本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市北区:志賀コースSHIGA

2015年1月探訪。2015年3月3日作成
4月1日加筆

2015年9月11日再構成・地図掲載

【コース】 距離:約7.0km
 名城公園駅をスタートし,名城公園と名古屋城北側の柳原の文化財をめぐったのち,弥生時代からの生活跡が広がる志賀の里へ向かいます。

地下鉄・名城公園駅〜名城公園フラワープラザ〜深島神社〜長栄寺〜下水道科学館〜多奈波太神社〜西来寺〜東高寺〜西志賀遺跡(貝田公園)〜志賀公園〜六所社〜松音寺〜光音寺〜市バス・愛工前バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄・名城公園駅

 地下鉄名城線の名城公園駅が今回のスタートです。栄駅から3駅で約5分で到着することができます。駅南側の2番出口を出てスタートします。

名城公園フラワープラザ
名城1-2-25 [公式HP(外部リンク)→]



 2番出口を目の前の大津通を横断歩道で渡ると,左手に名城公園北園の入口があります。名城公園は名古屋城を中心とする約80haの総合公園になりますが,単に名城公園というとこの北園を指すことが多いようです。北園はかつて名古屋台地が北側に切れ落ちた沼沢地で,慶長15年(1610年)に名古屋城が築かれると,北の守りになり,その後御深井(おふけ)の庭と呼ばれる庭園が設けられました。この庭園の中央には蓮園があり,蓮根やジュンサイがとれて将軍に献上されることもあったといいます。その後,明治22年(1889年)になると,陸軍省に引き渡されて北練兵場という兵士の訓練場に使われることになります。その後,太平洋戦争が終わると,天守をあおぐ公園として整備され,特に桜の名所としてよく知られるようになりました。
 入口から約60m進むと,名城公園フラワープラザがあります。花や緑に関する展示会や講習会を実施し,情報発信や啓発活動を行っています。季節ごとの様々なイベントが開催されるほか,中には喫茶店もありゆっくりとした時間を過ごすことができます。



 フラワープラザの前に,百合の詩と書かれたモニュメントがあり,待ち合わせの際の目印になっています。




 さらに先に進むと公園のシンボルの花時計と風車があり,季節に応じた草花が楽しめるようになっています。そのまま進んだ先にはかつての庭園の名残をとどめているであろう御深井池があり,特に桜の時期は露店なども出て大いに賑わいます。



 ここから左に曲がって約250m,広場を抜けて進むと南東側出口になり,目の前には「名城公園南」の交差点があります。この北の名城公園事務所前には御深井(おふけ)焼の窯跡の案内板があります。初代藩主徳川義直が瀬戸の陶工を招いてこの地で陶器を作られたもので,領内の産業の振興を図るものでしたが明治になって廃絶しました。

深島神社
柳原2-3-19



 「名城公園南」の交差点で大津通を渡ると,左手に愛知学院大学名城公園キャンパスがあります。2014年に完成した近代的な学舎で,商学部・経済学部・経営学部の3学部が入っており,中央のアガルスタワーという10階建ての建物がシンボルになっています。



 交差点からさらに東に進むと,右手に御土居下同心屋敷址の案内板があります。同心とは庶務や警察を司る下級の役人のことですが,この土居下の同心は城が攻めてきたときに,藩主を身を賭して守るという重要な役割を持っていました。



 その先の突き当りを左に曲がり約500m,「名城2」の交差点の次の筋を右に曲るとすぐに深島神社があります。かつては深島弁財天ともいい,名古屋城の鬼門の守護神として崇敬され,敷地が2000坪にも及ぶ広大な神社でしたが,敷地は大分せばめられてしまいました。本殿は戦災後に昭和27年(1952年)に再建されたものです。この付近にはかつて,柳原御殿と呼ばれた八代藩主宗勝の第6子松平藤馬の豪壮な邸宅がありました。広大な庭には四季折々の花に彩られ,特に桜は見事だったといいます。今は住宅が立ち並んで往時をしのぶものは何も残っていません。

長栄寺(豪潮寺)
柳原2-17-11



 深島神社から進んで2つ目の筋を左に曲ると,左手に長栄寺(天台宗)があります。洞松山と号し,元々は8世紀頃に現在の東郷町に建てられ,文政6年(1823年)に尾張藩第10代藩主の徳川斉朝の命により,熊本出身で天台宗の僧である豪潮が廃絶していた寺を移して建立し,以降,名古屋城の鬼門を守る寺として繁栄しました。豪潮が建立したことから,別名豪潮寺ともいいます。豪潮は徳川斉朝の病気を加持で治して信頼を得たといいます。明治24年(1891年)に濃尾地震で倒壊した後再建され,その後戦災にあい,山門に焼け跡が残されているそうです。



