本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市瑞穂区:山崎川北コースYAMAZAKI RIVER NORTH

2015年2月探訪。2016年1月11日作成

【コース】 距離:約5.5km
 瑞穂区北東部の塩付街道と山崎川周辺をめぐります。塩付街道沿いのお地蔵さまや山崎川の桜,東山荘など古い別荘地の建物も楽しめます。

地下鉄・瑞穂区役所駅〜名古屋女子大学〜村上神社〜山崎川沿い〜名古屋市立大学薬学部〜梅雲寺〜善進寺〜暮雨巷〜正及神社〜東山荘〜塩付街道〜東栄八幡社〜名古屋市博物館〜馬頭観音〜川澄地蔵〜みや道地蔵〜地下鉄・桜山駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:地下鉄・瑞穂区役所駅

 今回は地下鉄桜通線の瑞穂区役所駅がスタート駅です。名古屋駅からの所要時間は18分で,土曜・休日は10分間隔で運転されています。瑞穂区役所駅の2番出口を出てスタートします。

名古屋女子大学
汐路町3-40 [公式HP(外部リンク)→]



 2番出口を出て右に進み,「瑞穂区役所前」交差点を右折して,400mほど進むと,右手に名古屋女子大学があります。大正4年(1915年)に開校した名古屋女学校を前身としており,大学は昭和39年(1964年)に開設されました。入り口の右側には越原記念館があり,学園の教育活動や歴史などが展示されています。

塩付街道



 名古屋女子大学の先,「汐路町2」交差点の1つ先の筋を右に曲がります。この曲がった筋が塩付街道に当たります。南区の本星崎付近で取れた塩を運ぶために,飯田街道まで南北に伸びている道で,飯田街道を経由して長野方面に向けて塩が運ばれました。街道沿いには昔ながらのお地蔵さんなどが多く残っています。瑞穂区内の塩付街道の史跡を後ほど訪れます。

村上神社
村上町2-3-2



 塩付街道を進んで2本目の筋を左に進むと,少し先の左手に村上神社があります。創建は不詳ですが,おどり山古墳という古墳の上に神社が設けられています。古墳は高さが3.6m,直径40mの5世紀後半の円墳といい,現在は削り取られていますが,北側からは須恵器が出土しています。おどり山の語源は,神の送り場から来ているといい,天保年間(1830〜44)には,今は瑞穂通4丁目にある眞好天神社が祀られていました。明治2年(1869年)に遷座したのちに,地元の人々により村上神社がまつられました。村上の地名の由来は,この付近を寛文6年(1666年)に開拓した村上治兵衛によるといいます。

山崎川四季の道
大殿町4-1 など







 そのまま約150m進んだ突当りを右折すると,約100m先で左手から山崎川沿いの道が合流してきます。この付近は山崎川四季の道といい,川沿いに桜並木が続き,市内屈指の桜の名所として知られ,日本さくら名所100選にも選ばれています。そのまま100mほど進むと鼎小橋があります。木造の人道橋で,桜の時期はここからの眺めが秀逸です。橋の名前の由来は,この西にあったという灌がい用の池である鼎池で,「尾張名所図会」に萩の名所として描かれ,現在も萩山町という地名になっています。

名古屋市立大学薬学部
田辺通3-1 [公式HP(外部リンク)→]



 鼎小橋を渡った先には,名古屋市立大学田辺通キャンパス(薬学部)があります。境内には教育のための薬用植物園があり,草本約300種,木本約70種の薬草が栽培されています。中の薬草蔵[市文化]は享保4年(1719年)から尾張藩医を務めた高橋家(東区上堅杉町)の屋敷内に造られたもので,薬草蔵という特殊な目的のために換気に注意した板倉造りとして,全国でも類例の少ない珍しいもので,名古屋市の指定文化財になっています。年数回の公開日のみ大学のガイド付きで公開されています。

