本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市港区:築地・名港コースTSUKIJI - MEIKO

2015年4月探訪。2015年12月8日作成

【コース】 距離:約7.2km
 名港線の周辺の中川学区,港楽学区,西築地学区をめぐります。江戸時代に開発された熱田前新田の史跡と,ガーデンふ頭の観光地を訪ねます。

市バス・千年バス停〜光賢寺〜弘禅寺〜稲荷神社〜港防災センター〜津金文左衛門胤臣頌徳碑〜港北公園〜善光寺〜築地神社〜南極観測船ふじ〜名古屋港ポートビル〜名古屋港水族館〜シートレインランド〜地下鉄・名古屋港駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:市バス・千年(ちとせ)バス停



 今回のスタートは千年(ちとせ)バス停です。金山駅から金山25系統(30分ごと運転)で約15分,名鉄神宮前駅から幹神宮1系統(1時間に6〜7本運転)で約10分です。幹神宮1系統は地下鉄伝馬町,東海通駅からも利用できます。東海通駅からは徒歩約10分です。バス停のところにある「千年」交差点からスタートです。

光賢寺
辰巳町3-31



 「千年」交差点北西側から国道154号線を南に進み,2本目の細い路地を進むと約50mで左手に光賢寺(曹洞宗)があります。寺に安置されている聖観音立像の円空仏は,文化年間(1804〜17)に道光によって荒子観音寺から勧請したもので,新田を災いから守ってきたといいます。この観音は熱田新田の南東(辰巳)の方角にあったことから辰巳観音と呼ばれ,現在の辰巳町の地名の由来とも考えられています。現在は,辰巳幼児園のかわいいイラストが目立っています。

弘禅寺
辰巳町35-2



 そのまま400m直進し,中川小学校の手前の交差点を右折すると,少し先の左手に弘禅寺(曹洞宗)があります。東海山と号し,本尊の十一面観音は「流れ観音」として有名です。観音は昭和7年(1932年)に眼病祈願のために彫られたもので,完成したのちにお告げで「海に我を流せ」とお告げがあったため,海に流したところ,後日名古屋港でしゅんせつ船玄蕃丸に発見され,戦後昭和39年(1964年)に弘禅寺にて開眼供養会が行われて,当寺に安置されるようになりました。

稲荷神社
辰巳町30-11



 南に進んで,中川小学校を越えた先2本目の筋を左に曲がったところに稲荷神社があります。この付近は享和元年(1801年)頃に完成した熱田前新田に当たります。新田は東ノ割,中ノ割,西ノ割に区分されましたが,この稲荷神社は中川より東に位置する東ノ割に創建された氏神になります。10月第3日曜日の例祭では,辰巳町,西の組,中の組の3台の神楽で練り歩きが行われます。平成17年(2005年)に道路拡張が行われて,以前の位置から南側の現在地に移設新築されました。

名古屋市港防災センター
港明1-12-20 [公式HP(外部リンク)→]



 稲荷神社からさらに南に進み,アピタ東海通店に突き当たったら右折し,100m先の「東海通南」交差点を左折します。そのまま300mほど進むと右手に港防災センターがあります。防災に対する啓発や研修を行う目的で昭和57年(1982年)に開所し,地震体験室や伊勢湾台風に関する展示など,災害や防災に関して学ぶことのできる常設展示や企画展示があり,消防ヘリの試乗体験も行うことができます。



 防災センターの前には,伊勢湾台風の浸水位の表示や台風記念の母子像があります。伊勢湾台風は,昭和34年(1959年)9月末に日本列島を襲った台風で,暴風と高潮の被害で,全国で5000人余り,名古屋市でも1,909人の犠牲者が出ました。港区のこの付近は高潮による2mもの浸水と,名古屋港から流出した木材が大きな被害をもたらしました。ここにある母子像は,犠牲者を悼むために昭和37年(1962年)に設けられました。このような犠牲者を少しでも減らすため,この付近には他にも伊勢湾台風関連の表示板があります。



