本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名古屋市名東区:平和が丘コースHEIWAGAOKA

2018年2月探訪。2018年2月22日作成

【コース】 距離:約7.0km
 区西部を北上するコースです。新しい住宅街に設けられた新しい社寺を訪ね歩き,戦争と平和の資料館であるピースあいちを訪ねるコースです。

名古屋市バス・西山本通二丁目バス停〜毘沙門寺〜虹ヶ丘公園〜三徳龍神社〜伝光院〜瑞光寺〜ミン光院〜平和ヶ丘神社〜愛知東邦大学〜正敬寺〜八畝公園〜ピースあいち〜本成寺〜名東図書館〜名古屋市バス・名東図書館バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名古屋市バス・西山本通二丁目バス停



 今回のスタート地点は名古屋市バスの西山本通二丁目バス停です。地下鉄星ヶ丘駅から幹星丘2系統,星丘12系統,星丘13系統,名東巡回系統を利用すると約7分で到着することができます。本数は全部の系統を合わせると1時間に6〜8本ありますのでアクセスは容易です。

毘沙門寺
植園町3-2-564



 西山本通二丁目バス停から南下して「西山本通2」交差点に進みます。この付近は西山本通の商店街になっており,お店が並んでいます。





 「西山本通2」交差点を右折し,上り坂を進んで道なりに200m強進むと,左手に植園公園があります。マンションに囲まれた自然豊かな公園で,公園内には池も設けられて憩いの場になっています。公園を抜けて南側に進んでいきます。





 植園公園を南側に抜けて右折し300mほど進むと,毘沙門寺(真言宗)があります。奈良県信貴山の名古屋別院で,戦後に安藤全信住職により東山公園の一角に建立されました。本尊は毘沙門天と愛染明王で,この愛染明王は平成4年(1992年)に中区大須の愛染寺をこの寺に移したときに安置したものといい,木造仏の傑作ともいわれているといいます。



 東に戻って「藤巻町」交差点を左折して北上します。この途中には,虹ヶ丘のマンション群が右手に広がります。





 「藤巻町」交差点から500mほど進んだ右手には虹ヶ丘公園があります。昭和35年(1960年)に開園したといい,当時の写真が掲載された銘板が設置されています。当時と比べると今の住宅地としての発展ぶりがうかがえます。

三徳龍神社
名東本通3-28-2







 虹ヶ丘公園から100mほど北上して「西山口」交差点を右折します。そのまま名東本通を東へ300mほど進むと左手に三徳龍神社があります。名東本通がかさ上げされ,祠は5mほど下った先にあります。昭和初期,御嶽教の先達であったという安長霊神に龍神からのお告げがあり,自分を祀ればこの地を繁栄させるといわれたため,祠を設けたのが始まりといいます。かつては龍神池があって,橋と祠があったといいます。現在のようになったのは昭和43年(1968年)といい,三徳とは天・地・人の徳を表すといいます。名東区はかつては干ばつなども多かったため,水に関する神社が多いですが,この社のその1つとも考えられています。本殿裏手のクスノキは,木に触ってから自分の悪い所を触ると良くなると言い伝えられています。

伝光院
名東本町20



 三徳龍神社から「西山口」交差点に戻って北上し,300mほど進んだ左手に星ヶ丘幼稚園と伝光院(浄土宗)の入り口があります。法灯山と号し,当初は清洲にありましたが,永禄年間(1558〜70)に名古屋鉄砲町(現,中区広小路本町の南付近)に移転し,昭和35年(1960年)に現在地に移されました。境内には紫式部ゆかりの五輪塔があるといいます。これは紫式部の侍女の越後が,式部が亡くなったのちにこの地を訪れ,供養するために建てた塔といいます。越後は3年のお勤めののちに川に身を投げて紫式部のもとに向かったといい,身を投げた川は紫川と呼ばれたといいます。

瑞光寺
平和が丘4-144 [公式HP(外部リンク→)]



 伝光院の入り口から600mほど北上し,「打越」交差点を越えて進みます。するとコンビニを越えた先の右手に立派なたたずまいの瑞光寺があります。功徳山と号し,昭和45年(1970年)に信州善光寺の東山別院として川合康雄らによって建立されたといい,曹洞宗系の単立寺院になっています。当時はこの付近が発展途上であり,人々の信仰の場として設けられたといいます。本尊は信州善光寺から勧請した一光三尊阿弥陀如来で,地域から信仰を集めています。

