本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県東浦町:石浜コースISHIHAMA

2018年12月探訪。2018年12月10日作成

【コース】 距離:約6.5km
 町中南部の石浜地区と於大のみちを訪ねます。歴史ある昔からの町並みと新興住宅地の両方の町並みを楽しみ,桜名所の於大のみちを散策します。

≪コース≫ JR・石浜駅〜子新田堤防跡〜稲荷神社〜明光寺〜明徳寺〜増福寺〜帝塚〜東浦町文化センター〜中央図書館〜於大のみち〜坊主橋〜東浦町郷土資料館〜片葩小学校〜総合子育て支援センター〜玉洞院〜石浜学校跡〜JR・石浜駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR武豊線・石浜駅



 スタート駅はJR武豊線の石浜駅です。大府駅にて武豊線に乗り換えて3駅7分で,名古屋駅からは直通の区間快速で約30分,大府駅での乗り換えでは35〜40分になります。武豊線の本数は30分に1本程度なので,あらかじめ時刻を調べてから利用するといいでしょう。石浜地区には明治19年(1886年)に武豊線が開通した際には駅がなく,昭和8年(1933年)に気動車による運行が開始し,線内にいくつかの駅が開業した際にもここには駅が開設されませんでした。戦後,駅設置を求める声が大きくなった結果,昭和32年(1957年)に駅が開設されました。無人駅ですが,平成元年(1989年)に列車の行き違いのためのホームの増設が行われています。

子新田堤防跡
石浜浜新田



 石浜駅の西側にある駅前広場を北に進み,線路沿いに250mほど北上し,右折して次の踏切を渡った少し先の右手に子新田堤防跡があります。子新田は承応2年(1653年)に尾張藩主長野数馬が築造し,貞享元年(1684年)に課税が開始された石浜でも最古の新田で,この年の干支から子新田と名付けられました。新田築造の際にかんがいのための堤防がこの付近の南北1kmにわたって設けられたといいます。その後,宝永3年(1706年)に戌新田,寛保3年(1743年)に亥新田と開発され,周辺の塩田も畑や田んぼに変わっていったといいます。江戸時代を通じて石浜村がこの付近で一番耕地面積が大きくなったといいます。

稲荷神社
石浜下庚申坊8







 子新田堤防跡の案内板から西に戻って再び踏切を渡り200mほど進み,突き当りの「芦間」交差点を渡ってすぐ左手の道をさらに西に150mほど進むと右手に稲荷神社があります。天文6年(1537年)に牛頭天王社が建立されたというのが記録の始まりで,正徳6年(1716年)に境内に稲荷社を建立し,2社が並び立つ状態だったといいますが,いつごろからか稲荷社が主祭神になったといいます。境内には竹内清兵衛の碑があります。竹内清兵衛(1854〜1914)は石浜の偉人で,村長や県会議員を務めて教育の振興などをはかった人物といいます。他にも忠魂碑や石浜に松苗を植えてのちに売却して金を得たころを記念した石浜植林の碑などがあり,村の長い歴史を物語る史跡が多くあります。境内北東部には石浜貝塚があります。直径10mほどの小規模な貝塚で,昭和36年(1961年)に調査され縄文晩期のものであるといいます。現在は招魂社の移転工事のために破壊されたといい観察はほとんどできなくなっています。







 稲荷神社から道なりに50mほど進むと石浜コミュニティセンターがあります。石浜地区の住民などの交流施設になっており,ウォーキングコースの起終点にもなっています。コミュニティセンターの先には弁財天社も祀られています。また,その先の交差点の右側には,知多四国の遍路道に設けられている丁石があります。昔ながらの信仰の道を感じさせます。

明光寺
石浜廻間45







 石浜コミュニティセンターの先の筋を右折して細い路地を進んだ先に明光寺(曹洞宗)があります。医王山と号し,明応元年(1492年)に緒川の乾坤院4世太素省淳を開山として創建されたといいます。乾坤院は4世で3つに分かれ,それぞれが各1寺を建立したといい,以降は2年ごとに輪番で乾坤院の住職を務めるようになったといいます。寺の建立の目的はわかっていませんが,乾坤院の法灯を絶やさぬために3つに分かれたとも考えられています。四国直伝弘法の第17番札所にも指定されており,母弘法と一緒に祀られている珍しいものといいます。

