本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県阿久比町:宮津コースMIYAZU

2018年12月探訪。2018年12月18日作成

【コース】 距離:約5.9km
 町南東部の宮津・萩・横松地区をめぐります。古くからの山車が残る歴史ある地区の社寺をめぐり,最後は八勝川周辺の田園地帯も歩きます。

≪コース≫ 名鉄・阿久比駅〜オアシス大橋〜二子塚古墳〜宮津公民館〜宮津青年会場〜秋葉神社・宮津公園〜光西寺〜(宮津)熱田社〜谷性寺〜法久院〜大山祇神社〜萩大山車鞘蔵〜清来寺〜(清光寺)〜(横松)神明社〜八勝川緑地〜名鉄・植大駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄河和線・阿久比駅



 スタートするのは町の中心駅である阿久比駅です。特急・急行なども停車する主要駅で,名鉄名古屋駅から河和・内海方面行の特急で約25分,急行では約29分で行くことができます。本数は特急,急行共に30分に1本程度です。
 阿久比駅はそれまで役場の近くに駅がなかったために昭和58年(1983年)に開業した新しい駅です。それまでは坂部駅が町の代表駅で急行も停車していましたが,阿久比駅の開業後はここが町の中心駅として発展しています。平成20年(2008年)からは特急も停車するようになって,名古屋方面へのアクセスがますます便利になりました。

オアシス大橋
阿久比千速66-1 付近







 阿久比駅から線路沿いを北上していくと150mほど先に名鉄河和線の線路と阿久比川を渡る全長560mのオアシス大橋があります。平成元年(1989年)に完成したこの橋により,河和線の線路と阿久比川によって分断されていた阿久比地区と宮津地区が直結されました。欄干には阿久比町名物のホタルと,第9歓喜の歌のレリーフが施されています。橋の上からは阿久比谷の景色を楽しむことができます。今回は橋を東側にわたって宮津地区に進んでいきましょう。

二子塚古墳
宮津二子東





 オアシス大橋を渡った先の「オアシス大橋東」交差点を右折して南へ400mほど進むと左手に二子塚古墳[町史跡]があります。古墳時代中期の5世紀頃に築造された知多半島で唯一という前方後円墳で,この地域とヤマト朝廷との関係をうかがわせる貴重な史跡といいます。第2次世界大戦時に開墾されて,特に胴部が大きく削られています。本格的な発掘調査は行われていませんが,円筒埴輪の破片や土師器の細片などが見つかっているといいます。



 二子塚古墳の北には宮津公民館があります。この地域の住民の交流の場として活用されています。

宮津青年会場
宮津堂道53



 二子塚古墳の先の筋を左折し,100mほど進んだ突き当りを右折します。さらに150mほど進んで橋を渡った先を左折し,続く筋を右折します。100mほど先で道に合流したしたところには「若い衆蔵」と呼ばれているという江戸時代天保年間の石垣が残るという宮津青年会場があります。毎年4月に行われる(宮津)熱田社の例祭時には地元の若い衆が集まります。会場の隣には宮津北組山車[町民俗]の山車蔵があります。山車は彫刻にある名前から安政7年(1860年)頃の築造と考えられる知多形の山車で,祭礼の際は地区内を曳き回されます。「加藤清正朝鮮の役」の壇箱や「源頼政鵺(ぬえ)退治」の脇障子など独特の細やかな彫刻が特徴といい,「恵比寿・大黒と唐子」のからくりがあって祭礼時に奉納されるといいます。





