本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市緑区:大高東コースODAKA EAST

2015年2月探訪。2016年4月2日作成

【コース】 距離:約7.6km
 大高駅から大高地区の東側の社寺や桶狭間の戦いの砦跡,豊かな自然を楽しむことができる大高緑地をめぐり,自然と文化を楽しむコースです。

JR・大高駅〜鳴海八幡宮〜明忠院〜鷲津砦跡〜長寿寺〜神明社〜丸根砦跡〜山神社〜大高緑地〜諏訪社〜名鉄・左京山駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR・大高駅



 今回のスタートは,JR東海道線の大高駅です。普通列車のみの停車で,金山駅から約10分,名古屋駅からは約15分です。日中はおよそ15分間隔での運転になります。大高駅は明治19年(1886年)に熱田〜武豊間の鉄道が県内で最初に開通して以来の長い歴史を有する駅で,昭和53年(1978年)に高架化されました。

鳴海八幡宮
鳴海町前之輪49





 駅の西口に出て右に進んで,北にある通路を通って高架下をくぐり線路の東側に出ます。その先右手の信号を左折して,100mほど先の「中屋敷」を右折し,約150m先の十字路を越えた先の分岐を左方向の細い道に入り,次の分岐を右に進んで150mほど進むと鳴海八幡宮があります。創建は不詳ですが,前之庵と呼ばれた鳴海村の枝郷に設けられた成海神社の分社と考えられています。江戸時代には尾張藩主が参拝したという記録が残されています。江戸中期の元禄13年(1700年)に祭礼論争が起きて裏方の成海神社と表方の鳴海八幡宮とに分かれ,競うかのように華やかな祭りになったといいます。鳴海表方祭は毎年10月に行われ,豪華な山車彫刻やからくり人形などが特徴的な作町・根古屋・本町・相原町・中嶋町の山車[市民俗]が町内を練り歩くほか,猩々という架空の動物に扮したものが登場することで知られます。10もの末社を持ち,境内にはクスノキの大木もあるなど,古くからの様子を今に伝えています。白壁の社務所は旧鳴海町の役場庁舎(明治36年建築)を移したものといいます。

明忠院
大高町鷲津5





 県道から左の細い路地に入った交差点まで戻り,左折して100m弱南下し,突当りを右折すると,少し先に明忠院(曹洞宗)の裏参道が見えてきます。孝養山と号し,天正元年(1573年)に鷲津山領主だった山口海老之丞が父母の供養のために創建したといい,元は鷲津山付近にあって,明忠庵と称する真言宗の寺院で大伽藍を誇っていましたが,その後兵火で廃寺同様になっていたといいます。元和5年(1619年)に山口一族が春江院の善庵和尚を中興開山として曹洞宗に改宗し,享保17年(1732年)に現在地に移されました。境内は樹齢200年といわれるクスノキやマツが茂るほか,高さ15mに及ぶイブキが茂っていることでも知られます。本尊は珍しい金銅仏の釈迦如来で,その他に弘法大師作と伝わり山口海老之丞の護持仏とも伝わる子守地蔵尊,奈良信貴山から勧請したという毘沙門天像があり,裏参道には青峰山観音があります。





 先代の住職が大正10年(1921年)に県下で初めて保育施設を設けたことで知られ,「愛知の保育此処に始まる」と刻まれた碑が立てられています。

鷲津砦跡
大高町鷲津山





 明忠院の境内を抜けて表側の出口から出て,降りたすぐ左手の筋に進んで約100m先の突当りを左折すると,少し先の右手に鷲津砦跡[国史跡]の入り口があります。永禄2年(1559年)に織田信長が今川氏の支配下だった大高城に対抗するために丸根砦とともに設けた砦で,標高35mの見晴らしのよい鷲津山に設けられました。永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの際には,飯尾定宗とその子信宗,織田玄蕃らが立てこもりましたが,今川方の朝比奈泰能らに攻められて全滅させられたと伝わります。





 現在は国の史跡に指定され,砦の周辺は鷲津砦公園として地元の公園になっています。また,鷲津山の林叢は昔から残る貴重な自然となっています。

長寿寺(知多四国87番)
大高町鷲津山13







 鷲津砦跡から戻って西方向に坂を下って100m強進み,県道に出たら左折して200m弱進むと左手に長寿寺(臨済宗永源寺派)があります。鷲頭山と号し,創建年代は不詳で,当初は長祐寺と称する真言宗の寺院でしたが,永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの際に兵火で焼失しました。その後江戸時代になって,尾張藩家老で大高を支配した志水忠継の母長寿院元操尼が,黄檗宗への信仰が篤かったことから,寛文7年(1667年)の臨終の際にこの地に寺を建立し自身の像を安置するよう遺命を残しました。そこで延宝8年(1680年)に尾張藩主の光友から寺領などの援助を受け,天和2年(1682年)に宇治万福寺にならった伽藍が建立され,越伝を中興開山として黄檗宗に改宗され,寺号も元操尼の法名にちなんで長寿寺とされました。その後,元禄4年(1691年)に現在の宗派に改宗されました。本堂,庫裡は明治21年(1888年)の火災で焼失して明治31年(1898年)に再建されました。鐘楼門は大正元年(1912年)の台風で倒壊し,その後再建されましたが昭和20年(1945年)の空襲で全焼しました。現在の伽藍は昭和54年(1979年)に近代的な建築に造り替えられたもので,過去の趣とは異なっているようです。本尊の阿弥陀如来は,頭部は鎌倉期,首以下は平安期の作風で,寛文4年(1664年)に亀尾山安養寺(現在の中区那古野神社)から移されたものといい,他に薬師如来など数点の仏像があります。また,志水家の歴代の墓が設けられているほか,文化文政期(1804〜29)に寺が知多新四国87番札所に指定された際に設けられた弘法堂があります。



