天照大神をまつる神明社が多く設けられていますが,ここもその1つです。



 さらに直進すると,左手に浄福寺(真宗大谷派)があります。立派な三重塔が印象的で,現在はたかばた保育園が併設されています。

西生寺
小本本町3-17



 浄福寺から進んで突当りを右折します。ここから突当りまで600m道なりに進みます。途中,右手には地下鉄東山線の車庫があり,地下鉄の車両を見ながらのウォーキングとなります。あおなみ線の線路をくぐり,道なりに右に少し曲がって進みます。





 突当りを左に曲がるとすぐに西生寺(真宗大谷派)があります。法林山と号し,熱田円通寺の末寺です。嘉禎2年(1236年)に前津小林村(現中区)で鎌倉武士によって建立されたといい,西光と号したことにちなんで西光坊といったと伝わっています。その後,丸米野村(現中川区丸米町)に移り,笈瀬川の洪水の被害があったために,天文元年(1532年)に現在地に移ったといいます。その後,元禄5年(1692年)に現在の寺号に改めたといいます。尾張の歴史研究に不可欠な「尾張志」「尾張名所図会」の編纂に携わった岡田啓の墓があります。



 西生寺から戻って南に300m進み,八熊通を越えた次の交差点を右折すると,少し先に若宮八幡社があります。社殿の裏には高さ18mの市内でも最大級のタブノキがあり,中川区では最初に保存樹に指定されました。その他にも2本のケヤキが保存樹になっています。

荒子公園
荒子2



 先のあおなみ線の線路の突当りを右折し,次の八熊通を左折します。線路をくぐって左に進むと,あおなみ線の荒子駅があります。



 駅前のロータリーには,荒子出身の武将である前田利家の騎馬像があります。



 荒子駅からスーパーを越えてさらに100m南に進むと,中川文化小劇場や中川図書館などの文化施設が集まっています。





 中川文化小劇場の手前の交差点を右折し,先の横断歩道を渡ってその次の筋を左折すると,右手に荒子公園があります。バラやウメの名所にもなっており,障がい者用の「なごやか広場」も設けられています。なお梅は荒子に縁の深い前田利家の家紋にあったことから植えられたとのこと。野球場やミニスポーツ広場もあり,区民の憩いの場です。

(荒子)観音寺
荒子町宮窓138





 荒子公園の南側に出て,そのまま突当りまで進んで横断歩道を渡ると,(荒子)観音寺(天台宗)の東門が見えてきます。正式には浄海山円龍院観音寺と称し,尾張4観音の1つとして多くの参拝客を集める古刹です。天平元年(729年)に僧泰澄が草創したといい,その後,その弟子の自性が天平13年(741年)に堂宇を整えたと考えられています。往古は現在の北の高畑村にあって七堂伽藍十二坊を備えた霊場として繁栄しました。のちに衰退しましたが,永禄年間(1558~70)に全運により現在地に再興されたといい,天正4年(1576年)に荒子城主であった前田利家によって本堂の改修が行われました。明暦3年(1657年)に本堂が改築され,その後尾張藩主の義直や光友から祈祷料田が献上されたといい,尾張藩からも厚い崇敬を受けていた様子が伝わっています。その後文化13年(1816年)には新しく本堂が建立されましたが,明治24年(1891年)の濃尾地震で倒壊。長らく残材で仮堂が営まれていましたが,再び火災で焼失したため平成9年(1997年)に現在の本堂が再建されました。本尊の聖観世音菩薩は草創した泰澄の作といわれる秘仏で,33年に1度開帳されています。



 境内西方向には名古屋市内で最古の木造建築である多宝塔[国重文]があります。天文5年(1536年)に再建されたもので,高さ13mで下層が方型で和様,上層が円型で唐様と和漢折衷になっているのが大きな特徴で,室町時代末期の建築様式をよく表現しています。平成13年(2001年)に解体・復元修理が行われ,杮葺きの屋根,銅製の相輪に生まれ変わりました。多宝塔の北には護摩堂が東面しており,その東には六角堂,南に鐘楼があり,その前には近在の商人の名が刻まれた安政3年(1856年)に奉納された手水鉢があります。
 観音寺は円空ゆかりの寺として知られます。円空は23歳から全国行脚の旅に出て各地で仏像を彫り,その粗削りながら素朴で親しみのある木造仏は多くの人から愛されています。延宝・貞享の頃(1680年頃),円空はたびたび寺を訪れて一心不乱に仏像を彫ったといい,現在1200を超える円空仏が観音寺におさめられており,毎月第2土曜日の午後に公開されています。入り口にある山門には円空最大の作品と言われる3m以上の仁王像2体がおさめられ,その像を作った木片で彫ったという木っ端仏が昭和48年(1973年)に1000体以上多宝塔から見つかり大きな話題となりました。