梅雲寺
松栄町2-99



 山崎川を左に見ながら北に進み,次の筋を右折し,さらに次も右折して約300m,「市大薬学部前」交差点を越えて進むと,左手のビルの裏手に梅雲寺(曹洞宗)があります。藤原山と号し,元和9年(1623年)に開山したといいます。寺の鎮守である出生弘法大師と,大山身代不動明王が祀られており,境内の左手には白武稲荷大明神があって,それぞれの御利益をもたらしてくれるといいます。

善進寺
陽明町2-15



 梅雲寺の前から西に戻り,1つ目の筋を右折して北に進むと,150mほどで右手に善進寺(日蓮宗)があります。開道山と号し,明治2年(1869年)に千葉県市川市の日蓮宗大本山法華経寺内の善進坊をこの地に移して創建されました。かつてはすり鉢を頭にかぶせて上からお灸をすえるという「すりばち灸」があり,頭痛に効果があったといわれましたが,現在は行われていません。本堂北の庭には切利支丹燈籠と思われる燈籠がありますが,詳細についてはよくわかってないといいます。

暮雨巷
陽明町2-4



 善進寺からさらに北上し,2本目を左折すると右手に暮雨巷の碑のある建物があります。目の前に見える建物は,元東海銀行(現,三菱東京UFJ銀行)の迎賓館として使われていた近代的なものですが,西半分には庭園として保存されており,暮雨巷[県文化]などの建物が保存されています。暮雨巷は元々中区大須4丁目にあった尾張藩士の野崎家の別邸龍門園に建てられていたもので,その後宝暦13年(1763年)に名古屋随一の俳人として知られる久村暁台が買い取り,修理を加えて自分の俳号から暮雨亭と名づけました。その後,暮雨亭では与謝蕪村,横井也有などの俳人が集まり,論を交わしたといいます。天明6年(1786年)以降は持ち主が色々と変わりますが,大正10年(1921年)に繊維問屋の中村貫之助によって現在地に移され,昭和22年(1947年)に当時の東海銀行が譲り受け,暮雨巷としました。尾張の俳人の住宅遺構として貴重なもので,第2・3水曜日に予約制で見ることができるといいます。隣接して大正期に中村貫之助が建てた茶室がありますが,こちらの由緒はよくわかっていません。

正及神社
田辺通2-2-2





 左折する前のところに戻り,さらに北上して進むと50m強で正及神社があります。享保元年(1716年)の建立という古い歴史を持ち,祭神は徳川家康で,尾張藩主継友から日光東照宮の新宮の勧請を命じられて社殿が創建されました。昭和7年(1932年)に区画整理で幹線道路が通ることから本殿と参道が東向きに直されました。その後,昭和30年代には社格が9等級となり,名古屋市内では家康を祭神とする神社では,中区丸ノ内の東照宮に次ぐ格式となりました。現在は昭和59年(1984年)に造られた鉄筋コンクリートの新拝殿が建っています。

東山(とうざん)荘
初日町2-3 [公式HP(外部リンク)→]







 正及神社の先を左折し,そのまま田辺通に進んで左折し,先の「田辺通2」交差点を右折し,さらに次の筋を右折すると,やがて右手に東山荘[国登録]の入り口が見えてきます。東山荘は中区鉄炮町に店を構えた綿布商伊東信一の別荘で,大正元年(1912年)から順次建造されました。当時この瑞穂区の東部丘陵は京都に習って東山と呼ばれ,この別荘は当時,東山一の邸宅と呼ばれました。昭和11年(1936年)に名古屋市に寄贈され,一時期は市長公舎となったこともありましたが,現在は整備されて公開されています。正門は入母屋茅葺の趣深いもの,庭園は坪庭や路地を組み合わせて見事に調和させており,自由に散策できます。建物も和様に洋室を組み合わせて調和させているのが特徴で,東丘庵,西仰庵という2つの茶室を持ちます。仰西庵の西の滝上には清雪庵という茶席がありましたが,昭和23年(1948年)に熱田神宮に寄進されました。