 他にかつて存在したという高蔵坊という僧がかわいがっていた狐を祀ったとされる高蔵坊稲荷や,丘の上にはこの地に西行庵という庵を結んだ茶人下村実栗の碑があります。
 長寿寺からJRの線路に沿って県道を南下します。この県道は名古屋から刈谷・高浜などを経て大浜(碧南市)までを結ぶ大浜街道で,かつては常滑街道から分岐していましたが,現在は鳴海町作町の旧東海道から分岐しています。

丸根砦跡
大高町丸根



 長寿寺から300mほど先,「西丸根」交差点の次の筋を左に進み,さらに50mほど進むと左手に神明社の入り口があります。延元年間(1336〜40)に伊勢に訪れこの地に居住していたという下村氏の氏神だったことから下村の神明社ともいわれ,寛文元年(1661年)に勧請されました。ある一族の氏神として祀られる社として,これほどの規模のものが残っているのは珍しいといいます。







 神明社の入り口から約50m先の右手には丸根砦跡[国史跡]の入り口があります。永禄2年(1559年)に鷲津砦とともに今川方になった大高城を包囲するために築かれた砦で,標高35mほどの鳴海の丘陵の先端に位置し,規模は東西36m,南北28mで周囲に堀をめぐらせていたといいます。永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの際には佐久間盛重らが守っていましたが,今川方の松平元康らの鉄砲を用いた攻撃により,砦は陥落したといいます。現在は山頂に丸根砦跡の碑と殉難烈士の碑が立てられています。





 丸根砦跡から県道に戻って,さらに少し南に進んだ右手に山神社があります。創建は不詳ですが山仕事や猟師の人々が安全を祈願して祀ったもので,祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)です。祠は鞘堂に覆われた珍しいものといいます。以前はうっそうとした社叢が広がっていましたが,新幹線の開通など,完全に開発されてしまいました。境内の小さな社叢やイヌマキの保存樹などがかつてのおもかげを残します。

大高緑地
鳴海町高山1-1 [公式HP(外部リンク→)]



 山神社から県道をさらに200mほど南下し,「砦前」交差点を過ぎた先の左手に大高緑地の入り口があります。敷地面積は100haを越える愛知県営の公園で,昭和38年(1963年)に開園して現在も拡張工事が続けられ,最終的には121.2haの敷地になる予定です。コースでは,この大高緑地を南から北に抜けていきます。
 入ってすぐのところにあるのは恐竜広場と児童園で,土曜休日などは特に子供連れで賑わっています。



 その先のウォーキングコースを左に進んで300mほど進むと趣深い竹林散策路があります。



 さらに200mほど進んだ癒しの森の先,第8駐車場の手前の筋を右折して,300m弱進むとドッグランがあり,ここの分岐を左に200mほど進むと左手に芝生広場と若草山という丘があり,展望台が設けられています。天気の良い日は広い芝生で思い思いに過ごす人々で賑わっています。







 ここから南へ進み,次のプールのところの分岐を左方向に進んだ先にはゴーカートやミニカーが楽しめる交通広場があり,子供が多くいます。この付近には管理事務所があり,大高緑地に関する問い合わせはここで行いましょう。





 第3駐車場方面に抜けてその先を右折し,大きく右に曲がった先の分岐を左方向に進んで上ると,さくらの園があり花を楽しめます。







 ここからテニスコートの左の道に入り,その先の第2駐車場のところを左折した先にはベビーゴルフ場と梅林があり,季節には梅まつりも行われ,さらに先には菖蒲園があります。



 ここから北に進んだ先には琵琶ヶ池があり,ボートを楽しむことができます。池の周辺は散策路になっており,楽しくウォーキングができます。池を右手に見ながら進んで北側に抜けていきましょう。大高公園は見所が多いので,自分が気に入った場所で思い思いの時間を過ごすのに適しています。

諏訪社
鳴海町諏訪山159





 大高緑地を北側から出て名鉄の線路の前の県道に付き合ったら左折して,200m先の「鳴海町平部」交差点を越えた先の筋を右折すると諏訪社があります。創建は不詳ですが,14世紀にこの地に瑞泉寺があった頃には存在していたといい,大きな樹木におおわれ,平部山の氏神として崇敬を受けていたといいます。現在の本殿は昭和11年(1936年)に造営されたもので,現在の社務所が旧本殿といいます。境内社に下諏訪社があり,長さ28mの弓道場が設けられています。

ゴール:名鉄・左京山駅

 「鳴海町平部」の交差点に戻り,国道1号線を東方向へ戻って約300m進み左折すると,すぐに名鉄名古屋本線の左京山駅に到着します。普通列車のみの停車で,鳴海で急行に乗り換えると金山駅まで15分,名古屋駅まで20分ほどで戻ることができます。

(プラスワン)イオンモール大高
南大高2-450 [公式HP(外部リンク→)]





 JR大高駅から東海道線に乗って豊橋・岡崎方面に1駅,平成21年(2009年)に開業したばかりの南大高駅で下車して西口を出るとすぐにイオンモール大高があります。平成20年(2008年)にオープンしたイオンモールで,当初からレジ袋の無料配布を行わないなど環境を意識した取り組みで知られます。イオンのほかに約210の専門店街があり,ゆっくりと買い物を楽しむことができるほか,映画館もあって多くの人で賑わっています。付近には名古屋南インターチェンジもあって交通が便利であり,広大な駐車場もありますがいつも込み合っています。時間があればゆっくり楽しみましょう。


写真使用数:37

←前:鳴海東コース / 名古屋市緑区 / 次:大高西コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>