 長栄寺の次の筋を右に曲り,その先の「柳原3」交差点を左に曲がります。ここの南北に続いている交差点が柳原通商店街です。昭和37年に愛知県で最初の商店街組合が結成されたという古い歴史を持っています。元々この筋は柳原街道と呼ばれ,有事の際にも脱出路にもなっていました。なお,柳原というのは,名古屋城築城時にこの付近は沼や沢で,柳が多く生息していたことによるらしいです。昔ながらのなつかしい商店が立ち並ぶ商店街を歩くと,ちょっとタイムトリップした気分になります。街を活気づけようと商店街では夏祭りや、もちつき大会などの様々な催しを行っています。



 さらに200mほど進んだ右手の青少年交流プラザ付近には,旧三井名古屋製糸所がありました。この付近には繊維工場が立ち並び,数多くの女工が働いていたといいます。平成25年までその赤レンガの建物が一部残されていました。



 ここで左に曲がり,堀川の南側の道をしばらく進みます。この付近は桜並木が立ち並び,春になると見事な景色になります。

下水道科学館
名城1-3-3 [公式HP(外部リンク)→]





 堀川の南を約400m進み,城北橋の交差点で大津通を渡ると左方向に下水道科学館があります。名古屋市上下水道局による資料館で,名古屋市の下水道の歴史や概要,水をきれいにする仕組みなどが,クイズ形式など子どもでも楽しく学べるように工夫されています。また,水について学べる各種イベントも行っています。下水道のことは普段意識することは少ないですが,ここに来るとその大切さや苦労が理解できます。建物の入り口にはデザインマンホールのふたが展示されるなど,おもしろい展示がたくさんあります。

多奈波太(たなばた)神社
金城4-13-16



 「城北橋」の交差点で横断歩道を2回渡り川沿いに東に戻って200m進むと左手に多奈波太神社があります。平安時代の延喜式に「山田郡多奈波太神社」と書かれた格式の高い神社で,祭神から機織りに関する渡来人が立てたものと考えられます。「尾張名所図絵」にも七夕の七月七日に例祭が行われている様子が記されており,現在も,旧暦七夕には例祭が行われます。旧町名の田幡村はこの神社が名前の由来になっていて,西区小田井の星神社との織姫,彦星の昔話の逸話もあります。これは田幡村に住む娘に会うために増水した庄内川を泳いで渡ろうとしておぼれてしまった若者がおり,それを待っていた娘もその話を聞いて庄内川に身を投げたという悲しいお話です。その後,七夕の夜に庄内川に天の川がかかり,2人が星になって七夕に逢っているという伝説が残りました。
 この付近は昔は「七夕の森」と言われた鎮守の森が広がっていましたが,戦争の際に刈り取られ,社殿は戦災で燃えて昭和39年(1964年)に再建されたものです。藩政時代は、東照宮の管轄で一般人は柵外よりの参詣で例祭日だけ垣内参拝を許されました。

西来寺
金城3-9-33



 多奈波太神社の東側の道を約200m進むと,左手に西来寺(曹洞宗)があります。少林山と号し,明応4年(1495年)に今の名古屋城の御深井付近に地蔵寺として開山され,当初は真言宗でした。名古屋城築城の際,慶長年間(1596〜1615年)に現在地に移され曹洞宗に改められました。武家屋敷風の山門が印象的で,これは享保年間(1716〜1735年)に名古屋城にあった門扉を開田和尚という豪力の僧が担いで運んできたものであるという逸話があります。



 西来寺の次の交差点を右に曲り,続いて左に曲った先の金城小学校に林泉寺跡の碑が立っています。もともと,ここには天文年間(1532〜55年)に築城されたという田幡城がありました。その後,享保12年(1727年)に熱田の田中町から林泉寺(曹洞宗)が当地に移されました。上杉謙信が幼少期に養育されたという越後春日山の林泉寺にちなんで,その後宝暦2年(1752年)に永泉寺から林泉寺に改められたと言います。謙信の位牌などのゆかりの品もありましたが,戦災で失われました。

東高寺
金城2-23-1



 西来寺からそのまま北に400m進んだ「金城町2」の交差点を越えたすぐの左手に東高寺(曹洞宗)があります。天医山と号し,元亀2年(1571年)の創建で,本尊の薬師如来は聖徳太子作と伝わり,病難救済と安産加護の仏として崇拝をうけているといい,元々は近江の志賀の里にあったものが信長の比叡山焼き討ちの際に移されてきたものだといいます。

西志賀遺跡
西区貝田町2





 「金城町2」の交差点に戻り,右に曲って西に約800m進むと,右手に貝田公園があり,ここに西志賀遺跡の碑が立っています。昭和5年(1930年),この北東の志賀公園遺跡にて土器などが発見され,その後,この付近でも発掘が行われ,弥生時代前期から古墳時代前期の多量の土器などが発見されました。特に弥生時代前期の土器が発掘された東限として脚光を浴び,この地方の弥生時代文化の形成の解明に大きな成果をもたらした遺跡として知られます。残念ながら貝層の発掘のみで市街化されてしまい,再開活の際には再調査が望まれています。