 港防災センターに隣接して,港区役所があります。港区のマップなどの情報を手に入れる必要があるのなら,立ち寄るといいでしょう。

津金文左衛門胤臣頌徳碑



 港防災センターの左側から回って駐車場に進んだところに,津金文左衛門胤臣頌徳碑があります。津金胤臣は享保12年(1727年)に現在の名古屋市東区に生まれ,15歳で家督を継いで藩の要職を歴任し,寛政3年(1791年)に熱田奉行兼船奉行となって,現在の港区などを中心とした新田開発に携わるようになりました。この付近の熱田前新田は寛政12年(1800年)に着工し,翌年享和元年(1801年)に349町歩余(約3.5平方キロメートル)の新田が完成しました。この碑はその功績をたたえて昭和27年(1952年)に建てられました。
 頌徳碑の隣には尾張磁器発祥之地碑が建てられています。津金胤臣の援助を受けて,瀬戸の陶工である加藤吉左衛門とその子・民吉は,当時九州にのみあった磁器の製法を学び,この熱田前新田にて名古屋で初めて磁器の試作を行いました。その後,民吉は天草・有田などで磁器の製作法を学び,瀬戸に磁器の製法をもたらし,瀬戸窯の復興に大いに貢献したといいます。この碑が元々昭和13年(1938年)に辰巳町の稲荷神社にあったものが,昭和27年にこの地に移されました。

港北公園
港明1-13



 頌徳碑から進んだ先に港北公園があります。地下鉄の駅の近くにある割には野球場やテニスコート,子供向け遊具も整備された都市公園で,大人向けの健康遊具も整備されており,災害時には避難場所としても活躍します。区役所の裏手,野球場の右手の道を通って進むと,やがて噴水とお花畑も整備されています。
 この港北公園付近は,昭和12年(1937年)に日本最初の国際的博覧会である名古屋汎太平洋平和博覧会が行われた場所になります。29ヶ国が参加し,78日間の会期に480万人もの人が訪れる大規模なもので,日本の産業の振興や文化の発展,関係国民との平和親善を図ることを目的に行われました。当時の博覧会の名残をとどめるものとして,江川線にかかる平和橋があります。博覧会のために約13万円かけて整備されたもので,博覧会の平和の文字をとって平和橋と名づけられて以降も博覧会開催地のシンボルとして親しまれています。以前は橋の下を港北運河が通っていましたが,現在は埋め立てられました。



 平和橋から江川線を南に進むと,港図書館があります。駅前にある便利な図書館ということで利用客は多いようです。建物の2階には「海と港の資料室」があり,海や港に関する本やパネルが展示されて見学することができます。



 さらに,約150m進むと,左手に港文化小劇場があります。

善光寺
港陽3-15-11



 港文化小劇場の手前を左折して,100m弱進んだ港楽小学校の裏手には伊勢湾台風の浸水標識と案内板があります。伊勢湾台風の際は,この付近でも約2mの浸水があり,大きな被害をもたらしました。この付近の人たちが伊勢湾台風を忘れがたい教訓にしていることが伝わります。



 そのまま直進して国道154号線の歩道橋を渡り,先の信号を左折したところに港生涯学習センターがあります。名古屋市で5番目に開設された社会教育施設で,開設当初は名古屋中から講座に人が集まったといいます。



 港生涯学習センターの手前の筋を右折し,100m進んだ左手には善光寺(西山浄土宗)があります。臨江山と号し,名古屋三弘法の1つとして知られています。明治20年(1887年)頃にできた長野の善光寺如来の分身を祀った奉安所が当寺の始まりで,その後千種区の元古井から熱田前新田を経て現在地付近に移転しました。大正5年(1916年)に寺号を臨江寺と称し,大正12年(1923年)には現在の善光寺となりました。昭和2年(1927年)に前本堂が完成し,太平洋戦争や伊勢湾台風も乗り越え,念仏道場として発展します。現在の本堂は平成21年(2009年)のもので,堂内には善光寺縁起に用いる絵が掲げられているほか,本場の善光寺にならって戒壇巡りも設けられているといいます。境内には旧東海道の道標があり「右 前ヶ須桑名,左 名古屋市築地」と刻まれています。熱田から弥富に至る明治の東海道に設けられたもので,千年に設けられていましたが,大正9年(1920年)に道路工事にともなって現在地に移されました。

築地神社
千鳥1-9-14



 善光寺を出て左に進み,2つ目の交差点に当たる次の信号を右折します。そのまま約350m進んだ「港消防署南」交差点を過ぎた先の左手に築地神社の入り口があります。昭和13年(1938年)に名古屋港の総鎮守として熱田神宮の分霊を勧請して創立した神社で,海の守護神である素盞嗚(すさのお)尊が祀られています。昭和20年(1945年)に戦災で本殿や拝殿などを焼失したため,昭和26年(1951年)に社殿などが再建され,境内が拡張されました。毎年5月13日に行われる神御衣奉献行列は,熱田神宮の神様の春夏の衣替えの儀式にあたる「御衣祭」に伴うもので,衣を作るための和妙(絹)と荒妙(麻)を熱田神宮に奉献するものです。また,7月の名古屋みなと祭の際には,地元の山車や踊り隊の出発地になっていて,大変盛り上がります。その他,月次祭など行事も活発に行われており,地元の神社として親しまれています。

