本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市中川区:松葉公園コースMATSUBA PARK

2015年3月探訪。2015年11月17日作成

【コース】 距離:約9.5km
 八田駅から中川運河西側の八田,万町,本郷,長良,四女子,丸米野,八ツ屋の村々をめぐり,熱田新田北側の百曲街道周辺の史跡をめぐります。

地下鉄(JR・近鉄)・八田駅〜八田水の広場〜西恩寺〜万町神明社〜神明社(小本)〜小本駅〜佐屋街道〜万念寺〜徳本寺〜松葉公園〜(篠原)八幡社〜安養寺〜八家神明社〜観音堂〜八劔社〜法念寺〜万年寺〜市バス・中野新町バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄(近鉄・JR)・八田駅



 今回のスタートは八田駅で,地下鉄東山線,JR関西線,近鉄の駅が集まる名古屋西部のターミナル駅です。地下鉄では名古屋から11分,栄から15分です。名古屋駅から近鉄・JRも利用可能ですが,普通列車のみの停車なので注意してください。地下鉄八田駅の4番出口から出てスタートします。

八田水の広場
柳瀬町1



 出口から出て南に進んだ「八田町」交差点で横断歩道を渡って右折し,約100m進むと左手に八田水の広場があります。庄内用水の中井筋から荒子川に通じる水路の設けられた公園で,広場には荒子川の由来碑と,観音様にお祈りをして,洪水から助かったというきつねのお話の碑が建てられています。往古はこの付近は海で,その後新田開発され,広場の水路の水は新田を潤すのに用いられたといいます。

西恩寺
柳瀬町1-23



 八田水の広場から約100m進むと常照山と号する西恩寺(真宗大谷派)があります。この付近,八田村は昔源義次(源為朝の子)の孫義直が建仁年間(1201〜04)に鬼頭姓を朝廷より賜り居住していたと伝わる場所で,一族の鬼頭景義は寛永年間(1624〜44)に中嶋新田(コース最後で訪れる)や福田新田(港区)などを開発したことで知られます。八田の地名も「治田」から来たもので,開発された地域を指します。

八田観音寺
八田町1203



 「八田町」交差点に戻り,直進して東に進みます。約50m先の左手に観音寺(臨済宗妙心寺派)があります。江戸時代に円空が荒子観音寺に滞在した際に,当時の住職をモデルに彫られたという十一面観音像が本尊としてまつられています。現在,人々が観音像とともに心安らぐスペースである観音会館を建立する計画を行っているようです。

万町神明社
万町2408



 その先の「八田東」交差点で横断歩道を渡り,その先を右に曲がり,次の交差点を左に曲がると,万町神明社があります。創建は不詳ですが,再建は寛永14年(1637年)の記録があり,現在はコンクリート造です。明るい雰囲気の境内ですが,2本のタブノキとムクノキの保存樹がインパクトを与えています。



 神明社から約200m進んだ2本目の筋を右折し,100m先の万町公園を越えた先の交差点を左折すると,少し先に白山神社があります。ここも万町村に昔からある神社のようです。

神明社(小本1丁目)
小本1-11-6



 そのまま約200m進んで突当りを左に曲がり,2つ目の交差点を右に曲がって約100m,あおなみ線の線路をくぐって進み,突当りを左に曲がると,少し先の右手に神明社があります。この付近は往古には一楊御厨と呼ばれ,伊勢神宮の領土であったためにこの付近には神明社が多く見られます。この神明社はかつて本郷村と呼ばれたところに設けられたもので,創建は不詳ですが慶安4年(1651年)に再建されたと伝わるので,それ以前に村が作られていたことになります。昭和52年(1977年)に国鉄の用地となったために現在地に移転し,その先に南にあった秋葉社が合祀されました。この本郷村は,現在,南の小塚村と合併して以降,小本と呼ばれるようになりました。

佐屋街道(常磐商店街)



 そのまま線路沿いに北に進むと,右手に小本西公園があり,その北には左手にあおなみ線の小本駅があります。



 小本駅の先のバス通を右折し,そのまま500mほど進んだ「松葉町3」交差点の次の信号を右折すると,佐屋街道にさしかかります。東海道の脇街道として,熱田から岩塚,万場,津島を経由して佐屋まで結んだ街道で,この付近も昔ながらの家や商店が立ち並び,ムードがある街並みのウォーキングを楽しめます。