志賀公園(志賀公園遺跡・平手政秀邸宅址)
平手町2



 貝田公園の手前の交差点を右に曲って200m北上し,次の信号を右折して500m進みます。途中,名古屋市西部医療センターの高い建物が左手に見えてきます。





 進んだ先,左手には広大な志賀公園があります。ここは志賀公園遺跡と呼ばれる弥生時代以降の遺跡となっており,志賀公園遺跡として知られます。昭和5年(1930年)にここを公園として整備する際に大量の弥生時代の土器群が発見され,その後の調査で13世紀までの茶碗や木椀などが出土し,ここが弥生時代から連綿と続く大きな集落跡であったことがわかりました。



 公園の中央には平手政秀の邸宅址の碑があります。平手政秀は織田信長の守役として仕え,父親の信秀の死後も信長の奇行がおさまらなかったことから,信長をいさめるために天文22年(1553年)に自刃したことで知られます。彼の領地はこの志賀町一帯に広がっていたとされ,邸宅がここにあったとされています。中央の古い顕彰碑は享和2年(1802年)に尾張藩の有志が彼の忠誠心をたたえるために建立したもので,新しい石碑は大正2年(1916年)に愛知県が建立したものです。彼はその後,中区の政秀寺に葬られ,現在は平和公園に墓があります。



 志賀公園の東側の池を渡った先の出口から出たところはかつては揚り戸と呼ばれました。これは,小船などが物資の積み下ろしをする場所の意味で,縄文時代は海面が上がり,この付近まで海がせまっていたという可能性が考えられます。

六所社(金城町)
金城町4-27





 そのまま突き当りまで進み左に曲がって道なりに進むと,「金城町3」の交差点に出ます。ここから北に600mほど進むと,左手に六所社があります。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)など六柱の神をまつることからこの名前があり,社伝には天文16年(1547年)再建という記録があることから,少なくともそれ以前からの歴史を持ち,この地域の鎮守の神として信仰されてきました。

松音寺
光音寺町2-93





 六所社の手前のコンビニとの間の道を史跡散策路の案内板に従って進み,続いて光城小学校の裏手の2本目の筋を左に曲がり,そのまま2つめの交差点を右に入り100m弱進むと,松音寺(曹洞宗)があります。古い住宅地の中に調和するように立っており,入口の六地蔵が印象的です。梅馨山と号し,創建は天正元年(1572年)とも元和七年(1621年)とも伝わります。本尊は地蔵菩薩で,脇仏の薬師如来も様々な言い伝えがあるそうで,東海49薬師霊場の第30番札所に指定されています。

光音寺
光音寺町2-37



 松音寺の先の突き当りを左に曲がります。少し先にある大龍院(真言宗智山派)は,応永2年(1395年)に不動明王が安置されて,修験道場として始まったとされます。



 松音寺からさらに道なりに約300m進むと右手にこの付近の地名にもなっている光音寺(曹洞宗)があります。黄雲山と号し,室町時代創建で一説に足利尊氏が創建したとも伝わり,矢田川の洪水のために押し流されて現在地に移ったともいいます。慶長2年(1597年)に大須萬松寺の末寺として再興されました。




 入口の地蔵尊は,元々志賀から来る村道の入口に置かれていたものが,区画整理の際に現在地に移されてきたそうです。





 境内の左手には歴代住職の墓塔である無縫塔[市文化]があります。塔身が不均衡な印象を与えるのは,基礎と塔身が別々に作られて合わされたためと言われています。基礎は鎌倉以降,塔身は室町中期以降の作製と考えられています。墓地には女義太夫のスターとして知られる豊竹呂昇が眠っています。明治31年に25歳で上京し,美声と節まわしで一世を風靡しました。寺にもゆかりの品や写真が今も保管されているそうです。

ゴール:市バス・愛工前バス停

 進んで突き当りを右折し,庄内用水を渡って進み突き当りを左折するとゴールの愛工前バス停があります。南側バス停から名駅13系統で名古屋駅まで約25分,西側バス停から栄13系統で栄まで約25分です。栄行が本数も多く便利です。



【おまけ】桜の名城公園・黒川沿いの桜並木

 3月末の桜の時期に,名城公園と黒川沿いの桜並木を散策してきました。

名城公園の桜



 名城公園の風車の付近。この時期はオランダからのチューリップも見事に咲いています。



 花時計付近。御花見客も多いです。





 池の周りもたくさんのサクラ。露店も出ていました。



 名古屋城をバックに池の方をみる。



 北側の入口付近も桜が見事でした。

下水道科学館北側:城北橋の桜並木





 城北橋から西方向(上写真)と東方向(下写真)。桜並木が続いています。

金城橋付近の桜並木





 コースで通ることになる金城橋から西方向(上)と東方向(下)を見たときです。ここも桜がいっせいに咲き乱れていて見事です。

写真使用数:45

←前:[東区]矢田コース / 名古屋市北区 / 次:黒川コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>