ミン光院(ミンは王へんに民)
平和が丘3-77





 瑞光寺から南に戻った「平和が丘南」交差点で横断歩道を西側に渡り,そのままマンションの左の急な上り坂を上がって,続く筋を右に進み,さらに続く筋を右折するとミン光院(真宗大谷派)があります。四宝山と号し,元々は伊勢国長島にあった天台宗の円通大乗寺だったといい,貞永元年(1232年)に尾張国海東郡萱津村(現,あま市)に移転したといいます。その後,嘉禎元年(1235年)に当時の住職であった善教房照慶が親鸞聖人に帰依して浄土真宗に改宗したといいます。その後,名古屋市中区に移転し,昭和48年(1973年)に現在地に移転しました。本尊は恵心僧都作という阿弥陀如来立像で,歴史のある寺院であることから多くの宝物を有するといいます。また,幼稚園が併設されて子供の教育にも当たっているほか,お坊さんによるライブイベントが行われている事でも知られています。

平和ヶ丘神社
平和が丘3-53-3



 ミン光院から北上して2本目の公園の後ろの筋を左折して上り坂を進むと,右手に平和が丘神社があります。昭和35年(1960年)にこの地域の開発が始まった際に瑞光寺を建立した川合康雄によって創建されたといい,「お伊勢さん」から勧請して天照皇大神がまつられています。平成12年(2000年)には境内の整備が行われて現在の姿になったといいます。





 平和ヶ丘神社の先の突当りを右折し,続く筋を左折し,続く筋を左に進んだところには愛知東邦大学[公式HP(外部リンク→)]があります。平成13年(2001年)に設置された新しい大学で,経営学部,人間学部,教育学部があります。大学の入り口から北に戻って200m弱進んだところには東邦高校もあります。

正敬寺
平和が丘2-172





 東邦高校からさらに北上して100mほど進んだら広い筋に突き当たるので左折し,100m強先の「平和堂東」交差点で横断歩道を渡って道路の北側に進んで再び東に戻り,続く筋を左折して150mほど進んだ3本目の筋を右折し,続く突当りを左折すると左手に正敬寺(真宗大谷派)があります。黒部山と号し,かつては海西郡立田村(現,愛西市)にありましたが,元和5年(1619年)に僧了念が現在の中区錦3丁目に移転しました。その後,平成5年(1993年)に現在地に移転したといいます。



 正敬寺の先の交差点を右折し,続くバス通を左折します。100mほど先の横断歩道を渡って右折して50mほど進むと,右手に平和が丘コミュニティセンターがあります。地域の住民の交流の場になっています。



 さらに上り坂を200mほど進むと八畝公園に突き当たります。開放感のある公園になっており,ウォーキングの休憩地点としても利用できるでしょう。

ピースあいち [有料施設]
よもぎ台2-820 [公式HP(外部リンク→)]





 八畝公園に突き当たったところから右折して200mほど南東方向に進み,「平和が丘五丁目」交差点を左折して250mほど進むと左手にピースあいちがあります。戦争と平和の資料館として平成19年(2007年)にオープンし,太平洋戦争の記憶の風化を防止するために平和を願うボランティアによって手作りの運営がされています。3階建ての建物の内,1・2階が常設展示になっており,愛知県下の空襲や戦争時のくらし,失われた多くの命についてなどのテーマで展示されています。3階は様々な企画展が行われる展示室になっており,様々な展示を通じて平和の大切さを感じることができます。入口には昭和23年(1948年)に平和を願って設けられ,この地に移された平和地蔵がまつられています。

本成寺
上菅1-303





 ピースあいちから約150m進んだ「地アミ」交差点で道路の右側に渡り,さらに直進して250mほど進んだ北一社小学校を越えた先の筋を右折します。そのまま150mほど進むと右手に本成寺(日蓮宗)があります。寿延山と号し,万治3年(1660年)に東区小川町に創建されました。昭和26年(1951年)に東区東桜に移転し,昭和61年(1986年)に現在地に移転しました。鎌倉時代の建築様式という本堂や御影石の観音像,霊山浄土と命名された庭園が見どころになっています。

ゴール:名古屋市バス・名東図書館バス停



 本成寺から100mほど進んだ突当りを左折し,200mほど進んだ左手に名東図書館があります。名東区についての参考文献を調べたりするのに活用できるでしょう。





 名東図書館から北に進んだところにある名古屋市バスの名東図書館バス停がゴールです。地下鉄東山線の上社駅まで上社11系統で右回りで約10分,左回りで約15分で行くことができます。本数は1時間に2本程度です。名東巡回系統が1時間に1本あり,本郷,一社,星ヶ丘方面に行くこともできますが,時間がかかります。

写真使用数:30

←前:[天白区]相生山コース / 名古屋市名東区 / 次:一社・上社コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>