 山門は大正15年(1926年)に再建されたものですが,木造本瓦葺の印象的な建物で,名古屋市の都市景観重要建築物に指定されています。また,山門から南に進んだ先には昔の寺界隈の賑わいを写した写真つきの案内板があり,多くの人に参拝されてきた様子を伝えています。



 観音寺の東に隣接して神明社があります。創建は不詳ですが,一楊御厨で伊勢神宮に関連が深かったことからこの地に建てられたと考えられ,寛文7年(1667年)に観音寺内に遷座したと伝わります。明治の神仏分離で観音寺と分離され,明治5年に村社となりました。

蓮徳寺
荒子町大門東66



 観音寺の山門から南に進み,3つ目の道が細くなるところを左に曲がると約100mで蓮徳寺(真宗大谷派)があります。一葉山と号し,もとは天台宗で円頭院と称していましたが,文明6年(1476年)に真宗に改宗し,現在の寺号になったといいます。天和3年(1683年)に再建されたという記録があります。

富士権現社(荒子城跡)
荒子4-208



 左折する前に戻り,前田利家生誕地の案内板に従って細い道に入り約250m進むと,右手に富士権現社があります。前田利家によって自身が居住した荒子城の跡に勧請されたもので,もと荒子城内の鎮守神であったといい,のちに天満社が合祀されました。この地に建てられていた荒子城は,天文年間(1532~55)に利家の父の利昌が築城し,東西68m,南北50mの大きさを誇ったといいます。その後永禄12年(1569年)に利家が荒子城主となりました。



 境内には「前田利家卿誕生之遺址」の碑が建てられていますが,この西の前田城で生誕したという説もあります。天正9年(1581年)に利家が越前府中(現福井県越前市)に国替えとなった際に,荒子観音寺の本堂を再建し,さらに付近の七カ村に豪華絢爛な荒子大中脇屋敷馬標及馬道具[市民俗]を残したといいます。ここから西,前田にかけて利家ゆかりの史跡を結ぶ「犬千代ルート」が整備されており,ウォーキングマップなども配布されています。

盛福寺
高畑3-29



 富士権現社から,道なりに進んで200mほど西に行くと,高畑駅から南に伸びる広い通りにつきます。ここを右折して,100m北に進んだ「荒子観音西」交差点で横断歩道を渡り,さらに200m進んだ5本目の筋を左折すると,約100mで盛福寺(真宗大谷派)があります。三州野寺(現安城市野寺町)の本証寺の末寺で,はじめは天台宗であったが,元亀元年(1570年)に当時の住職が信如上人に帰依し,改宗したといいます。境内には保存樹のエノキがあります。

宝珠院
中郷1-11



 盛福寺左側の道を進んで突当りを左折し,すぐに再び右折します。約50m進むと,庄内用水から続く荒子川を渡ります。そのままさらに50mほど進み宝珠院のところを左に進んだ先に光明院(真言宗)があります。次に訪れる宝珠院と同様に,常楽寺の塔頭であり,寛文年間(1661~73)に再建されたと伝わります。





 続いて,戻って宝珠院(真言宗智山派)を訪れます。如意山と号し,元々は常楽寺の塔頭の1つでした。常楽寺は天平元年(729年)に加賀白山を開創した泰澄による創建と伝わり,六坊を有し寺領24町に及んだ大寺院でしたが,文和年中(1352~56)に焼失。光明院,宝珠院,東蔵院が再建されましたが,明暦年中(1655~58)に再び火災で焼失しました。寛文年間(1661~73)に光明院と宝珠院が再建され,その後宝珠院境内に不動堂が設けられ,「中郷の不動」として参詣者を集めたと「尾張名所図会」に記されています。山門の仁王像は伊勢湾台風で被害を受けたものの鎌倉時代の作と言われています。また境内は特別緑地保全地区に指定され,保存樹もいくつかあり,中でも樹高12mを誇るゴヨウマツは見事です。名古屋七福神,名古屋21大師,名古屋三弘法などの札所にもなっており,訪れる人は多いです。