 東山荘の先の突当りを右折し,さらに下った先の突当りを右折すると,やがて山崎川に合流します。山崎川の橋を渡った先を左折して進みます。この付近も春には川沿いの桜の木が彩られ,多くの花見客で賑わいます。



 川沿いを200m強進んだ石川橋を右折して進むと,この通りも桜並木が続きます。ぜひ春に訪れたい地域です。

東栄八幡社
東栄町5-18-4



 桜並木を進んで「汐路町2」の1つ手前の筋を右折します。この筋は塩付街道に当たり,かつて街道沿いに立っていたという名残の松が残されています。



 そのまま直進して,先の信号から道なりに北に進み,次の筋を左折します。すると約200m先の右手に東栄八幡社があります。創建は不詳ですが,「尾張徇行記」には熱田社家粟田宮部太夫の支配とあり,一反十二歩の境内があったといいます。この付近は,本願寺村から独立して本願寺外新田といい,新田に15軒の人家があったことから,十五軒家の地名ができたといいます。



 東栄八幡社の入り口の先を右折すると,少し先の左手に馬頭観音があります。元々塩付街道沿いに祀られていたもので,街道を行き交う人々と馬の安全を願って建立されたものです。馬頭観音のそばには「馬接待水」があって,馬の休憩所が設けられていたようです。観音の奥には東栄寺(真言宗豊山派)があり,そこが管理しているようです。もとは藤成新田の方にあって幾度となく移転し,現在地に移されたといいます。

名古屋市博物館 [有料施設]
瑞穂通1-27-1 [公式HP(外部リンク)→]



 馬頭観音の先を左折して,約200m進むと環状線に突き当たります。ここを右折して約200m進むと,右手に名古屋市博物館の建物が見えてきます。昭和52年(1977年)に名古屋市の人口が200万人を突破したことを記念して作られた名古屋を中心とした歴史・文化を展示した総合博物館で,館蔵品や資料は22万点以上を誇り,金地著色秋草鶉図六曲屏風,太刀銘国泰[ともに国重文]など工芸・書跡・考古資料など国,県,市の指定文化財を多数有しており,寄託品なども含めて多くの文化財に触れることができます。2階の常設展「尾張の歴史」では,名古屋ばかりでなく尾張地方の原始から現代までの歴史を概観できるほか,映像コーナーも設けられておりAVも含めた様々な資料に触れることができます。1階の特別展示室では,期間を区切って様々な特別展が行われ,多くの人々で賑わいます。3階にはギャラリーも設けられ,市民の発表の場になっています。

塩付街道沿いのお地蔵さん



 名古屋市博物館の南側の道を東に進みます。博物館の奥にある瑞穂図書館からさらに東に進み,3つ目の交差点を左折します。この南北の通りが塩付街道で,ここを北上していきます。約50m進んだ享栄高校の西側のところの左手に馬頭観音があります。これも塩付街道を行き交う人々を見守っていたお地蔵さんになります。



 さらに塩付街道を300m弱進むと,名古屋市立大学の東側道路の右手に川澄地蔵の地蔵堂があります。碑文に「川澄地蔵・・寛文7年(1667年)」とあります。地蔵とともに馬頭観音がまつられ,これも塩付街道沿いに設けられたものです。元は市大病院の正門付近にあったといいます。



 さらに北に150m強進んだ左手にはみや道地蔵があります。この地蔵は熱田神宮の宮参りの際の道しるべとして設置されたもので,「右みやみち,左なるみみち」とお地蔵さんに刻まれています。地蔵の堂の前には昔の道標も保存されており,「右あつたみち,左なるみみち」とあります。

ゴール:地下鉄・桜山駅

 みや道地蔵から先に進むと昭和区に入り,八熊通に突き当たります。ここを左折して約300m進むと,ゴールの地下鉄桜通線の桜山駅に到着です。桜通線を利用して名古屋駅まで所要時間は17分です。

写真使用数:24

←前:堀田コース / 名古屋市瑞穂区 / 次:山崎川南コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>