本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市南区:大江・柴田コースOE & SHIBATA

2015年2月探訪。2016年1月24日作成

【コース】 距離:約9.4km
 区南西部の柴田・白水・千鳥・宝南・宝・大生の各学区をめぐります。新田開発からの神社や伊勢湾台風関連の史跡をめぐります。

名鉄・柴田駅〜櫻ノ宮龍神〜柴田稲荷神社〜三吉稲荷社〜須佐之男社〜大泉寺〜愛と力の筏像〜大江新田・神明社〜宝生新田・神明社〜神松地蔵堂〜大江川緑地〜くつ塚〜又兵衛新田稲荷社〜日本ガイシスポーツプラザ〜JR・笠寺駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄・柴田駅



 スタートは,名鉄常滑線の柴田駅です。普通列車のみの停車ですが,途中の大江駅で急行または準急から普通に乗り換えができます。急行・準急利用の乗り換えで金山から約15分,普通列車の利用で約20分です。柴田駅の東側の出口を出てスタートです。

母子像
柴田町5-23



 柴田駅を出て1つ目の郵便局の手前の十字路を右折し,続く交差点を右折します。すると,少し先の右手に柴田町内会館があり,その前に伊勢湾台風殉難者慰霊像である母子像があります。昭和35年(1960年)に建てられたもので,台座には伊勢湾台風で亡くなった926人の名前が刻まれ,台風の慰霊祭が行われています。奥には弘法堂があり,地域の交流の場にもなっていました。

櫻ノ宮龍神
元柴田西町2



 名鉄の線路をくぐってそのまま約350m西に進むと,柴田水処理センターがあり,修景施設のみどりの清流苑があり,広々とした公園が見えます。



 その手前の筋を左折して50mほど進むと櫻ノ宮龍神があります。柴田新田の守護神の稲荷神社の末社で,龍のうろこが御祭神と言われています。春には桜を見に人々が集まるといいます。柴田新田は宝暦6年(1756年)に名古屋納屋町(現中村区)の柴田屋新兵衛が開拓し,当初は柴田屋新田といいましたが,天明5年(1785年)に改められたといいます。

柴田稲荷神社
鳴尾町八ノ割



 進んで道なりに左に曲がった先の十字路を右折すると,すぐ天白川に突き当たります。この天白川の南はもう東海市に当たります。



 そのまま300m強川沿いに進んで,名鉄常滑線の線路を越えた先の左手に柴田稲荷神社があります。柴田屋新兵衛が開発した北柴田新田の人々の守護神として宝暦6年(1756年)に建てられました。天白川をはさんで南側の東海市の南柴田新田と同時期に開発され,天白川の底を通して水を送る伏越が作られ,名鉄の複線化工事の際にその一部と考えられるヒノキ材が見つかっています。

須佐之男社
源兵衛町5-1385





 先の国道247号線を左折して250m進み,国道を渡って再び250m戻って天白川の手前を左に曲がって川沿いに進みます。100mほど進んだ右手の天白川の堤防上に三吉稲荷社があります。源兵衛新田の西に開発時にまつられ,東には青峰山観音もあります。



 約300m先の左手にある階段を降りて路地を進み,次の筋を右に曲がります。さらに400mほど進んだ左手に須佐之男神社があります。この付近の源兵衛新田は,大高村(現緑区)の山口源兵衛が宝永3年(1706年)に開拓されました。23戸,107人が入植したと伝えられています。その際に新田の守護神として津島神社から勧請して建てられたのがこの須佐之男神社で,開墾当時に記念にイチョウが植樹されて現在も大きな枝を伸ばしています。本殿左には新田の村人による重さ90kgの力石があります。

大泉寺
天白町1-20-3





 須佐之男社の先の筋を左折し,100m進んだ名南中学校の突当りを右折して,150mほど進むと,右手に大泉寺(曹洞宗)があります。境内には昭和34年(1959年)の伊勢湾台風による犠牲者を追悼するための「伊勢湾台風殉難者追悼の碑」が建てられています。南区南東部のこの付近は伊勢湾台風で最も大きな被害を受けた地域の一つで,それをしのぶものがたくさん残されています。