万念寺
長良町3-54



 佐屋街道をおよそ600m進み,「長良町3」交差点を右折したすぐ右手に万念寺(真宗大谷派)があります。亀齢山と号し,創建は不詳ですが往古は教専坊と称し天台宗でした。元禄7年(1694年)に再建され,その際に改宗されて現在の寺号になったといいます。本尊は木造の阿弥陀如来で,定朝の正作として知られます。伝承によると,本尊はこの村にあった池から上がってきたもので,その際に「万念,万念」と声があったので,寺号をお声にあやかって万念寺にしたといいます。境内には安永6年(1777年)の銘のある石仏阿弥陀如来と,寛政5年(1793年)の銘のある手水鉢があります。



 万念寺からさらに200mほど進むと、八剣社があります。この付近の長良村で長らく信仰されてきた社で,明治5年に村社に列格されました。末社として八幡社など5社があり,境内はエノキやクロガネモチなど5本の保存樹があって,特別緑地保存地区にも指定されていて都会の中の癒しの空間を演出しています。

徳本寺
四女子町1-37



 八剣社から約300m進んだ「四女子町」交差点の前の歩道橋を渡り,一方通行の左に入る細い道を進むと,少し先に徳本寺(真宗大谷派)があります。泰平山と号し,建久年間(1190〜98)は天台宗で寺号を福生山泰平寺といったといいます。長享2年(1488年)に了西という僧が真宗に改宗し,寺号を福生山善入寺と改め,その後現在の寺号になったといいます。本尊の阿弥陀仏は長享元年(1487年)作と伝えられています。



 「四女子町」交差点の西側に歩道橋で戻り.さらに南下して150mほど進むと,右手に八幡社があります。この付近の四女子村の村社になっていた神社で,東向きに社殿が建てられているのが大きな特徴です。

松葉公園
太平通1



 八幡社から300m弱進んだ「松葉公園」交差点の北西に松葉公園があります。中川区内では最大規模の面積を誇り,皇太子殿下(現在の天皇陛下)のご誕生を記念して,昭和16年(1941年)に開園しました。園内には野球場やテニスコートなどの施設のほか,90種類余りの樹木が生い茂り,火こう岩を使った噴水がシンボルでこの付近の住民の憩いの場となっています。時間があれば休憩して,ゆっくりと公園を楽しむといいでしょう。

(篠原)八幡社
太平通3-10



 「松葉公園」交差点からさらに南に300mほど進むと,右手に(篠原)八幡社があります。クスノキの古木や高さ15mのタブノキなど多くの保存樹がある環境は,落ち着いた雰囲気です。創建年月日は不詳ですが,明治44年(1911年)に現在地に遷座したといいます。境内には日露戦争戦死者慰霊碑があり,また,篠原コミュニティセンターが併設されて地域住民の活動の場になっています。この付近は江戸時代は丸米野村といい,明治11年(1878年)に合併して篠原村になりました。

安養寺
上脇町2-10







 (篠原)八幡社の東の横断歩道を渡って,その後南に進み1筋目を左に入り300mほど進むと左手に安養寺(真宗大谷派)があります。医王山と号し,慶長元年(1596年)に僧浄通によって,もと稲葉地村(現中村区)にあったものを移築したといい,もと天台宗でしたがその時に改宗したといいます。寺宝に蓮如上人直筆と伝わる六字名号や教如上人絵像があります。南東側には薬師堂があり,創建は不詳ですが慶長9年(1604年)の銘の棟札があったといい,天台宗のときの本尊で,子供の健康を願う「児薬師尊」といわれる薬師如来が安置されています。

八家(やつや)神明社
八家町1-127



 安養寺から1筋戻って,左に曲がって南に道なりに400m強進んだ先の突当りを左に曲がり,続いて右に進むと,約50mで右手に八家神明社があります。建立は文化7年(1810年)頃といい,熱田神宮などの神々がまつられてその関係をうかがわせます。境内には樹齢100年以上のクロマツや,鳥居の両側にクスノキがあり,静かな村の神社のムードを醸し出しています。



 そのまま250mほど直進し,5つ目の筋,次の信号のところを左折します。そのまま400mほど進むと,蜆橋で中川運河を渡ります。古い倉庫と遠くに見える名古屋駅前のビル群がよい眺めになっています。
 