明徳寺(知多四国9番)
石浜下庚申坊70







 明光寺の入口から出て左手に進み,50mほど北上した先に明徳寺(浄土宗)があります。浄土山と号し,元中8年(1391年)に現在の明徳寺川の南(東浦中学校体育館付近)に法然上人の孫弟子が「明徳堂」を建立したのが始まりといいます。文安4年(1447年)に阿弥陀十王堂が創建され,文明元年(1469年)に明徳寺が開創されたといいます。その後明暦3年(1657年)の大水害で堂宇が流出したため,正徳元年(1711年)(元文元年(1736年)という説もあり)に現在地に再建されました。文化10年(1813年)に弘法堂が設けられ,知多四国9番の札所になっています。恵心僧都作という本尊の阿弥陀如来は知多半島で最大のものといい,本堂右の歓喜天は5月5日の花まつりの際に御開帳され,夫婦和合・金運に御利益があるといい多くの人々で賑わいます。境内には樹齢350年という五葉松,樹齢450年というソテツがあり,雰囲気を感じさせる寺院です。境内墓地には明治8年(1875年)に石浜学校が新設された際に教育者として力を尽くしたという訓導原恭一の墓があります。

増福寺
石浜北庚申坊2





 明徳寺から出て右手に進んで西に進み,次の筋を右折して50mほど先の次の筋を右折します。そのまま道なりに100mほど進むと左手に増福寺(曹洞宗)があります。石雲山と号し,延徳元年(1489年)に緒川乾坤院4世の周鼎中易和尚が開祖として創建されたといい,乾坤院4世の時代に石浜に建立された3寺のうちの1つです。5年に一度行われる秋葉講による火渡り行事が知られているといいます。寺に伝わる石像観音は境内の梅の根元から出土したため梅花観音とも呼ばれ,眼病の治癒に御利益があると信仰を受けているといいます。境内には大正11年(1923年)から片葩小学校の校長を務めるなど石浜の教育に尽力したという高橋政治校長の碑があるといいます。四国直伝弘法の第16番札所にも指定されています。

帝塚
石浜下庚申坊26付近



 増福寺の先のT字路を右に入っていった先に帝塚があります。言い伝えでは南北朝時代の南朝方に縁のある親王の墓と伝えられています。かつてはこの高台の下まで海が迫り,行き交う船は帝塚の前を通る時に帆を下して敬意を表したと伝えられています。南朝の勢力を盛り返そうと奮闘したものの,願いかなわずこの地で病に倒れるか敵に討たれるかしたと想像でき,悲哀の歴史ロマンを想像させます。なお増福寺の北西にも庚申坊塚と呼ばれる塚があるといい,寂しく立つ数基の五輪塔もこの地で命を落とした南朝の貴人のものと伝えられています。

東浦町文化センター
石浜岐路10



 増福寺の北の交差点まで戻って左折し,さらに北上して道なりに150mほど進む途中には東浦町勤労福祉会館,社会福祉協議会があります。





 道なりに東に進んで先の筋を左折した先には保健センターと文化センターがあるなど東浦町の文化・行政機関が集まっています。保健センターは健康の道と呼ばれるウォーキングコースの起点にもなっています。保健センターの北には東浦町文化センターがあります。ギャラリーやホールなどが設けられており,東浦町で行われる文化イベントの開催場所の1つになっており,多彩なイベントが行われています。



 文化センターからさらに100mほど北上し,明徳寺川を渡った先の左手には東浦町中央図書館があります。現在の建物は平成3年(1991年)に大きな木の形をイメージして建てられたもので,町民の憩いの場になっています。東浦町の郷土資料などを探すときにも利用することができます。

於大のみち
緒川 および 石浜(明徳寺川沿い)





 東浦町中央図書館の南を流れる明徳川沿いに戻ると,西に向かって於大のみちが延びています。両岸には約600本の八重桜の並木が続く全長約2kmの遊歩道で,春には多くの花見客も訪れます。入口には徳川家康の生母である於大の方が着用したという夜着のモニュメントがあり,川の左岸には於大の方と水野氏の歴史について記した石のプレートが,右岸には東浦町の歴史を記したプレートが設けられ,家康の生母として波乱の人生を送った於大の方や,この地域の歴史をしのぶことができます。毎年4月には於大まつりが行われ,於大の方や水野家の武士を模した鎧の武者がこの道を通って乾坤院や於大公園まで行列し,見ものになっています。
 於大の方は享禄元年(1528年)に緒川城主の水野忠政の娘として生まれ,当時三河で勢力を誇っていた松平氏と友好関係を深めるため,天文10年(1541年)に家康の父である松平広忠に嫁ぎました。そして天文11年(1542年)に岡崎城で長男の竹千代(後の徳川家康)を出産しました。水野忠政の子・信元が家督を継いだ際,信元が今川方から織田方に従うようになったため,松平広忠から離縁されて刈谷の梶の木屋敷で暮らしたとされています。のちに坂部城(阿久比町)の久松俊勝と再婚し,桶狭間の合戦の後に家康に母として迎えられたといいます。於大の方の歴史が記されたプレートを見ながら,彼女の激動の人生に触れることができます。東浦町の観光協会のホームページにも於大のみちのパンフレットがありますので,参考にしましょう。





