本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市西区:宮宿コースMIYASHUKU

2015年2月探訪。2015年10月1日作成

【コース】 距離:約4.0km
 神宮西駅および伝馬町駅南側にあたる東海道・宮宿の史跡をめぐります。現在は雰囲気が変わりつつも,昔ながらの東海道の風情を感じて歩けます。

地下鉄・神宮西駅〜熱田魚市場跡〜宮の渡し公園〜西浜御殿跡〜宝勝院〜聖徳寺〜社宮司社〜円福寺〜鈴之御前社〜裁断橋跡・姥堂〜神明社〜正覚寺〜地下鉄・伝馬町駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄・神宮西駅



 今回のスタートは地下鉄名城線・神宮西駅です。名城線で金山駅から2駅4分です。金山・栄からは名古屋港行も発車するので,乗り間違えに注意しましょう。神宮西駅の3番出口から出発し,熱田の宮宿の宿場町に向かいます。

熱田魚市場跡
木之免町



 出口を出て約500m進むと「白鳥橋東」交差点に到着します。ここで横断歩道を渡って南堀川端公園の方に出ます。ここの公園には船の形を模したモニュメントがあります。



 そのまま南に約200m進むと大瀬子公園があり,その前の秋葉神社のところに熱田魚市場跡の案内板があります。創始年代は不詳ですが,永禄(1528〜32)の古図に記されているといいます。天正年間(1573〜92)には清須へと魚を運び,名古屋開府ののちは,木之免,大瀬子から4戸ずつの問屋ができ,熱田の漁港で水揚げされた魚類はすべてここで扱うものとされ,藩の手厚い保護で遠い国からも魚が運び込まれ発展しました。昭和まで,国有数の魚市場として繁栄しましたが,昭和24年(1949年)に名古屋中央卸売市場が開場したため,これに統合されました。



 この付近には秋葉神社や火の神・軻具突智命を祀った神社が多く,人々が火災を恐れていた様子が伝わります。

宮の渡し公園
神戸町 および 内田町



 そのまま200mほど進むと「大瀬古」の交差点になります。この付近は右手にかつて大瀬古浜という浜が広がっていたといいます。この少し先の左手には,熱田荘[市文化]があります。明治29年(1896年)に武藤兼次郎が建てた「魚半」という料亭で,戦時中は三菱重工業の社員寮で,現在は高齢者福祉施設になっています。宮宿をしのばせる遺構で,近世の町屋の形式を継承している貴重な建物です。





 さらに少し進んだ右手に宮の渡し公園があります。東海道熱田宿は品川から41番目の宿場町で,熱田神宮の門前町ということから宮宿と呼ばれました。佐屋,美濃路の分岐点で,名古屋を控える城下町でもあり,ここから先は七里の渡しで桑名まで向かうということもあり,他の東海道の宿場町より施設が充実していたようです。この公園は,かつて桑名までの七里の渡しの船着き場で,距離が七里(28km)だったことからこう呼ばれました。公認の七里の渡し以外にも,黙認の四日市までの十里の渡しなどもあったといいます。公園には熱田湊常夜灯が再現されています。寛永2年(1625年)に犬山城主成瀬正房がこの先の須賀浦に設けた常夜灯がはじまりで、その後承応3年(1654年)に風害で現在地に移転し,明治24年(1891年)の濃尾地震まで神戸町の宝勝院に管理がゆだねられました。現在のものは昭和30年(1955年)地元の有志により再建されたものになります。公園内にある案内板は,宮宿に文政9年(1826年)ドイツ人医師シーボルトがオランダ使節に随行して訪れた際,本草学者水谷豊文とその門下生が教えを受けた様子を伝えます。その後,彼らは名古屋の医学や植物学の発展に大きな役割を果たしました。また,芭蕉がここからあゆち潟の舟遊びを楽しみ熱田三歌仙という歌を残したことも伝えています。



