本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市港区:港中央コースMINATO CHUO(CENTRAL)

2015年4月探訪。2015年12月8日作成

【コース】 距離:約8.6km
 名古屋競馬場前駅から港区中央部に当たる正保・成章・小碓・高木・神宮寺の各学区の寺社をめぐります。新田開発に縁の深い史跡をめぐります。

あおなみ線・名古屋競馬場前駅〜名古屋競馬場〜浄専寺〜如意寺〜二名社〜イオンモール名古屋みなと〜荒子川公園〜善進神明社〜正瑞寺〜地蔵寺〜熱田社〜弁天寺〜市バス・弁天裏バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:あおなみ線・名古屋競馬場前駅



 今回のスタートはあおなみ線の名古屋競馬場前駅です。名古屋駅から約12分で来ることができます。昼間時間帯は15分ごとに運転されています。

名古屋競馬場 [有料施設]
泰明町1-1 [公式HP(外部リンク)→]



 駅から出て目の前の東海通の横断歩道を渡って左折します。あおなみ線の線路をくぐって進むと,左手に名古屋入国管理局があります。





 そのまま300m強進むと,右手に名古屋競馬場があります。昭和24年(1949年)に開場した古い歴史をもつ競馬場で,戦災復興の一助として興行が行われました。その後住宅などもできて,一時期は入場者9〜10万人,売上高20億にも及んだが,趣味の多様化などに伴って減収の一途をたどりました。現在は平成16年(2004年)のあおなみ線開通や経営努力などにより再び黒字化傾向になり,活気を取り戻してきている。伊勢湾台風の際は多くの住民が避難してくるなど,地域の災害の際の拠点にもなっています。

素盞嗚神社
須成町2



 競馬場から先に進んだ「競馬場前」交差点を,横断歩道を渡ったのちに左折し,300mほど進むと右手に愛知県武道館[公式HP(外部リンク→)] があります。総合武道館として平成5年(1993年)に開館し,柔道場,剣道場などの武道関係の施設が充実しており,大会も行われます。





 愛知県武道館の先,南方貨物線の高架を越えた先を右折すると,南郊公園があります。元々中川運河から西に延びる小碓運河がありましたが,埋め立てられてできた公園です。公園内を東へと歩いていきます。健康広場や遊具があり,桜の木も植えられていて市民の憩いの場になっています。公園の南側には,計画線だった南方貨物線の高架が残されていて,今はソーラーパネルが設置されています。



 公園をそのまま東へと通り抜け,南郊公園の東側を出て右に曲がり,200mほど南に進み,3つ目の筋を右折します。さらに50mほど先の分岐を右に進むと,少し先に素盞鳴神社があります。津島神社の分社として,熱田新田が開発された正保4年(1647年)に勧請され,毎年10月第1日曜日に秋祭が行われます。蟹江町の須成神社のご神体が流れ着いたとも,蟹江町の住民が住み着いたともいわれています。戦災にも耐えた神楽が現存しています。



 神社から出てまっすぐ南に100mほど進んだ左手に熱田新田の12・13番割観音堂があります。熱田新田の開発当初に新田の北に西国33か所霊場をならって観音様がまつられ,現在の熱田区,中川区,港区にまたがって現存しています。毎月第3日曜日には,今でも約11kmの観音めぐりが行われています。



 また,ここを右に曲がったところには玄泉寺(曹洞宗)があります。

浄専寺
本宮町1-22





 観音堂からそのまま100m進むと東海通に着くので右手に進み,次の横断歩道で東海通を渡ってそのまま南へ100m強進むと,右手に土古(どんこ)公園があります。野球場や大きな芝生も備えた,この付近では大型の公園でウォーキングの休憩地点にいいでしょう。土古の地名は元文5年(1740年)に開発されたという土古山新田にちなみます。



 公園を右に見ながら南下して,次の筋を左に入り,突当りを左に進むと50mほど先に浄専寺(真宗大谷派)があります。松林山と号し,昭和27年に中区の大光院で発掘され,飛島村長昌院で荼毘に付された津金文左衛門胤臣の分骨が収められており,毎月1回の追悼法要が行われています。山田秋衛作の津金文左衛門胤臣の肖像画も保存されています。新田開発に尽力し,港区の生みの親とも言える津金胤臣の偉業を今に伝えています。

如意寺
本宮町3-2



 戻る方向に南下して進み,来た道の次の筋を右に曲がり約100m進むと右手に龍神社があります。享和元年(1801年),この付近の熱田前新田が完成した際に氏神として祀られ,海神の心を鎮めるために建立されたという最初の神社で「元の宮」と呼ばれています。毎年10月10日に本祭が執行されています。



 龍神社の隣には,如意寺(曹洞宗)があります。通称「辻の観音」と呼ばれ,熱田前新田完成後に,本尊に聖観音を奉安したのが寺の始まりで,昭和初期には「大名古屋88か所霊場」の61番札所になって「本命弘法」と称したといいます。

二名社
寛政町6-1-12



 如意寺からそのまま500mほど道なりに西に進むと,左手に高松寺(こうしょうじ)(曹洞宗)があります。境内には天保15年(1844年)の銘のある縁起塚があり,熱田前新田の開拓に従事した人々をまつっています。



 高松寺から200mほど進み,まっすぐあおなみ線の線路をくぐって,その先の道を右手にある横断歩道で渡って直進する方向に進むと,約150mで右手に二名社があります。天照大神と日本武尊の2柱を祀っていることから二名社の名前があり,安政6年(1859年)に勧請されました。昔は善進町の神明社と1つになっていたといいます。保存樹のクスノキ2本があります。



 二名社の南東側には善行寺(真宗大谷派)があります。

荒子川公園
品川町2-1-1 [公式HP(外部リンク)→]