 明徳寺川に沿って,於大のみちを西に進んでいきます。この明徳寺川については,江戸時代に新田開発にともなって石浜村と緒川村の水争いが続いたといい,それが記録されている古文書である明徳寺川水論文書[町文化]が残されています。元和7年(1621年)には緒川村が明徳寺川の水を引き込む溝を掘ろうとしたため,石浜村が藩庁に訴状を出してそれを差し止めた記録があります。その後も幾度となく水争いが行われ続けた記録が残っていますが,明治20年(1887年)に緒川村の村内に石浜村のためのため池である舟木池が設けられることになり,長い水争いに終止符が打たれたといいます。



 於大のみちを西に600mほど進んだ先には坊主橋があります。乾坤院4世以降,寺の住職が石浜の3つの寺によって輪番で務められるようになり,その住職がこの橋を渡って入山式に臨んだといい,そこから坊主橋と呼ばれるようになったといいます。

東浦町郷土資料館(うのはな館)
石浜桜見台18-4







 坊主橋のところを左折して南に200mほど進むと右手に東浦町郷土資料館があります。東浦町の歴史資料などの収集や調査・保管などを目的に,平成11年(1999年)に開館した施設で,町の花にちなんで「うのはな館」の愛称があります。内部の常設展示は主に3つのテーマがあり,「東浦町内の出土品」コーナーでは,国史跡の入海貝塚など東浦町内で出土した土器などを展示しており,森岡地区の金鶏山古墳出土品[町文化]もあります。。「生道塩および世界の塩」コーナーでは,平安時代にこの地で生産していたという生道塩という塩や,東浦での製塩の歴史について,外国の塩についての紹介もあります。「水野氏と於大の方」コーナーでは,この地で活躍した水野氏と於大の方について詳しく知ることができる展示があります。その他にも少し昔の民具を紹介したコーナーや,時期ごとに行われる企画展示もあり,東浦の歴史などのついて学べる講座なども開かれているといいます。また陶芸棟も設けられ,窯を用いた焼き物体験もすることができるといいます。

片葩小学校
石浜坊ヶ谷2



 東浦町郷土資料館から300mほど進んだ左手の高台には片葩小学校があります。明治25年(1892年)に石浜に小学校が設けられることになったとき、片葩尋常小学校と名付けられました。かつて愛知郡の片葩の里に,雷の子から授かったという力持ちの男の子がいました。その子は奈良の元興寺の小僧になり,鬼退治をするなどして活躍し,のちに名古屋市中区正木町にあったとされる尾張元興寺を建立したといいます。この片葩の里の立身出世のお手本のような伝説から,小学校の名前がつけられたと考えられています。かつてはこの地に先祖の霊をまつり,五穀豊穣を祈る山ノ神社があったといいます。



 片葩小学校の先の「石浜保育園前」を右折し,200mほど進んだ「石浜団地」交差点を右折します。昭和46年(1971年)に入居が始まった石浜団地から始まって,平成に入って片葩小学校北側の桜見台住宅や,石浜住宅北の緑ヶ丘住宅など住宅開発が続いています。



 「石浜団地」交差点から北に200mほど進んだ次の筋を左折し,続く十字路を左折して100mほど進んだ左手には三池公園があります。この付近は高台にあって景観もよく,ウォーキングの休憩地点としても活用できます。

ひがしうら総合子育て支援センター(うららん)
石浜三本松1-56





 三池公園の先の突き当りを右折して300mほど南下すると右手にひがしうら総合子育て支援センターがあります。平成23年(2011年)にオープンした新しい施設で,子育て支援センターのスペース,児童館(石浜西児童館)のスペース,地域や子育てに関わる方などが世代間で交流できるスペースなど,子育ての総合拠点施設になっています。石浜の住宅地が新しく開発されて子育て世代が多く住むようになり,昭和56年(1981年)には北の石浜西小学校も開校しました。その後も住宅地が広がっているため,子育ての拠点施設がここに設けられました。