 先に進んだ左手には,丹羽家住宅[市文化]があります。もと屋号を伊勢久といい,幕末期は脇本陣格の旅籠屋を営んでいました。建物は文化5年(1808年)の棟札があったとされ,木造2階建てで幕末の建物とみられています。西国各藩の名のある提灯箱などが残されているといいます。

西浜御殿跡
神戸町802付近



 現在の宮の渡し公園には尾張藩主の御殿である東浜御殿がありました。藩祖義直が造営し、石垣で囲った築出しの出島のような御殿で,海の避暑・休養地として選ばれ,将軍家光も宿泊するなど自慢の御殿だったようで,熱田宿を描いた浮世絵にも見られます。
 丹羽家住宅の先の道を左に曲がり,続く2本目の筋を左に曲って少し進んだ消防団の詰所前には西浜御殿跡の案内板があります。こちらの御殿は承応3年(1654年)に尾張藩2代藩主徳川光友が造営し,尾張藩ゆかりの大名や公家などの招待用御殿でした。正殿は安政年間(1854〜60)に成岩(半田市)の常楽寺に移され、残る諸館も明治6年(1873)売却され現在は跡形もありません。門については現在春日井市中央公民館に残されているといいます。

宝勝院
神戸町508



 左に曲った前に戻り,そのまま宮の渡しから直進する方向に100mほど進んで左に曲がったところに宝勝院(西山浄土宗)が見えます。蓬寿山と号し,昭和27年(1952年)に近くの高仙寺と合併しました。その際に移された木造阿弥陀如来立像[国重文]の胎内から,木版刷りの摺り仏や写経が発見され,貞永元年(1232年)に阿弥陀如来建立の奥書が発見されました。また,熱田湊の常夜灯を承応3年(1654年)から明治24年(1891年)までこの寺が管理していました。この付近にはかつて熱田の奉行所もあり,伝馬町にかけて宮宿の中心となっていました。



 直進して国道247号線に合流したところには,宮の宿赤本陣跡の案内板があります。宮宿には大名らの公用の宿泊施設である本陣が二軒あり,赤本陣と白本陣と呼んで区別しました。赤本陣は南部新五左衛門が務め,苗字帯刀を許されたといいます。戦災によって遺構は全く残っておらず,案内板のみが名残をとどめます。赤本陣に次ぐ格式の白本陣はこの東の伝馬町にあり,森田八郎右衛門家が務めたといいます。

景清社
神戸町402



 国道249号線に出たら続いて左の筋に入り,100m弱進んだ次の交差点を右に進むと景清社があります。祭神は平景清で,平家没落後に彼は熱田に隠れ住んで,ここに屋敷を構えたと伝わります。謡曲「景清」ではここで一人の遊女と子を設けたと歌われています。屋敷の創建は寿永元年(1182年)といい,後年景清が眼病を患ったということから,眼病に対して霊験があるとして信仰を受けています。

聖徳寺
大瀬古町508





 右に曲がった前に戻り,赤本陣から直進方向に進んで次の筋を左に入ると,約100mで聖徳寺(浄土宗西山禅林寺派)があります。亀腹山と号し,永禄7年(1564年)頃創建という言い伝えがあり,文禄4年(1595年)に太子堂が造営され,漁師助太夫が砂浜で網にかかったという木造聖徳太子立像[県文化]を安置して現在の寺号に改められた(旧寺号は不詳)といいます。この聖徳太子像は鎌倉時代特有の刀法がみられる貴重なもので,戦災で堂宇一切が焼失した際もこの像は救い出され,その際に元弘3年(1333年)の銘が見つかったといいます。またこの地域では珍しい半跏地蔵菩薩像も安置されています。寛永2年(1625年)に成瀬家の寄進で常夜灯が設置された際,承応3年に宝勝院に管理が委託されるまで,本寺がその管理を行いました。

