本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市港区:南陽東コースNAN-YO EAST

2015年4月探訪。2015年12月8日作成

【コース】 距離:約7.0km
 南陽地区の東側に当たる南陽学区をめぐります。庄内川,新川,日光川の河口と藤前干潟付近をめぐります。江戸期からの新田の史跡もあります。

市バス・日ノ出橋バス停〜徳照寺〜重正寺〜男山八幡宮〜東茶屋神明社〜寂光寺〜南陽中央公園〜喚応寺〜藤高神明社〜藤前神明社〜藤前活動センター〜サンビーチ日光川〜市バス(三重交通バス)・サンビーチ日光川バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:市バス・日ノ出橋バス停



 今回のスタートは市バスの日ノ出橋バス停です。地下鉄名港線の東海通駅から,幹神宮1系統および東海12系統の河合小橋行に乗車するのが便利です。本数は1時間に4本程度で東海通駅からの所要時間は15分程度です。東山線の高畑駅から高畑16系統も利用できますが,本数は1時間に1本と少ないです。

徳照寺
小賀須3-907



 バスを降りたところの「小賀須」交差点の北には,船頭場公園があります。船頭場というのは,新川の川沿いにあったことからついた地名といいます。



 「小賀須」交差点から西に進み,2筋目を左に曲がったところに小賀須の秋葉神社があります。この付近は,寛永17年(1640年)に鬼頭勘兵衛景義の手によって開拓された「東福田新田」に当たり,新田開発当初からの信仰の場が残されています。



 そのまま150mほど南に進み,突当りを左へ,さらに次の細い筋を右に曲がり,突当りを右に進んだ50m先には徳照寺(真宗大谷派)があります。眺望山と号し,この付近に多く設けられた真宗大谷派の説教所から発展した寺院と考えられます。

重正寺
東茶屋1-223



 徳照寺から戻って東方向に進み,約200m進むと,右手に正福寺(真宗大谷派)があります。南陽山と号し,大正10年(1921年)の創建といいます。



 さらに200mほど進むと右手に重正寺(日蓮宗)があります。法輪山と号し,もとは熱田に元和年中(1615〜24)に開創され重正山法輪寺といいました。その後延宝3年(1675年)には愛知郡高針村(現名東区)に移され,さらに6年後には名古屋駿河町の高岳院筋西側に移ります。延享5年(1748年)に現在の寺号に改められ,その後明治10年(1877年)に移住命令により現在地に移転し,その際に新田開発者の茶屋長意によって寛文年間(1661〜73)に設立された三十番神堂を併せました。

男山八幡宮
東茶屋1-539



 重正寺の先の筋を右折し,次の交差点を左に曲がったところに観音寺(曹洞宗)があります。茶屋新田開発時の寛文3年(1663年)に建立され,和歌山県の那智山の本尊真写像が安置されているといいます。



 交差点に戻り,そのまま直進して西に進み,次の筋を左に曲がって100m先の右手に男山八幡宮があります。茶屋新田開発の際に,月の十一日目の番神である八幡大菩薩をまつって工事完成を祈願したもので,完成後に京都の男山八幡宮より分霊したとものといいます。文化12年(1815年)に新田入水して大破し,一時は当知神明社に合祀されましたが,明治17年(1884年)に現在地に再鎮座しました。



 男山八幡宮から向かって反対側には,東茶屋神明社があります。寛文3年に茶屋新田を開発した茶屋長意が伊勢神宮から勧請したもので,境内には「開発三百年記念碑」があります。本殿は昭和12年(1937年)に造営された神明造の趣深いものになっています。

寂光寺
七島1-2



 東茶屋神明社の先,次の十字路になっているところを左折し,そのまま進んで,次の交差点を直進方向に進むと,50m強先の左手に寂光寺(日蓮宗)があります。この付近は七島新田と呼ばれ,この寺はその新田が開拓されたのちの寛政2年(1790年)に開創され,日蓮宗の30番神をまつりました。その後,明治8年(1875年)に説教所から寂光堂となり,昭和17年(1934年)に現在の寺号となりました。ここ七島新田は,下之一色の木村権左衛門が天明8年(1788年)に開発したもので,このあたり一帯が大きな島だったという説があります。その後,文化8年(1811年)には伊藤忠左衛門(いわゆる川伊藤家)の所有となり,昭和50年(1975年)に土地改良事業が行われました。

南陽中央公園
東茶屋3-123





 50m強戻った交差点を左折し,約400m進むと,右手に南陽中央公園があります。東茶屋地区の再開発にともなってできた新しい公園で,池も備えた清涼な雰囲気の公園になっています。