 ひがしうら総合子育て支援センターの入口から150mほど南下して「石浜三本松」交差点を左折して豆搗(まめつき)川を右手に見ながら進んでいきます。川の南側も現在新しい住宅地が開発されており,住宅地としてどんどん発展している様子を感じることができます。



 「石浜三本松」交差点から東へ500mほど進んだ左手には,スーパーのにぎわい市場マルス本店があります。場合によってはウォーキングの休憩地点に利用するといいでしょう。

玉洞院
石浜平林103





 にぎわい市場マルス本店から東へ200m強進んだ「平地橋北」の交差点のところを左折して150mほど進んだ突き当りの坂を上がっていくと玉洞院(曹洞宗)があります。法行山と号し,明応元年(1492年)に乾坤院4世亨隠慶泉和尚による創建といい,同時代に明光寺,増福寺と並んで同時期に石浜に設けられた3寺のうちの1寺になります。

石浜学校跡(平林公園)
森岡岡田74(森岡保育園前)





 玉泉院の東側の道に出て左手に進み,100mほど進んだ突き当りを左折し,続く筋を右折します。細い道を進んだ先の分岐を左に進むと平林公園の入り口があり,石浜学校跡の案内板が立てられています。かつては文安4年(1447年)に建立されたという阿弥陀十王堂があったというこの場所に明治8年(1875年)に石浜学校が設けられ,それまでは緒川村との共通の学校しかなかったこの村に初めて学校ができました。明治25年に片葩尋常小学校になり,のちに現在の片葩小学校の場所に移転することになります。移転後は区の事務所(公民館)が置かれますが,その後公園になりました。建物は少し前まで残っており旧学校として親しまれていたといい,現在も郷蔵が残されています。かつてはこの付近が村の中心だったといいます。





 平林公園を抜けて北側の出口から出て右手に進み,ゆるやかな坂を下っていきます。この道はかつての山ノ神社から新田に至る東西のメインストリートだったといい,村はこの道を境に南北の組に分かれ,祭礼ではみこしの豪華さを競っていたといいます。今も昔ながらの家並みが残されています。

ゴール:JR武豊線・石浜駅



 平林公園の北側から東に道なりに400mほど進むと,スタートした武豊線の石浜駅に戻ってきます。武豊線を利用して大府駅までは3駅7分,名古屋駅までは直通の区間快速で約30分です。昼間時間帯は大府駅で乗り換えとなります。本数は30分に1本程度なので,あらかじめ時刻は調べておくと安全です。

[プラスワン] 東浦自然環境学習の森
緒川大藪一区10









 明徳寺川にかかる坊主橋から,そのまま川沿いに1kmほど進んで左手に入っていったところに東浦自然環境学習の森があります。新池周辺の整備された里山の環境を残すために設けられた園地で,田園・竹林・森林など里山を通じた人と自然と共生について学び考えることができます。かつてはこの付近も多くの里山がありましたが,近年の住宅開発などで山は荒れ始めている場所も多いといい,このような里山の環境を残すことが大切といいます。森には1周約1.7kmの散策路が設けられており,周回することで里山の環境について知り,その大切さを感じることができます。団体による様々なワークショップも行われているといい,里山についてのガイドを受けることができて,さらに深く学ぶことができるといいます。夏にはヒメホタルが飛び交い,夜をきれいに彩るといいます。

永見不動尊
石浜上永見





 ひがしうら総合子育て支援センターの南,「石浜三本松」の交差点から西方向に県道を道なりに2.3kmほど進んだ「上永見」の交差点を越えた先に永見不動尊があります。かつてこの付近は広く尾張藩の鷹狩りの指定地になっており,山林や鳥獣が厳しく保護されていましたが,盗伐などがあとを絶たなかったといい,それを監視する見回り人がいました。その見回り人が厳しい仕事のなぐさめとして石浜の大住院から不動尊をいただいて安置したのがこの不動尊といいます。大正末には道路もできて参拝客も多くなり,立派なお堂も建てられたといいます。現在は横に御嶽信仰の石仏群が設けられています。

写真使用数:49

←前:緒川コース / 愛知県知多郡東浦町 / 次:生路・藤江コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>