社宮司社
須賀町401



 左に曲がる前に戻り,赤本陣から直進方向に100mほど進んだ2本目の筋の手前左側に社宮司社があります。かつては景清社の南隣にありましたが,昭和27年(1952年)に道路拡張で現在地に移されました。猿田彦命を祀るとも,平の将門の首を祀るともいわれ,熱田神宮の末社ではなく町方の支配といい,現在も7月20日に例祭が行われます。昔は導きの神といって船頭たちが航海の安全を祈り,航海が無事に済んだら底のない柄杓を奉納して感謝したといいます。

円福寺
神戸町301



 社宮司社の先の交差点を右折してそのまま道なりに100mほど進み,国道1号線に出たら右に曲がって少し進むと円福寺(時宗)があります。亀井山と号し,京都金蓮寺の末寺で,元々天台宗で洲崎の毘沙門堂といわれ,最澄が熱田に参詣した際に建てられてといい,元応元年(1319年)に足利氏一族という厳阿が時宗に改めました。彼の頭部の像が寺に残されています。また足利尊氏も祈願所として堂宇を建立したといいます。永享4年(1432年)に六代将軍の足利義教が富士遊覧から帰る途中,本寺に3日間滞在滞在し,連歌会を催したといい,その際の連歌懐紙[県文化]が残されています。その他にも永正15年(1518年)の織田達勝制札,永禄6年(1563年)の織田信長判物や,戦国期の古文書である尾張円福寺文書[県文化]伝小栗宗湛筆紙本墨画豊千禅師図[県文化]が伝えられています。明暦2年(1656年)に芝居興行の免許があって,亀井道場と呼ばれ,本寺で狂言などが盛んに興行されてといい,尾張名所図会には名古屋の芝居の始まりと記されています。

東海道道標
伝馬1-5-29付近



 円福寺から「熱田神宮南」の交差点の歩道橋を渡って南東側に進み,そのまま伝馬町駅方面に進んで1つ目の筋を右に入って少し進むと左手に東海道の道標があります。東海道を東から歩いてきて,右折すれば熱田神宮・名古屋城下町へ,左折すれば七里の渡し場に出るとの道標で,南面に寛政2年(1790年)の銘があり,建立当初のままの姿と考えられています。



 道路の反対側にはほうろく地蔵があります。もと三河国重原村(現知立市)にあったとされ,焙烙(ほうろく,土鍋の一種)を売りにきた商人が重しの代わりに運んできて捨てられていたものを地元の人が安置したものと伝わっています。

中村宗十郎出生地
伝馬1-7





 東海道道標のところを左折して東に進み,続く交差点を右に,さらに2つ目の交差点を左に進むと,左手に中村宗十郎出生地の案内板があります。天保6年(1835年)にこの地に生まれ,幼少期に養子となって藤井重兵衛と名乗りました。17歳頃に旅役者の嵐亀太郎に入門し,その後大坂で活躍し,慶応元年(1865年)に中村宗十郎を名乗るようになります。花形役者としてしのぎを削り,後輩の育成にも熱心で,名古屋出身の役者としては東西歌舞伎界に空前の地位を占めたといいます。



 先に進んで次の県道との交差点を左折し,続く筋を左に進んだところに実相院(真言宗豊山派)があります。永禄12年(1569年)に熱田の地侍である東加藤家によって建立され,延享4年(1747年)に現在地に移転しました。

鈴之御前社(れいのみまえしゃ)
伝馬2



 県道をUターンして戻り,県道の歩道橋を東へ渡って100mそのまま進むと,徳川家康幼時幽居地の案内板があります。松平竹千代,のちの徳川家康が天文16年(1547年)に6歳で織田信秀(信長の父)の人質となり,この地にあった熱田の豪族加藤順盛の屋敷に幽閉されたといいます。天文18年(1549年)に竹千代8歳のときに岡崎に戻りましたが,今度は今川義元の人質として駿府に行きました。