 公園に隣接して南陽交流プラザ[公式HP(外部リンク→)]があります。体育室やトレーニング室,隣接してグランドも設けられており,体育設備が充実しています。南陽交流プラザの西隣には名古屋市第2斎場があります。八事霊園に続く火葬場で2015年に完成しました。

喚応寺
藤高3-22



 南陽交流プラザから田園地帯の道を500mほど進み,道が大きく右へカーブしていく手前の筋を左折すると,すぐ左手に喚応寺(曹洞宗)があります。寛政9年(1797年),この付近の新田を所有していた伊藤忠左衛門(川伊藤家)が美濃谷汲山から観音を勧請して創建したといい,新田開発当初から続く寺院です。この付近は藤高新田と呼ばれ,寛政年間に西川弥市によって開発され,通称弥市新田とも呼ばれました。その後,西川家で内輪もめが起こって借入金が生じ,その返済のために伊藤忠左衛門(川伊藤家)に新田が売却されました。



 この南西50mの付近には,かつて宮(熱田)から桑名までを結んだ七里の渡しの航路の安全を図るための灯台の1つがあり,案内板が寺の前に建てられています。





 喚応寺の先を右折し,そのまま100m強進んだ2本目の水路のある筋を左折して田園地帯を約600m進みます。突き当たったら右折して100m弱進むと左手に藤高神明社があります。藤高新田が開発された際に,氏神として祀られました。

藤前活動センター
藤前2-202 [公式HP(外部リンク)→]





 藤高神明社からそのまま400m,国道23号線の高架をくぐって進みます。橋を渡った先で左折し,新川沿いに進みます。この付近は新川と庄内川の河口に近く,雄大な眺めとなります。



 約500m進むと右手に藤前神明社があります。南陽町の最南端に当たるこの地域は文政5年(1822年)に開発された藤高前新田に当たり,尾張藩大代官の支配地でした。新田の南は汐留の広い遊水地があり,養魚場や釣り場になっていたといいます。その時から通称藤前と呼ばれ,現在の地名となりました。





 藤前神明社から新川沿いに進んでいくと,約300mで右に曲がる道になり,目の前に海が広がります。ここは古くから渡り鳥の貴重な生息地で知られ,ラムサール条約にも登録された藤前干潟になります。「稲永コース」では東から藤前干潟を見ますが,今度は北から見ることになります。季節ごとに様々な渡り鳥が飛来し,それを解説する展示板なども設けられています。南の名港トリトンも見え,きれいな海の景色が広がります。



 右に曲がって,環境局の南陽工場を越えた先で堤防から降りると,右手に藤前活動センターがあります。藤前干潟に関する展示室やレクチャー室があり,干潟に関して学ぶことができます。この貴重な干潟も一時期は名古屋市のごみの埋め立て場となる計画があり,危機も訪れましたが,市民の熱心な保全活動により,周囲はすべて埋め立てられましたが,この干潟だけは残されることになりました。春や秋には渡り鳥のシギやチドリが,冬にはカモやハマシギが多く,鳥を見ながら季節を感じることもできます。この貴重な干潟を後世までしっかり守っていきたいものです。

サンビーチ日光川 [有料施設]
藤前5-901 [公式HP(外部リンク)→]





 藤前活動センターから南に伸びる堤防上を左手に海を見ながら600mほど進み,国道23号線の高架下をくぐります。くぐった先の左手の階段を上がった先には日光川と日光川街園があります。



 そのまま500mほど堤防下の道路を進むと,左手にサンビーチ日光川があります。平成6年(1994年)に営業を開始した名古屋市営のプールで,水面積が国内最大級のプールも擁します。砂浜のあるリゾート気分を味わえるプールになっているのが特徴で,ウォータースライダーや波のプールもあって楽しめます。レストランや売店などもあるので,1日ゆっくりと楽しむこともできるプールです。営業は主に7・8月のみになります。

ゴール:市バス/三重交通バス・サンビーチ日光川バス停



 サンビーチ日光川の前にあるサンビーチ日光川バス停がゴールです。市バスの東海12系統で地下鉄東海通駅まで約30分で,およそ1時間ごとの運転です。三重交通バスは地下鉄六番町駅まで25分,名鉄バスセンターまで45分の所要で運転されていて,およそ40分ごとに運転されています。

写真使用数:27

←前:金城ふ頭コース / 名古屋市港区 / 次:南陽西コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>