 二名社の手前の交差点を来た方から見て左に曲がって南下し,約100m先の突当りを左折します。そのまま100m強進むとあおなみ線の高架の手前に出るので,ここを右折して線路沿いに100mほど歩くと,あおなみ線の荒子川公園駅があります。





 駅の東側に進むと,イオンモール名古屋みなとやTOHOシネマズ,さらには銭湯のみなと花の湯があって,休憩地点としては最適です。駐車場も広く,駅にも近いことから多くの人々で賑わっています。平成11年(1999年)の開業当時にはこのような総合型のショッピングセンターは珍しく,吹き抜けの構造も特徴的で注目されました。







 荒子川公園駅に戻り,ここから南に進むと,港区随一の桜とラベンダーの名所として知られる荒子川公園があります。南に進んだ先には荒子川公園ガーデンプラザがあり,喫茶店や講習室などがあり,様々なイベントが行われます。公園自体も,桜やラベンダーの時期にはイベントが行われるほか,毎週日曜日午前には朝市も開かれて賑わいます。この西にはサンクガーデンがあり,南に進むと日本庭園があります。その先の荒子川沿いに進むと,川沿いに1km続く荒子川公園の桜並木があります。川を荒子川パークブリッジで渡り,北には公園の名物の1つであるラベンダー園があります。デイキャンプ場や広場などもあって子供連れも多く,休日などは賑わっています。荒子川沿いをゆっくりとウォーキングするなど,思い思いに時間を過ごすといいでしょう。

善進神明社
善進町4-25



 荒子川公園のラベンダー園から荒子川をさかのぼって,公園北側にかかる善進橋のところまで行きます。ここを左折して100mほど進み,次の信号の分岐を右に進んで善北公園の右側を進むと,100m強で右手に善進神明社があります。この付近は寛政13年(1801年)に完成した熱田前新田の西ノ割に当たりますが,その氏神として翌年の享和2年(1802年)に勧請されました。当初はこの東の荒子川の左岸に鎮座していましたが,大正14年(1925年)に現在地に移されました。その後,東南海地震での被害や,戦時中の鉄柵の軍事拠出,伊勢湾台風などで被害を受け,現在の建物は鎮座200年を記念して平成13年(2001年)に再建されたものです。毎年10月15日には例大祭が行われ,保存会によって善進町の真影流棒の手[市民俗]が奉納されます。これはかつての農民が自衛の手段として身に着けた護身術が由来になったもので,同じような棒の手は尾張地方各地で見ることができます。

正端寺
善進町4-32



 善進神明社から少し先に進んだ右手に正端寺(真宗大谷派)があります。もと中島郡にあって,寛永元年(1624年)以前に岐阜県海西郡日原村(現在の海津市)に移転し,その後明治37年(1904年)に現在地に移転しました。かつてはこの付近は純農村地帯で,繁忙期には寺に託児所が設けられたといいます。本堂は平成になって改築されたもので,境内には伊勢湾台風の浸水位票があります。阿弥陀如来を寺宝として有しています。

地蔵寺
善進町3-42



 正端寺の先の筋を右折し,100m弱進んだ左手に地蔵寺(曹洞宗)があります。熱田前新田が完成した際,新田が広大なために方角を間違えないように建立されたという辻地蔵をまつるために堂宇を建立したのが始まりといい,現在も由来碑が残されているといいます。初代智光尼は「西ノ割の安寿様」といわれて慕われたといいます。

熱田社
宝神町敷地759





 地蔵寺から戻る方向に進んで,そのまま南に400mほど進むと県道59号線の善進本町バス停のところに出ます。ここを直進して,続いて3本目の筋を右に曲がり,道なりに400mほど進むと「神宮寺2」交差点に出ます。そのまま500m弱進むと左手に熱田社があります。この付近は文化14年(1817年)に神宮寺新田として開発された地域ですが,それが完成した際に村の氏神として勧請されたものです。現在の建物は平成2年(1990年)に再建されたコンクリート製のものです。開拓の際に熱田神宮の名を借りれば藩の信用が得られることから,勧請したものと考えられています。



 熱田社の奥には慈光寺(西山浄土宗)があります。安政元年(1854年)にこの南にあった永徳新田に建立され,慶応3年(1867年)に現在地に移転し,昭和17年(1942年)に現在の寺号に改称しました。境内には新田開発の慰霊塔があります。

弁天寺
多加良浦4-278-1





 熱田社と慈光寺の道路をはさんで反対側に弁天寺(真言宗智山派)があります。名古屋三弘法の第2番札所で,琵琶湖の竹生島宝巌寺の名古屋別院として大正14年(1925年)に創建されました。



 この西側には庄内川が流れています。かつてはこの多加良浦には海水浴場があって,縁起をかついで,この付近の地名だった宝神町の「宝」の漢字を変えて命名されたといいます。しかし,戦後水が濁って海水浴場としての人気が落ち,昭和30年(1955年)頃には自然消滅してしまったといいます。寺の周辺も公園になっており,ちょっとゆっくりと過ごしたい空間になっています。

ゴール:市バス・弁天裏バス停



 弁天寺を出て左に進み,次の弁天寺の右側の筋を左に曲がって,そのまま道なりに右に曲がると「弁天裏」交差点があり,ここを左に曲がったところに市バスの弁天裏バス停があります。幹高畑1系統,高畑12系統で高畑駅まで15分ほど,幹神宮1系統,東海11系統で東海通駅まで同じく15分ほどでそれぞれ行くことができます。本数は1時間に3本程度です。

写真使用数:34

←前:百曲街道コース / 名古屋市港区 / 次:稲永コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>