観音堂(10・11番割観音)
十番町1



 蜆橋を渡ってさらに200mほど進み,「外新町4」交差点を右折します。400m弱進んだ「十一番町」交差点の1本手前の一方通行の道を左折し,200m強進んだ左手に10・11番割観音の観音堂があります。この付近の熱田新田が開発された際に西国三十三か所霊場にならって33番までの観音堂が設けられ,1〜9番の観音堂は熱田区にあり(熱田区・熱田新田コースで訪問済),10番からは中川区になります。ここからしばらくは観音堂をめぐっていきます。熱田新田は,尾張藩祖徳川義直の命で堀川から庄内川にかけての4kmを干拓したもので正保4年(1647年)に着工し,慶安4年(1651年)に検地が行われました。

八劔社
八劔町4-69



 観音堂から西に戻り,「十一番町」交差点に進みます。この戻る途中の道は百曲街道と呼ばれ,江戸時代に熱田新田が開発された際の干拓堤防上にできた街道で,カーブが多いことからこう呼ばれています。



 「十一番町」から国道1号線を少し進むと,右手に八劔社の参道があります。祭神は熱田大神で,当地の新田開発の際に守護神として設けられました。享保15年(1730年)以来,10度に及ぶ社殿修復が記録されており,明治5年(1872年)に村社となり,昭和45年(1970年)に現在の本殿に改築されました。例題は毎年10月10日で,ここの地名にもなっています。

法念寺
昭明町1-53



 参道から国道1号線に戻り,200m弱,昭和橋で中川運河を渡って進みます。



 「昭和橋西」交差点で左折し,次の筋を右折すると百曲街道の古い町が見られます。



 この先200m強進み,3本目の筋を左折すると.右手に法念寺(真宗大谷派)があります。明治25年(1892年)に安養寺(上脇町)衆徒であった岩村法住が設立した私設の説教所が前身で,もとは北の中野新町にありましたが,中川運河開削工事のため,現在地に移転しました。昭和2年(1927年)に公認の川間説教所(川間は中川と荒子川の間の集落の呼称)となり,昭和21年(1946年)に法念寺の寺号が付与されました。この付近には戦前は真宗の説教所がいくつかあり,布教の役割とともに老人の憩いの場になっていたといいます。



 さらに進んだ左手には知立神社があります。新田開発の際に設けられたと考えられる神社がこの付近には多く,東海道の知立神社に関連深い人物が勧請したと考えられます。

天年寺
松年町2-57



 知立神社のところからさらに100mほど南下すると,左手に天年寺(曹洞宗)があります。松翁山と号し,延享3年(1746年)の創建といいます。熱田新田の番割観音の14・15・16番観音がここに収められています。なお,12・13番観音は港区須成に位置しています。ここから中川区内の番割観音をめぐっていきましょう。



 天年寺の先の交差点を右折し,100m強進むと,右手に昭明町の神明社があります。



 この神明社の交差点を左に曲がります。すると50mほど先の左手に17番の番割観音堂があります。



 神明社に戻り,左に曲がって西に進み,先の環状線の歩道橋を渡ります。直進してその先の突当りを右折し,続く筋を左折すると,明徳町1丁目の神明社があります。



 さらにその左側に隣接して,18・19番割の観音堂があります。これらの神明社や観音堂は,江戸時代以降この地を開発した人々が,地域の守り神としてまつったものになります。新田地域で生きる人々の願いが感じられる施設になっています。

ゴール:市バス・中野新町バス停



 そのまま進んで突当りを右折し,そのまま200mほど進むと,国道1号線に突き当たります。ここにある市バスの中野新町バス停がゴールです。名駅20系統で名古屋駅まで20分余(1時間に2〜3本運転),幹神宮2系統,高畑18系統で六番町駅方面に5分余(1時間に3〜5本運転)が便利です。三重交通のバスも約20分ごとにあり名古屋駅に行けますが,乗り場が2か所あるので注意してください。他に高畑駅への便もあります。また,350mほど西に進むと,あおなみ線の中島駅があり,約10分で名古屋駅まで行けます。道路渋滞時間帯は有効でしょう。

写真使用数:33

←前:西古渡コース / 名古屋市中川区 / 次:高畑・荒子コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>