本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市港区:稲永コースINAEI

2015年4月探訪。2015年12月8日作成

【コース】 距離:約8.9km
 あおなみ線の稲永駅,野跡駅の周辺をめぐります。新田開発からの史跡と,稲永公園,藤前干潟などの港区の自然を楽しみながらめぐります。

市バス・中川橋バス停〜運河神社〜池鯉鮒神社〜大光寺〜日本独楽博物館〜荒子川フェニックスアイランド〜荒子川水神社〜稲永神明社〜錦神社〜稲永東公園〜稲永公園〜名古屋市野鳥観察館〜稲永ビジターセンター〜あおなみ線・野跡駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:市バス・中川橋バス停



 今回のスタートは中川橋バス停です。地下鉄名港線の築地口駅からバスで1停留所なので,ちょうどよいバスがなければ歩いてもいいでしょう。名古屋駅から直通で幹名駅2系統が運転されていますので,場合によっては利用してもいいでしょう。バス停付近の「中川橋西」交差点の北東側に出てスタートします。

運河神社
中川本町5-10



 中川橋付近からは,ガーデンふ頭方面の景色が楽しめますので,まずはじっくりと見ていきましょう。



 「中川橋西」交差点の北東から,中川運河に沿って約300m北上します。この付近は中川運河沿いに歩道も整備されているので,そこを歩くといいでしょう。



 運河沿いに進むと,やがて中川口通船門(閘門)があります。中川運河と海とは水位が異なったために,水位が違うところを通過させるために設けた閘門で,昭和5年(1930年)に完成しました。かつて中川運河を行き来した多くの船が利用しました。



 戻って運河沿いの道路の「中川本町5」交差点に行き,ここから西へ約200m行くと,右手に運河神社の下宮社があります。なお,上宮に当たるのは中川区月島にある西宮神社と呼ばれる神社になっています。昭和9年(1934年)に中川運河の安全通行と町の発展を祈願して金毘羅宮がまつられています。神社の前は広場になっていて,今でも市民の憩いの場になっています。

池鯉鮒神社
魁町2-31

 運河神社から先に進んで次の信号を左折し,さらに300m強進んだ突当りまで進みます。突当りの1本手前を右に進んだところには大手観音堂がありました。明治期に「夜泣き封じの観音」として祀られたものといいます。境内の南側には,中川運河改修の際に地元住民が移設という熱田神宮に寄進したという文久元年(1861年)の銘のある永代常夜灯がありました。現在は公園になっています。



 突当りを右に曲がり,続いて左に曲がって,さらにその先を左に進んだところに池鯉鮒神社があります。天保4年(1833年)に三河の知立神社から勧請したといい,一説では中川橋の北から流れ着いた御札をまつってお宮を創建したのが始まりともいいます。明治40年(1907年)頃現在地に移転しました。





 池鯉鮒神社の南には,中之島川緑地があります。中川運河と荒子川を結び,かつては熱田前新田の潮止めとなっていた中之島川を埋め立ててできた緑地で,昭和51年(1976年)から10年間かけて完成し,区民の散歩道として親しまれています。この付近の大手町という地名は,新田開発当時大手堤があったことから名付けられました。

大光寺
魁町4-23



 中之島川緑地を西に進んでトンネルを抜けて進み,約150m先を右に進んで公園を出たところに大光寺(真宗大谷派)があります。六宗山と号し,大正4年(1915年)頃に大手説教所として開設されたのが寺の始まりで,戦後寺院の公称が認められました。昭和24年(1949年)に建立されたという山門が目に引く建物です。

日本独楽(こま)博物館
中之島通4-7-2 [公式HP(外部リンク)→]



 大光寺の左手の道を進み,広い通りに突き当たったら右に進んで先の横断歩道を渡って南に戻ると,右手に日本独楽博物館があります。日本国内ばかりではなく,海外の独楽も含めて約2万点の独楽を所蔵するだけではなく,江戸期から現在にいたるまでのおもちゃや世界の民俗楽器なども所蔵する博物館です。独楽のパフォーマンスや世界の伝承遊びの体験などイベントも行っているといいます。無料ですが休館日は不定ですので,問い合わせてから来館するといいでしょう。



 日本独楽博物館からさらに南に進んだ「築三町」交差点のところで,右手の中之島川緑地に入り,遊歩道を進んでトンネルをくぐり,その先を右側に出て公園沿いを西に進むと,大手神社があります。水難を封じるために,干拓地に護神がまつられてできた神社です。

荒子川フェニックスアイランド
遠若町1-76-192



 大手神社から先に進み,荒子川に突き当たったら右に曲がって荒子川沿いを進みます。この付近は,春には桜並木が美しく,絶好のウォーキングコースになります。





 さらに400mほど進んだ次のフェニックスブリッジのところを左に曲がり,橋を渡ります。橋の途中にはフェニックスアイランドがあります。昭和62年(1987年)にオープンした人工島で,フェニックスの木をはじめヤシやソテツなど約170本の木が周囲に植えられ,南国の雰囲気をただよわせます。魚釣りなども楽しめるそうです。

荒子川水神社
十一屋1-25



 フェニックスアイランドの先の橋を渡って,そのあとすぐに左の遊歩道を進みます。400mほど川沿いを南下し,遊歩道を出たら左の「一州町」交差点で横断歩道を渡って,遊歩道から直進する方向に西に進むと,右手に荒子川水神社があります。大雨や台風などの水害が多かったこの地域を守護するために設けられた神社と考えられます。