 宮津青年会場からさらに南に進んでいきます。この付近は昔ながらの板塀の町並みが残る雰囲気ある道になっています。

秋葉神社・宮津公園
板山比沙田78









 宮津の町並みに戻って200mほど南下し,突き当りを左折して100mほど進むと,左手に秋葉神社への長い登りが見えてきます。鎌倉時代には,この地に菅原道真の末裔だという新海氏の居城である宮津城(柳審城)があったといい,新海氏は蒙古襲来の弘安の役(1281年)にも活躍したといいます。長らく知多半島は新海氏と小川氏(緒川城主水野氏の先祖か)により統治されていましたが,戦国時代になって水野氏が織田氏と同盟を結び,知多半島制圧をはかって新海氏を滅ぼしたといいます。この城跡に,のちに防火の神様である秋葉神社が設けられたといい,北半分は現在宮津公園になっています。境内には天明6年(1786年)の銘の手洗いがあり,歴史を感じさせます。毎年7月ころには秋葉山の奉納が行われ,笛や太鼓をする勇や巫女舞が行われるといいます。高台からは阿久比川周辺の田園風景の眺望がすばらしく,景色を楽しむのも最適です。

光西寺
宮津宮本21





 秋葉神社の入口から西に戻って,100m強道なりに進んだ先,大きく左に曲がる手前の筋を右に入ったところに光西寺(真宗大谷派)があります。霊場山と号し,寺の縁起によると当初は天台宗で祐正庵と称しましたが,観応元年(1350年)に僧教念が真宗に改め,永禄4年(1561年)に秋葉神社の入口付近にあったというものを現在地に移転しました。その後,慶長18年(1613年)に光西寺に改められたといいます。本尊は阿弥陀如来で,境内にはかつて山の西にあったという毘沙門天が移されています。隣接して東部保育園があり,子供たちの声で賑わっています。

(宮津)熱田社
宮津宮本29







 光西寺から南側の筋を西に進んだところに(宮津)熱田社があります。創建は不詳ですが,日本武尊の東征に従ったというワニ氏をまつったものという社伝があり,延長5年(927年)に英比丸が英比五郷と呼ばれたこの地に産土神として祀ったという説もあります。熱田神宮と関わりのある神社といい,現在の拝殿は明治33年(1900年)のものといいます。また境内には弘化4年(1847年)に造営されたという常舞台があり,昭和30年代までは村芝居が上演され,村人が観劇を楽しんだといいます。舞台の上には一対の力神が設けられているのが印象的です。他にも安永3年(1774年)に熱田社が建て替えられる際に植え替えられたという2本の楠[町天然]が大切に保管されています。社宝に阿久比出身の農民画家 新美東谷の作品という金唐紙[町文化]があります。毎年4月の第3日曜日とその前日に行われる例祭は,宮津北組と南社の2台の山車が出る見事なもので,地区内に山車が曳き回されて賑わいます。宮津南社山車[町民俗]の山車蔵は境内一角にあります。宝暦元年(1751年)以前の建造といい,壇箱の彫刻の作者は遠州の増井時三郎といい,水引の「金糸の龍」は天保4年(1833年)の製作といいます。また毎年5月8日には豊年祭が行われ,別名「花のとう」「おためし」とも呼ばれているといいます。拝殿西には元禄年間に奉納されたという石灯篭も残り,神社の歴史を感じさせます。

谷性寺
宮津宮本73 [公式HP(外部リンク→)]





 (宮津)熱田社から参道を南に下って,突き当りのところを左折し,続く筋を右折します。100mほど先の筋を左折した先の右手には,音楽会や寺マルシェ,寺ヨガなど多彩なイベントで話題になっている谷性寺(浄土宗)があります。常通山と号し,寛永3年(1626年)に椋岡雲谷寺の3世正蓮社覚誉上人による開山といい,当初は善生寺と称したといいます。寺伝では善生寺は永禄元年(1558年)に十一面観音を本尊として創建されましたが,破壊されて寛永3年に現在地に移されて寺名を改称したといいます。本堂は天明8年(1788年)に再建されたもので,平成9年(1997年)に改修されました。境内に地蔵堂があり,その左手には中央に釈迦如来を拝したという六地蔵があって町内で最大のものといいます。各種イベントがホームページで案内されており,イベントを狙って訪問するのもいいかもしれません。

