本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市西区:熱田新田コースATSUTA-SHINDEN

2015年2月探訪。2015年10月1日作成

【コース】 距離:約6.0km
 六番町駅から,江戸時代に熱田新田として新しく開発された地域をめぐります。熱田の番割観音など新田に住む人の信仰が息づくコースです。

地下鉄・六番町駅〜熱田番割観音〜池中地蔵〜熱田空襲跡〜波限神社〜祐誓寺〜西耀寺〜南郊公園〜地下鉄・六番町駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄・六番町駅



 今回は地下鉄名港線の六番町駅です。栄・金山からは名古屋港行に乗車して,金山駅から2駅4分,栄からは11分です。名城線右回り方面に乗り間違え注意です。六番町駅の3番出口からスタートします。

観音堂(八・九番割観音)
八番1-8-1



 3番出口を出て1号線を西に100m進み,歩道橋を渡ってさらに1号線を50m進んだ歩道橋から2つ目の細い筋を右に曲がります。約50m先の交差点の左側に六・七番割観音の観音堂があります。この地域は江戸時代,熱田新田として開発された地域で,年貢増収を目的として藩祖義直が正保3年(1646年)に葦の茂るこの地域を開発するために新田開発の設計をさせて,翌年から工事に着手しました。その範囲は,東は堀川筋で,西は庄内川までの東西約4.6km,南北1kmに渡る広範囲の新田開発で,尾張藩最大の新田開発で,足掛け3年で慶安2年(1649年)に完成しました。その後,慶安4年に縄入れが行われ,1番から33番までの番割が行われ,新田の守護として西国三十三か所の観音が配置されました。それ以来,お堂をめぐる観音めぐりが行われており,現在でも毎月第3日曜日(7,8月は除く)に約11kmの観音めぐりが行われます。熱田区には1番から9番までの観音があり,このコースでは前半でそれらの観音をめぐっていきます。
 観音堂の前には百曲(ひゃくまがり)街道の道標があります。百曲街道は,熱田新田の開発とともにその北側に自然にできた道で,くねくねと曲がっていることから百曲の名前がつきました。この道標は,熱田,名古屋と下之一色(中川区)の分岐点を示したものです。

熱田新田観音めぐり
六・七番割観音:六番1-8-12  四・五番割観音:四番1-7-8



 ここから熱田新田の観音堂をめぐります。現在はいくつかの観音堂がまとめられていますので,熱田区では1番から9番までありますが,訪れるのは5か所になります。道標の交差点を右に曲がり,そのまま東に約200m進んだ新幹線の高架をくぐった先には,六・七番割観音の観音堂があります。この付近は,何番という新田開発当時の住所がそのまま残されています。



 さらに200mほど進み六番町のバスターミナルを越えて進むと,左手には四・五番割観音の観音堂があります。それぞれの観音堂に特徴があるのがおもしろいです。地元の人たちによって大切にされている様子が伝わります。

慈教寺(二・三番割観音)
二番1-11-12



 四・五番割観音堂からさらに200mほど進んだ3つ目の筋を右に曲がり約100m進むと国道1号線に出ます。ここを左折して少し進むと熱田社があります。熱田新田が開発されたのちに,熱田神宮を勧請したものと考えらえます。



 その隣に慈教寺(浄土宗)があり,ここに二番・三番の番割観音が安置されています。



 国道1号線の左側の道をさらに400m弱進むと,左手に一番割観音の観音堂があります。境内に大きな身代わり地蔵尊があり,昭和55年(1980年)に国道1号線の交通事故で亡くなった人たちの冥福を祈るとともに,交通安全,無病息災を祈って建立されました。毎年四月第1日曜日に例祭が行われるということです。

池中地蔵
一番1-14-14



 そのまま約100m進んだ「白鳥橋西」交差点を左に曲がり,続く白鳥橋ポンプ場の前を左に曲がって道なりに約150m進んだ熱田生涯学習センターの手前の細い路地を左に入ります。ここから約50m進むと,左手に池中地蔵があります。明治の中ごろ,この付近では子どもが疫病にかかって亡くなるということが続き,村人が総出で近くの池から沈んでいた地蔵を引き上げたところ,子どもたちの熱病が治ったという伝承があります。村人は地蔵堂を建ててその地蔵をまつり,以降,篤い信仰を受けるようになったといいます。