 荒子川水神社の南には十一屋川緑地が広がっています。十一屋川は荒子川と庄内川を結ぶように流れていましたが,埋め立てられて,昭和57年(1982年)に従来の公園が拡張される形で緑地が整備されました。十一屋の地名は,戦前にこの地が中区広小路で十一屋という百貨店(現在の丸栄の前身の1つ)を経営していた小出庄兵衛の所有地だったことから,屋号を地名にしたものです。

稲永神明社
稲永5-1-4



 十一屋川緑地を西に150m進んで外に出ると,その先にはあおなみ線の稲永駅があり,南には大型の店舗が立ち並んでいます。



 線路の高架をくぐってそのまま道なりに西に400m進むと「稲永」交差点があり,ここの西側に稲永神明社があります。村の氏神として嘉永6年(1853年)に勧請されました。稲永の地名は明治9年(1876年)以降のもので,文政3年(1820年)開発の稲富新田と,文政9年(1826年)開発の永徳新田とが合併して稲永新田となりました。

錦神社
錦町14-22





 「稲永」交差点で左右に分岐する道の左側を約200m進んだ先の「錦町」交差点を左折します。すると100m弱先の右手に錦神社があります。明治43年(1910年)頃の建立といい,中央に伊勢神宮と熱田神宮が,左右にそれぞれ津島,秋葉の各神社があります。この付近は大正の初めころ,熱田から遊郭が移転して稲永遊郭と呼ばれ,昭和8年(1933年)頃に貸座敷57件を数えて最盛期を迎えました。その後,軍需工場の寮に転用されて戦後は住宅が建設されましたが,昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で木造住宅が大きな被害を受け,その後鉄筋高層化が進みました。

稲永東公園
稲永3-10







 「錦町」交差点に戻り,左に曲がってさらに南に200mほど進み,次の信号を200m強進むと左手に稲永東公園が広がります。昭和18年(1943年)に開園し,面積は11万平方メートルといい,巨大な芝生広場も備え,災害の際は地域の防災広域拠点となります。園内西側には,名古屋市地域婦人団体連絡協議会の募金で作られた「婦人の森」や展望台を備えた「港の見える丘公園」があり,ウォーキングの休憩拠点としても適しています。園内に散策路も整備され,ウォーキングを楽しむこともできます。

稲永公園
野跡4 および 野跡5



 稲永東公園の北西側の出口を出たところの「西稲永」交差点を西に渡ると,交差点南西方向に稲永公園の入り口があります。平成4年(1992年)に開園し,面積31haにも及ぶ広大な公園で,野球場6面,テニスコート16面,港サッカー場や稲永スポーツセンターなどのスポーツ施設も集積しており,名古屋市の災害対応型モデル公園にもなっており,災害時には救援活動の拠点としても活躍します。交差点から進むと,名物のイチョウ並木が迎えてくれますので,ここを進んでいきましょう。



 300m先を道なりに左に曲がってさらに南に300m強進むと,右手に稲永スポーツセンターがあります。ここでもバスケットボールやバドミントンなど様々な大会が行われます。



 稲永スポーツセンターから南にかかる橋を渡ります。右手には海が見え,奥にはラムサール条約に登録され,野鳥の宝庫として知られる藤前干潟が広がります。



 ここから北西側を見ると,永徳スリップの跡が見られます。ここには戦前,愛知航空機の生産工場があり,水上航空機がここで生産されて,スリップを用いて水上に下されたといいます。現在はのんびりした風景が広がっていますが,工場の痕跡が過去を感じさせます。

名古屋市野鳥観察館
野跡4-11-2 [公式HP(外部リンク)→]



 ここから藤前干潟を右手に見ながら,海岸沿いを南に進みます。藤前干潟には豊富な野鳥のほか,奥には対岸の南陽町の施設が,南には名港トリトンと呼ばれる伊勢湾岸自動車道の名港西大橋が見え,雄大な港の景色を楽しめます。西側は晴れていれば遠く養老山地まで見渡ることができます。夕日や夜景の名所としても知られています。







 先に進んだ左手に,名古屋市野鳥観察館があります。昭和60年(1985年)に開館し,30台の望遠鏡を備え,野鳥の有数の飛来地として知られる藤前干潟の野鳥を観測することができるほか,見られる野鳥に関する展示もあり,研修室などもあって観察会などのイベントなども行われます。

稲永ビジターセンター
野跡4-11-2 [公式HP(外部リンク)→]





 名古屋市野鳥観察館の南に,環境庁の稲永ビジターセンターがあります。藤前干潟は平成14年(2002年)にラムサール条約で登録され,水鳥の生息地として国際的に重要な干潟に認定されました。その藤前干潟の自然を紹介するために平成17年(2005年)に開館した施設で,藤前干潟の自然や訪れる野鳥の種類などを紹介しています。藤前干潟は,庄内川,新川,日光川の河口に位置し,潮が引いた時には東京ドーム50個分にも及ぶ面積を誇り,春や秋はシギやチドリ類,冬にはカモなど約170種類もの鳥が訪れることが確認されています。展示を見ると様々な問題を抱えつつも,名古屋都心にある豊かな干潟を守っていこうと感じさせられます。
 

ゴール:あおなみ線・野跡駅



 稲永ビジターセンターから東側の公園道に出て,南に少し進むと出口になります。ここを左折して約300m進んだ「汐止町」の交差点を横断歩道を渡ってから左折して約150m進むと,右手にあおなみ線の野跡駅があります。名古屋駅まであおなみ線を利用して20分で行くことができます。

写真使用数:34

←前:港中央コース / 名古屋市港区 / 次:金城ふ頭コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>