雨宮神社
中郷2-164



 宝珠院の先を左折して200m進んで「中郷2」交差点に進み,右折して200mほど進んで「打中1」交差点の手前の筋を右折すると,約100mで雨宮神社があります。棟札には弘長2年(1262年)とあり,文保元年(1317年)に伊勢神宮に初穂を納めた記録が残されています。元々はこの北の野田村にありましたが,文政2年(1819年)に現在地に移されました。その後明治5年(1872年)に郷社となります。水の大神が祀られており,また別宮には風神をまつり,雨宮・風宮と呼ばれています。毎年,10月の秋の大祭では,餅投げ行事が行われています。

(打中)神明社
打中1-90-1



 雨宮神社の西側から出て北西にある信号の横断歩道を渡り,西に150mほど進むと,右手に神明社があります。創建年月日は不詳ですが,再建は慶長3年(1598年)と言われています。ここも一楊御厨に設けられた天照大神をまつった神明社の1つです。



 神明社から250mほど進むと突当りになり,ここを右に曲がったすぐ左手に斎宮社があります。創建は不詳ですが,再建は寛文6年(1666年)だといい,猿田彦命をまつっています。この付近はかつて中須村といって,中須は中洲の意味だといいます。



 そのまま100m弱,壁伝いに進んでいくと,左手に打出水処理センターがあります。中川区と,中村区・港区の一部の下水処理を行い,一部は砂ろ過されて荒子川に送水されています。

龍潭寺
野田3-187



 そのまま北に直進すると八熊通に戻るので,右折して「野田三丁目」交差点を渡ると,前に龍潭寺(曹洞宗)があります。医王山と号し,康生元年(1455年)に錦渓和尚の創建といい,もとは雲仙山龍泰寺と称して海部郡七宝町(現あま市)の廣済寺の末寺であったといいます。



 境内は落ち着いた禅寺らしいたたずまいで,情緒ある庭も見事で,10種にも及ぶ苔があることから「名古屋の苔寺」の異名もあります。江戸時代半ば頃までは立派な老松が7本もあったことから,別名七松庵とも呼ばれました。現在も2本が残り,市の保存樹となっています。本堂などの堂宇は明治19年(1886年)に大破して再建されたものが中心ですが,本堂は寛文頃(1661~73)頃の様式を今に伝える特徴的なものです。寺宝として本尊の釈迦牟尼仏など3体が安置された須弥壇[市文化]があります。唐様の形式の禅宗様須弥壇といい,保存状態もよく,明治の改築があるものの天明8年(1788年)の古図と状態が一致して旧来の形式を伝えていることから貴重な文化財になっています。また,12世紀頃の作と考えられる木造如来仏頭[市文化]や,いくつかの仏頭が残されており,かつてこの地にあった古刹の文化財が残されたものとも考えられます。

三狐(みぎつね)神社
野田2-134



 龍潭寺の先を左折し,100m先の突当りを右折します。150m進んだ4本目の筋を右に曲がり,続いて左に曲がるとすぐに八王子神社の入り口があります。創建は不詳ですが,寛文7年(1667年)に再建されたと伝わります。



 八王子神社の先を左折して北上し,2本目の筋を左に曲がり,続く分岐を左に曲がると,少し先に竹雲院(真宗大谷派)があります。明治24年(1891年)頃に木曽川町黒田(現,一宮市)から移転してきたといいます。



 八王子神社の先を北上した道に戻り,さらに北上して次の交差点を右折し,続く交差点を左折すると,左手に三狐神社があります。八王子神社と同じく寛文7年(1667年)に再建されたといい,旧野田村で古くから信仰されてきたといいます。境内には樹高10m以上のアキニレの木が2本あり,この地方では珍しい大木として知られています。

ゴール:市バス・野田町バス停



 三狐神社の先の「一柳通2」交差点を右折したところにある市バスの野田町バス停がゴールになります。栄23系統が利用可能で,およそ30分間隔で運転されています。地下鉄八田駅まで約5分,上前津駅まで約30分,栄まで40分弱で到着です。急ぐ場合は八田駅で地下鉄かJR・近鉄に乗り換えが便利です。ちょうどよいバスがない場合は,八田駅まで約700mを歩いてもいいでしょう。

写真使用数:35

←前:松葉公園コース / 名古屋市中川区 / 次:中島・下之一色コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>