名古屋港跳上橋
千鳥2-4 および 入船1-6 地先



 築地神社の正面から出て右に進み,次の信号を左に進みます。約200m進んだ橋のところから左を見ると,名古屋港跳上橋[国登録]が見えます。ここから南は元々別の島になっており,ここには堀川と中川運河を結ぶ運河が設けられていましたが,この橋はその運河に昭和2年(1927年)に設けられた臨港鉄道の鉄道橋です。4径のうち1つを電動の可動橋として,陸運と水運の両立が図られました。高い技術力が必要なこの橋の設計・製作は可動橋の第一人者である山本卯太郎で,日本に現存する最古の可動橋ともいわれています。往時は紡績業が盛んで,輸入綿花を積んだ貨物列車が頻繁に行き来して発展を支えました。鉄道が廃線になり,昭和62年(1987年)からは桁を跳ね上げた状態のまま保存されています。平成21年(2009年)には経済産業省認定の近代化産業遺産に指定されました。



 橋を渡った先を右折して200mほど進むと,江川線にかかる港橋が見えてきます。明治39年(1906年)に1号地と2号地の運河に架橋されたもので,現在のものは昭和11年(1936年)のものです。現在,運河は埋め立てられ公園になっています。この付近の江川線は,7月の名古屋みなと祭[公式HP(外部リンク)→]の際にはパレードや港区内の神楽ぞろえが行われます。この日は花火も打ち上げられ,名古屋の夏の風物詩として多くの人々で賑わいます。また,祭りの際に名古屋港筏師一本乗り[市民俗]が披露されます。これは木曽谷の御料林がかつて尾張藩領であったことから,堀川や港近辺の木場で材木を扱う技術を受け継いだもので,筏に乗って様々な格技が行われています。

名古屋港ガーデンふ頭
港町1-11 [公式HP(外部リンク)→]



 江川線を左に曲がって南下すると,約150mでガーデンふ頭の入り口が見えてきます。名古屋港のシンボルゾーンとして水族館やポートビル,公園などが整備され,観光客も多く訪れる地域です。「ガーデンふ頭」交差点の左手奥,名古屋港湾会館の前には名古屋港開港の功労者として知られ,土木技術者でのちに名古屋港務所長になった奥田助七郎(1873〜1954)の銅像が立てられています。



 右方向へ横断歩道を渡ると名古屋港の案内所があり,地図や名古屋港の観光情報などを手に入れることができます。ここから左手に進んでいくと,船の帆をイメージした建物である名古屋港ポートハウスがあります。無料休憩所になっており,自動販売機やトイレもあるので休憩したい場合には活用しましょう。(平成28年3月末まで工事中)

南極観測船ふじ [有料施設]
港町1-9



 ポートハウスの奥に行くと,右手にオレンジ色の映える南極観測船ふじがあります。昭和40年(1965年)に竣工して18年間南極を観測するために活躍した砕氷船で,全長100m,3基のヘリコプターが搭載できるといいます。現役を終えて昭和60年(1985年)から名古屋港に係留され,南極観測や航海に関する生きた教材として活躍しています。





 船の中は南極観測船の設備そのままに様々な部屋があり,観測の様子を体感することができます。また,船が実際に動いているときの様子や南極観測に関する展示もあり,南極の野外観測や昭和基地に関するジオラマなどもあります。ライブラリーで図書やDVDの閲覧もできます。



 船の前の広場は,通称ふじの広場と呼ばれ,南極を越冬した樺太犬のタロ,ジロの銅像や,南極観測船ふじのプロペラ,南極大陸で実際に用いた雪上車などが展示されています。次に訪れるポートビルの展望台から見ると,この広場は南極大陸をかたどった広場であることがよくわかります。

名古屋海洋博物館 [有料施設]
港町1-9



 南極観測船ふじの奥には白い帆船をイメージした名古屋港ポートビルがあります。





 高さ63mで,最上階の7階は展望室(有料)になっており,天気が良い日は目の前の伊勢湾から鈴鹿の山並みまで見ることができます。その他,ビルの中はレストランや会議室などがあります。



 ポートビルの3階・4階には名古屋海洋博物館があります。「日本一の国際貿易港,名古屋港」をテーマに,名古屋港の貿易や歴史と人々の暮らしとの関わりなどをわかりやすく展示しています。名古屋港のコンテナに関する展示,船舶運航に関する展示などで,名古屋港の貿易に関する内容をわかりやすく知ることができ,名古屋港がこの地域の物流で重要な役割を果たしていることがよく理解できます。平成27年(2015年)には展示内容が一新されました。
 