 戻って1つ目の信号を右折し,約200m進んで2つ目の十字路を左折すると,50mほど先の右手に千鳥神社があります。千鳥地区に3つある神社の1つです。





 千鳥神社の先の筋を右折して300m弱,県道36号線を越えて進み,突当りを左折します。ここから700mほどせせらぎ水路と呼ばれる用水路横の遊歩道を進みます。元々は大江新田と丹後江新田の潮抜き用の水路で,海に近い西側にはタイやセイゴの養殖場もあったといいます。その後,大同排水路となり,昭和58年(1983年)に改修整備が行われ,その後平成14年から16年にかけてより歩きやすいように改良工事が行われました。

大同大学大同高等学校
大同町2-21 [公式HP(外部リンク)→]



 せせらぎ水路を国道247号線に突き当たるまで進みます。国道を右折して,先の歩道橋を渡って100m先の「大同町3」交差点を左折して少し進むと,大同高校のグランド前に愛と力の筏像があります。昭和34年(1959年)に伊勢湾台風がこの付近を襲ったとき,大同高校の本館には約2000人が集まり,避難場所となりました。同校の生徒たちは手作りで筏を作り,人命救助や物資の輸送などに活躍しました。その時の功労を後世に伝えるために建てられたのがこの像になります。この付近は約3mも浸水したといい,像の筏がその高さになっています。



 さらに先に進むと,名鉄の大同町駅があります。平成18年(2006年)に高架化され,乗降客が多い駅ということで,その後準急が停車するようになりました。



 駅の手前の筋を右に曲がって進むと,突当りに大同大学大同高等学校があります。大同製鋼(現,大同特殊鋼)の社長の下出氏が,昭和14年(1939年)に設立したもので,その後昭和39年(1964年)には大学も作られました。平成10年(1998年)に共学化されて現在に至ります。

大江新田・神明社
大同町1



 大同大学大同高等学校の左側を進み,次の100m先の筋を右折して少し進むと,右手に稲荷社があります。享保年間(1716〜35)に創建されたといい,秋葉社,熱田社が境内社としてあります。その後,この付近は繰出新田として宝暦7年(1757年)から開発が始められました。





 右折する前に戻り,そのまま北に少し進むと大江新田の神明社があります。大江新田が開発された享和4年(1804年)の勧請といいます。大江新田は菱屋太郎兵衛により開発され,その後文化14年(1817年)には石町(現中区および東区)の善右衛門が譲り受けて俊広新田と改名したといいます。境内には,明治40年(1907年)に名古屋周辺で海苔の養殖を始めた笠寺村の阿知輪兼吉の碑があります。その後「あゆち海苔」「愛知海苔」の名称で知られるようになり,南区の代表産業の1つになりましたが,昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で大きな被害を受け,その後の整備事業で養殖場が失われました。

宝生新田・神明社
宝生町3-120



 神明社から先に進んで大江川緑道に突き当たったら右折し,続いて左に曲がって緑道を通り抜けて,出たら右折して続いて左折して宝生公園の右側を進んでいきます。



 200mほど進むと左手に宝生新田の神明社があります。宝生新田は寛政5年(1793年)に開拓され,開発者は不詳ですが,神明社の由来碑に成田儀兵衛とあります。天保12年(1841年)の新田図では北から笠寺村,本地村,南野村の分に三分されていたことが伝わっています。神明社は宝生新田の安全を願って安政年間(1854〜60)に創建されたといい,かつては南東の港東橋交差点付近にありましたが,道路整備で昭和16年(1941年)に現在地に移されました。