熱田空襲跡
新千年1-2付近



 「白鳥橋西」の交差点に戻り,交差点の南東側に渡って,少し先の筋を左に入るところに平和地蔵があります。昭和20年(1945年)6月9日のいわゆる熱田空襲で亡くなった犠牲者約2000名余りを供養する地蔵尊で,今でも平和を祈る人々によって大切に守られています。





 ここから堀川沿いの千年プロムナードに入り,約200m進むと右手に熱田空襲跡があります。昭和8年(1933年)に設置された築堤の一部が残されており,熱田空襲によってできたくぼみが残されています。平成4年に新しい護岸が設置された際に,過去の歴史を忘れないために残されました。

波限神社
一番3-45



 「白鳥橋西」の交差点に戻り,国道154号線の左側を南下していきます。この付近は船方新田といい,延宝3年(1675年)に熱田の船奉行衆によって,自力で堤を築き開発した新田です。東海道の交通を支える船奉行衆の生活のために藩が下附したものです。しかし,享保7年(1722年),14年と相次いで暴風雨の被害を受け,財力が乏しく元文元年(1736年)まで復旧できませんでした。その後,弘化元年(1844年)に藩が買い上げて嘉永3年(1850年)には宅地となりました。途中の愛知時計電機の正門前には,もう一つの平和地蔵が設けられています。
 300m強進んだ「船方南」の手前の歩道橋を渡ってそのまま西に約100m進むと,左手に波限神社があります。名古屋城を築城する際に,加藤清正が資材開運の安全を祈願し,宮崎県の鵜戸神宮の札をうけて祀ったといい,元々は白鳥橋南の堀川河畔にあって昭和14年(1939年)に現在地に遷座したといいます。本殿は戦災で焼失して,昭和49年(1974年)に再建されたものになります。

祐誓寺
千年1-18-19



 「船方南」交差点の前にある歩道橋を再び渡り,国道154号線を再び南下していきます。交差点の南にあるイオンタウン熱田千年店の前には,イノアック熱田工場の跡地の碑が立っています。





 さらに300mほど南下すると,左手に祐誓寺(真宗大谷派)があります。蓬戸山(ほうこざん)と号し,嘉永5年(1852年)の創建といいます。境内には多くの地蔵尊があり,「蓬戸山文庫」という書跡,文献類が保管されていることで知られます。

光耀寺
千年1-18-16



 寺の先の「南一番町」交差点を左折し,祐誓寺の先に進むと,左手に光耀寺(日蓮宗)があります。白毫山と号し,天保12年(1841年)の創建といいます。天保8年,この付近の新田が暴風雨で一面水浸しになり,その際に地中から光が放たれているので探ったところ,光る石が現れたといいます。その後,この地の守り神の宝塔石として多くの信仰を集めました。その宝塔の前に一宇を設けたのが寺の始まりといいます。寺には貴重な円空作の釈迦誕生仏が安置されており,また境内には新田開拓記念碑が設けられています。

南郊公園
五番町







 「南一番町」の交差点で国道154号線を渡り,そのまま西に200m弱進んだ次の信号を右折し,そのまま100mほど北上すると,左手に南郊公園が見えてきます。元々ここには中川運河の支流が流れていましたが,埋め立てられて昭和57年(1982年)に公園になりました。子ども向きの遊具が設けられ,テニスコートもあって休日には多くの人で賑わいます。この公園内をずっと600mほど進んで,名古屋高速東海線が上を走る道路まで進み,右折して進んでいきます。

ゴール:地下鉄・六番町駅



 右折して約300m進んだ「六番南」の交差点で道路を渡って西側に進み,さらに北上し50mほど進むと左手に六番町の神明社があります。この地域の氏神として人々に大切にされています。さらに150m進み,六番町の交差点を左に進むと六番町駅の3番出口に戻ってきます。ここから名港線で金山,栄方面に来た時と同じ要領で戻ることができます。

写真使用数:20

←前:宮宿コース / 名古屋市熱田区 / 次:[中村区]名駅東コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>