ガーデンふ頭臨港緑園
港町1




 ポートビルのところから左に進んでいくと,ガーデンふ頭臨港緑園があります。ガーデンふ頭東側に広がる緑園で,人々の憩いの場にもなっています。中央のつどいの広場では様々なイベントも行われます。





 中央のつどいの広場から南に進んだ展望広場では名古屋港が一望でき,目の前の岸壁にクルーズ船などが入る場合もあって港らしい景色となります。また,ここには昭和14年(1939年)に作られた中央ふ頭灯台の灯ろうが残されており,ここから岸壁に近づいたときには昭和期に岸壁に使われていた石畳が残されています。



 その東側にある噴水広場には船をつなぐための古いボラードが残されており,港にある公園らしい情景になっています。



 臨港緑園の東側には,ガーデンふ頭ひがし広場が整備されています。元々は平成17年(2005年)に開村した名古屋港イタリア村がここにあり,イタリアのグルメやショッピングなどを楽しめる空間として大いに賑わいましたが,様々な問題が浮上して平成20年(2008年)に経営破たんして閉村となりました。現在はアスファルトのただっぴろい空間があって,イタリア村があったときの古い建物が残されている状態ですが,今後再開発を計画しているそうです。

名古屋港水族館 [有料施設]
港町1-3 [公式HP(外部リンク)→]





 ポートビルのところに戻って,目の前のポートブリッジを渡ります。ここから南方向を見ると,名古屋港が一望できるなかなかのスポットで,反対側を見るとガーデンふ頭が一望できます。橋を渡って降りて左手に進んでいくと,水族館南側緑地があります。ここからの名古屋港の眺めもなかなかのものです。ここには昭和30年(1955年)に完成し,平成6年(1994年)まで用いられた政府の穀物サイロのモニュメントがあります。



 ここから北に進むと,名古屋港水族館の入り口があります。平成4年(1992年)に開館し,平成13年(2001年)には世界最大級の水槽をもつ北館が開館しました。入ってすぐの北館2階は水族館のシンボル的存在ともいえるシャチやイルカ,ベルーガと出会える日本の海コーナーがあり,奥に進むと海の生き物を楽しく学べる「進化の海」のコーナーがあり,さらにメインプールの水中観覧席があります。3階に上がるとこれらの水槽を上から見ることができ,ショーなどのイベントが行われるスタジアムがあります。2階から南館に移動すると,レストランや映像が楽しめるシネマ館があるほか,先に進むと名物の水中トンネルになっている黒潮大水槽があります。その先には「日本の海」「深海ギャラリー」と続き,サンゴ礁大水槽もある「赤道の海」コーナーがあります。また,ここにはタッチタンクがあり,海の生物を直接触って体験できるため子ども連れが多いです。さらに3階に上がっていくと,オーストラリアの海から,ペンギンのいる南極の海へと続きます。このように世界中の海の生き物を見ることができ,イベントも多い施設のため,特に休日は多くの家族連れで賑わいます。じっくり時間をかけて見学しましょう。水族館とポートビル,南極観測船ふじなどの共通入館券もあります。

名古屋港シートレインランド [一部有料施設]
西倉町1-51 [公式HP(外部リンク)→]





 名古屋港水族館の北東側に進むと,港の古い倉庫を活用したショッピングセンターであるJETTYがあります。「NORTH」と「WEST」の2つの建物があり,「NORTH」にはカジュアルレストランとえびせんべいの専門店があり,「WEST」には名古屋めしなどを味わうことができるフードコートやレストラン,お土産店などが入居しており,土日には特に観光客で賑わっています。



 水族館の北側に進むと,名古屋港シートレインランドがあります。平成7年(1995年)に,日本貨物鉄道(JR貨物)の名古屋港駅の跡地に開園した遊園地で,高さ85mの大観覧車がシンボルになっています。入場料は無料で,施設などを利用する際に料金がかかる仕組みで,大観覧車のほかにもメリーゴーランドやお化け屋敷,シューティングゲームなどのアトラクションがあって楽しむことができます。シートレインの名前の由来は,かつてここに鉄道の貨物駅があったことにちなんでいます。現在,駅があった面影は全くなく,遊園地の名前だけがかつてを物語っています。

ゴール:地下鉄・名古屋港駅

 名古屋港シートレインランドの南側から出て左に曲がり,さらに左に進んで「港警察署前」交差点を右折して東に進み,200m弱進むと,「ガーデンふ頭」交差点を左折した先に地下鉄名港線の名古屋港駅の3番出口があります。ここから名港線で金山まで10分,栄まで17分で行くことができます。

写真使用数:38

←前:[中川区]豊治コース / 名古屋市港区 / 次:百曲街道コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>