 次の交差点を左に進み,続いて2本目の筋を左に曲がると,左手に鈴之御前社があります。熱田神宮の末社で元は鈴の宮(れいのみや)といい,元々精進川の西側にあり,かつては熱田神宮に参拝する人たちの「みそぎの場」でした。戦後,現在地に移されています。毎年7月31日の例祭の際には「茅の輪くぐり」という夏の疫病除けの神事が行われています。

裁断橋跡・姥堂
伝馬2-5



 鈴之御前社から東方向に戻り,50mほど東に進むと裁断橋址の碑と姥堂があります。裁断橋はここの東の東海道が精進川を渡るところにかけられていた橋で,中世にはかけられていたといいます。天正18年(1590年)に小田原の戦いで亡くなった堀尾金助の母が菩提を弔うために母親が橋の架け替えを行いました。その後,再び架け替えを志し,意思を継いだ養子が元和8年(1622年)に完成させました。この橋の擬宝珠に彫られている銘文は,母が子を思う名文として橋を通る旅人に感銘を与えたといいます。昭和元年(1926年)に精進川が埋められたときに廃橋となり,現在は姥堂の前に復元されています。
 姥堂は円福寺の末寺で,延文3年(1358年)創建と伝わり,裁断橋の南西にあって,精進川を三途の川の奪衣婆の大きな木造を祀っており,明治維新前の一時期は善立寺と号していました。姥像は高さが八尺もあり,奈良の大仏を婿にとると江戸時代には言われました。昔から安産や子育て,家内安全の信仰として「おばんこさん」と呼ばれ親しまれてきました。昭和20年(1945年)の戦災で堂宇は全焼したため,現在は平成5年(1993年)に再建された建物で,その際に本尊も四尺で復元されました。
 入り口には都々逸(どどいつ)節発祥地の碑が建てられています。寛政12年(1800年)頃以降,「おかめ」と呼ばれた宮宿の飯盛女が,全盛期の流行歌に「そいつはどいつじゃ〜」というのがあり,のちに「どどいつ」と歌われるようになったのが起源と言われます。三味線で七・七・七・五(または五・七・七・七・五)の独特の音律で恋愛などを歌い,座敷などで演じられました。
 

神明社
伝馬3-3-7



 裁断橋址から東海道を東に進みます。50mほど進んだ左手には伝馬街園があり,宮宿の案内板が設けられています。



 さらに150mほど進んだ橋の前の信号を左折した先に神明社があります。かつては俗に「お天道」と呼ばれ,旧暦10月14日,15日には夜を通して祭りで賑わったといいます。文禄5年(1596年)の銘のある日待供養碑がかつて見られ,非常に古い供養碑と考えられ,現在は社殿の下に埋められているといいます。

正覚寺
神宮4-7-22





 神明社の先の国道1号線を左折し,200mほど進んだ名鉄の高架をくぐった先の横断歩道で道路を渡り,さらに1号線を少し進んだ右手に正覚寺(西山浄土宗)があります。亀足山と号し,永享6年(1434年)に東郷町の祐福寺の四世が創建しました。江戸時代に裁断橋にかかると北に本堂のいらかが仰ぎ見られたといいます。慶長6年(1601年)に全焼しましたが,同17年に殿堂を再建し,7つの塔頭を有しました。慶長13年(1608年)には日蓮宗と宗論を行い,その際の資料や仏画などを所蔵しています。昭和20年(1945年)の戦災により,土蔵を残して焼失し,国道1号線の拡張で北に40m移動しました。

ゴール:地下鉄・伝馬町駅



 そのまま100m強歩くと,ゴールの地下鉄名城線・伝馬町駅の2番出口に到着します。ここから名城線の右回りを利用して栄まで13分,金山までは約6分でいくことができます。

写真使用数:29

←前:熱田神宮コース / 名古屋市熱田区 / 次:熱田新田コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>