神松地蔵堂
神松町1-24先



 神明社の先の十字路を右折し,国道247号線に突き当たったら横断歩道を渡って右折します。そのまま150mほど先の1つ目の筋を左折し,約300m進むと右手に神松地蔵堂があります。中には地蔵菩薩が祀られ,年2回供養が行われます。江戸時代の水袋新田の絵図に加霊松神社が鎮守社としてあり,元はここに祀られていたと考えられ,その後大江川の堤防上の地蔵堂に祀られましたが,昭和18年(1943年)の大江川の改修工事の際に現在地に移されました。水袋新田は,東の本地村の矢次右衛門が願い出て,享保10年(1725年)に着工し,延享2年(1745年)に年貢高が確定しました。

大江川緑地
元塩町1





 地蔵堂から100m強進んだ突当りを右折すると,すぐに大江川緑地があります。緑地に入って左に曲がり,緑地を進んでいきます。かつて流れていた大江川は,元々は水がきれいで地域の人々の憩いの場でしたが,工場や家庭の汚水による汚染が進んだため昭和48年(1973年)に埋め立てられました。そのあと昭和55年(1980年)に整備が完了したこの緑地は,全長1.8kmを誇り,南区で最大の面積の緑地になっています。中には約7万5000本の樹木が植えられたほか,人工の川やサイクリングコースなどが整備され,地域の人々の憩いの場となっています。



 緑地を約700m東へ国道23号線をくぐって進みます。

くつ塚
浜田町3-102



 国道23号線をくぐった次の筋で緑地を出て,先の元塩公園を抜けてそのまま約250m進むと右手に浜田南公園があります。公園内にはくつ塚と言われる「伊勢湾台風殉難者慰霊之碑」があります。昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で大きな被害があったこの付近は濁流にのみこまれた多くの人々の靴などが散乱していました。それらを集めて花や線香を供えたのがくつ塚の始まりといい,翌年に慰霊の碑が建てられました。碑の横には伊勢湾台風の説明板も設けられ,過去の災害を今に伝えています。

又兵衛新田・稲荷神社
東又兵ヱ町4



 直進して250mほど進み,貨物線をくぐった2本目の筋を左折し,先の「浜田町」を右折して国道23号線を約400m進み「北頭」交差点を左折して,100m弱進んだ1本目の筋を右折したところに又兵衛新田の稲荷神社があります。正徳5年(1715年)に又兵衛新田が開発された際に創建されました。又兵衛新田は,笠寺村の土豪加藤又兵衛と26人の同志によって開拓されたといい,その後,寛延2年(1749年)にはこの西に又兵衛新新田が開発されました。加藤又兵衛の屋敷跡は北の山崎川付近といい,屋敷の一部は又兵衛屋敷として熱田神宮に移築・保存されています。

日本ガイシスポーツプラザ
東又兵ヱ町5-1-16 [公式HP(外部リンク)→]



 「北頭」交差点に戻り,そのまま東へ250mほど進んだ「ガイシプラザ南」交差点を左折して進むと,日本ガイシスポーツプラザの施設群に到着します。正式名称は名古屋市総合体育館といい,昭和62年(1987年)に開館して当初はレインボーホール,レインボープールなどと各施設が呼称されていました。平成19年(2007年)に日本ガイシが命名権を獲得し,現在の名前になりました。進んですぐ左手には,日本ガイシアリーナがあり,飛び込み・競泳プールやスケートリンク(冬季)があります。



 先に進んで「名古屋南高校東」交差点を右折し,階段を上がったところには日本ガイシホールがあります。面積3,464平方メートルを誇り,最大収容人数1万人の施設で,各種スポーツイベントのほかにアーティストのコンサートも頻繁に開催され,イベント時には多くの人で賑わいます。



 その先には日本ガイシフォーラムがあり,レセプションホールやイベントルームがあってイベントや集会などが行われます。

ゴール:JR・笠寺駅



 そのまま歩道橋を進むと,ゴールのJR東海道線の笠寺駅の西口に到着します。休日はガイシホールのイベントで混雑する場合があるので注意が必要です。東海道線の普通列車で,金山まで6分,名古屋まで10分で行くことができ,日中は15分間隔で運転されていて便利なアクセスになっています。

写真使用数:32

←前:豊田・道徳コース / 名古屋市南区 / 次:東海道コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>