本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市南区:見晴台コースMIHARASHIDAI

2015年1月探訪。2016年1月31日作成

【コース】 距離:約4.8km
 区北東部の春日野・桜・菊住の各学区をめぐります。見晴台遺跡などの遺跡や鳥栖地区の神社が設けられた古墳など,古い史跡をめぐります。

名鉄・本笠寺駅〜見晴台考古資料館〜桜田八幡社〜村上社(クスノキ)〜鳥栖八剱社〜成道寺〜鳥栖神明社〜医王寺〜秋葉神社〜イオンモール新瑞橋〜地下鉄・新瑞橋駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄・本笠寺駅



 今回のスタートは,名鉄名古屋本線の本笠寺駅です。普通列車のみの停車で,金山駅からは約10分,名鉄名古屋駅からは約15分の所要時間です。駅から出て東に進んでいきます。

見晴台考古資料館
見晴台47 [公式HP(外部リンク)→]



 出口を出て100m弱進んで,環状線に突き当たったら右折して,先の「笠寺西門北」交差点を右折します。そのまま約350m進むと左手に常唱寺(日蓮宗)があります。



 寺の少し先の右手に笠寺公園があります。面積約3ha,標高10〜15m余りの見晴台と呼ばれる台地に設けられた公園で,名前の通り東方,南方の景色がよい公園で,かつては年魚市(あゆち)潟という海に面していたといいます。昭和16年(1941年)に初めて銅鐸型土製品が発見されたことから注目され,その後弥生〜古墳時代にかけての集落跡が見つかり,土器や貝・骨などの遺物が発見されました。また,この時期に造られたとみられる濠が見つかり,地形が昔のまま残っていることから集落の様子がよくわかるという点で貴重だそうです。鎌倉〜室町時代は隣接する笠寺観音の寺地になり,寺院の関係者の住居跡があったといい,陶器片や溝跡などこの時期の遺物も見つかっています。



 公園内には見晴台考古資料館があります。昭和54年(1979年)に設けられ,見晴台遺跡をはじめ市内の遺跡の発掘調査の成果や,出土品などが展示されています。また昭和39年(1964年)以降行われている人気の市民発掘会をはじめ,市民参加が可能な講座やイベントも積極的に開催されています。



 また,南西側に住居跡観察館が併設されており,弥生時代の住居跡が見られるほか,住宅が復元されています。



 住居跡観察館の南には高射砲の台車が残されています。この付近は戦前,飛行機などの軍需工場などが設けられ,それらを守るために設けられたもので,現在も台座が残っています。

桜田八幡社(桜田貝塚跡)
呼続町八幡西14





 笠寺公園から出て,さらに道なりに200m強進むと,左手に桜田八幡社(創建は不詳)があります。ここにあったという桜田貝塚は弥生時代から古墳時代にかけての遺跡で,弥生後期に掘られたV字の濠に囲まれた場所にあります。ここで見つかった弥生時代後期の魚形土器[市文化]は,胴の部分が魚の形をした全国的にも珍しいもので,この付近で弥生時代に漁業が営まれたことを示しています。その他にも磨製石剣や弥生土器も見つかり,古墳時代の土器も見つかっていることから,長期の集落が営まれたと考えられています。この付近は先ほどの見晴台遺跡をはじめ,西に春日野町遺跡など古くからの集落跡が見つかっています。



 境内には,桜田勝景址の碑と万葉歌碑があります。万葉集に大宝2年(702年)に持統天皇が三河に訪れる際に,一緒に訪れた高市黒人(たかちのくろひと)によって「桜田へ鶴(たづ)鳴き渡るあゆち潟汐干にけらした鶴鳴き渡る」と詠まれた桜田勝景の場所がここであったといいます。



 この他に境内には桜の棒の手[県民俗]の保存記念碑があります。記念碑によれば源義経が始めた棒術が尾張に伝わり,それが神影流棒の手として桜の地に伝わって受け継がれているといいます。木刀や棒などを使う表型と槍や刀・長刀などを使う裏型のそれぞれ34種類からなり,お祭りなど行事の際に行われています。

村上社
楠町17



 桜田八幡社から先に北に進み信号を越えた次の筋を右折し,100mほど先の突当りを左折したところに村上社があります。八幡社の末社といい,桜村で古くから信仰されてきました。境内には樹齢1000年というクスノキ[市天然]があり,樹高が約20m,幹回りが約10.8mにもおよび,市内では熱田神宮のクスノキに続く巨大なものです。昔は古鳴海と桜を結ぶ船が運航する際の目印になっていたと伝わっています。村上社には過去は大蛇が住んでいて,人々に悪さを働いていたが,鳴海の蛤地蔵が蛤を投げて大蛇の目をつぶして退治したといわれ,その後大蛇の形をつくってまつったといわれます。境内は桜田八幡社の項で述べた高市黒人の桜田の歌碑があります。

鳥栖(とりす)八剱社
鳥栖2-20-29





 村上社の先の突当りを左折し,続く筋を右折して北に300m強,東海通を越えて進み,突当りを右折して,続く筋を左折し,さらに突当りを左折すると右手に鳥栖八剱社があります。この地にあった鳥栖八剱社古墳の上に設けられた神社で,和銅元年(708年)の創建といいます。古墳は直径が約45m,高さが約5mの前方部が小さい帆立貝式の前方後円墳で,南区で最大の大きさを誇り,その特徴から5世紀前半に尾張に君臨した豪族の墓と考えられています。この地は笠寺台地の東端にあり,昔の鳴海潟を望むことができる展望地でした。和銅元年(708年)に,新羅の僧の道行が熱田神宮の神剣の草薙剣を盗み去り,帝にこのことを知られないように新しい神剣を作るよう鍛冶屋に命じたといいます。その際に完成した剣をこの地で37日間修祓(しゅうふつ)して熱田神宮に奉納したと伝わっています。

成道寺
鳥栖2-15-22





 鳥栖八剱社の先の五さ路を右奥方向に進んだ少し先に成道寺(曹洞宗)があります。芳樹山と号し,熱田円通寺の末寺で,境内は鳥栖城という城跡だったといい,高台に寺が設けられています。鳥栖城の城主は成田氏と伝わり,長享2年(1488年)に笠覆寺に寄進をしたと記録に残されています。



 境内の小祠には,かつて墓地にあった成田氏の墓碑と伝えられる坐像と立像の2体の石仏があり,うち立像には「鳥住(現在の鳥栖のことか)伝心浄本菴主」「永正十二年(1515年)乙亥正月十二日」と刻まれています。これは紀年銘のある石仏としては市内最古のものとなっています。坐像の台座には「慶林大姉」とあります。



 成道寺から約150m進んだ3つ目の交差点を左折したところに鳥栖のヒイラギがあります。高さ7m,枝張は東西7m,南北8mに及び,市内でも最大級のヒイラギになります。縁起物の木として知られ,この地域を昔から見守り続けてきました。

鳥栖神明社
鳥栖1-18-10



 左折前に戻り,左折して西に100強進んだ2つ目の筋を左折し,続く筋を右折すると鳥栖神明社があります。明和8年(1771年)に鳥栖神明社古墳と言われる古墳上に設けられ,境内には樹齢300年以上の松やソヨゴ,樹高20mに及ぶクロガネモチがあり歴史を感じさせます。鳥栖神明社古墳は,直径約30m,高さ3.5mの円墳で,古くは大塚と呼ばれていました。築造年代はよくわかっていませんが,後期の古墳と考えられています。

医王寺
鳥栖1-6-24



 鳥栖神明社から東に戻って突当りを左折し,100mほど進んだ2本目の筋を右折すると,約100mで左手に医王寺(曹洞宗)があります。大雲山と号し,天正2年(1574年)の創建といい,熱田円通寺の末寺です。戦国時代には新屋敷西城という城があったといい,城主は山口新太郎とも,姉川の合戦に参戦した山口左馬允明長とも言われています。本尊は薬師如来で,合戦に参加した兵士の傷を癒したともいい,東海49薬師霊場の第32番札所に指定されています。本堂は昭和60年(1985年)に建立された総ひのき造りの特徴的な建物です。

秋葉神社
駈上1-6-6



 医王寺の左側の道を進んで100m先の信号を渡り,さらに200mほど進んだ5本目の薬局のある交差点を左折し,続く交差点を右折すると,50m強先に菊住コミュニティセンターがあります。平成19年(2007年)にできたばかりの新しい施設です。



 さらに150mほど進むと,左手に秋葉神社があります。熱田の神と秋葉神がまつられており,地域のお祭の際は多くの人で賑わうといいます。

イオンモール新瑞橋
菊住1-7-10 [公式HP(外部リンク)→]



 秋葉神社の先を左に曲がり,100m強進んだ次の十字路を左折し,200m強進んだ「駈上一」交差点を渡って左折した先にイオンモール新瑞橋があります。平成17年(2005年)に閉鎖した住友電気工業の工場跡地を利用して,平成22年(2010年)に開業したショッピングモールです。イオンの新瑞橋店のほかにファッションやレストランなど約130ものお店が入り,多くの買い物客で賑わっています。色々なお店に立ち寄っても楽しいです。

ゴール:地下鉄・新瑞橋駅



 イオンモール新瑞橋から環状線を北に200mほど進み,「新瑞橋」交差点を左折するとゴールの新瑞橋駅の8番出口に到着します。桜通線と名城線の2線が利用でき,名古屋駅まで桜通線で21分,金山駅まで名城線で10分です。

写真使用数:23

←前:東海道コース / 名古屋市南区 / 次:星崎コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>