法久院
萩白山西6-2







 谷性寺の東側から出て右手に出て未舗装道路を100mほど南下し,続く筋を左折して進んだ左手に法久院(浄土宗)があります。青龍山と号する椋岡の雲谷寺の末寺で,寺伝では享保年間(1716〜36)に霊門性塔阿闍梨が荒廃していた寺を天台宗青龍寺として再興したといい,その後は青龍庵と呼ばれるようになったといいます。明治の廃仏毀釈で再び荒廃しますが,明治28年(1894年)に堂宇が改修され,昭和7年(1932年)に埼玉県越谷市の法久院の寺号を受け,現在の姿になったといいます。文化10年(1813年)より毘沙門天が祀られ,現在も旧暦1月8日に大祭が行われているといいます。

大山祇神社
萩白山西8





 法久院から南に50mほど進んだところに大山祇神社があります。創建は不詳ですが,建暦元年(1211年)の創建で英比谷一帯の山之神の総まとめであり,山林開墾の際はこの神社の神札を請けていたと伝わっています。天保12年(1842年)の村絵図にも山神と書かれており,大正7年(1918年)に現在の名前になったといいます。毎年4月第2土日に行われる例祭では,萩大山車[町民俗]が曳き回されます。明治45年(1912年)に建造されたという知多形の山車で,知多半島各地の山車の彫刻に携わったという彫常一門の製作といいます。萩地区は細い道や坂が多く,神社前の曳き回しは急坂おろしといって見どころになっているといいます。



 山車は現在,100mほど下った先の四叉路付近の萩大山車鞘蔵にて保存されています。



 萩大山車鞘蔵から南に200mほど進んだ三叉路のところには,萩の常夜灯があります。大正5年(1916年)の銘と寄付者の名前が刻まれています。伊勢神宮への献灯として西の伊勢神宮に向けて造られたといい,昭和15年(1940年)頃までそれぞれの家が当番制で火をともしていたといいます。

清来寺
横松中側50



 萩の常夜灯から西に出て県道を左折して南下します。そのまま400mほど進んで「横松」交差点を越えさらに南下していきます。ここにはコンビニエンスストアもあるので休憩などに活用しましょう。



 「横松」交差点からさらに200mほど南下し,横松遊園地のある筋を左折します。少し進んだところには西側地蔵尊があります。横松地区には西側,中側,東側の地蔵尊があって,人々に大切にされているといいます。この先には横松の常夜灯もあり,昔ながらの風情を感じさせます。



 さらに進んでいった先の右手には横松公民館があり,ここには次の訪れる神明社の祭礼で用いられる横社山車の山車蔵があります。



 山車蔵のところから左に入ったところに清来寺(真宗大谷派)があります。創建は不詳ですが,かつては氏神の西の墓地のところにあったといい,安政6年(1859年)に海東郡戸田村(現在の名古屋市中川区)からやってきた僧により,現在地に再建されたといいます。昭和63年(1988年)の本堂の修復工事が行われて現在の姿になったといいます。



 清来寺の前の道を東へ道なりに400mほど進んだところに清光寺(曹洞宗)があります。金龍山と号し,嘉永3年(1850年)の創建といいます。明治23年(1890年)に陸海軍演習が半田で行われ,明治天皇が乙川村白山社で休憩した際の茶道具が寺宝として残されているといいます。

(横松)神明社
横松中側50





 清来寺から西に戻り,横松遊園地のところからさらに西へ100mほど進むと右手に(横松)神明社があります。宮津村を治めたという新海氏の家臣である伊串・山本・江原などの諸氏が百姓となり,天文11年(1542年)に伊勢神宮を勧請して創建したと伝えられています。現在の社殿は大正15年(1926年)のもので,拝殿は昭和9年(1934年)に完成したといいます。またかつては村芝居が上演される常舞台がありましたが,伊勢湾台風の被害にあって取り壊されたといいます。毎年4月第4土日に行われる祭礼では,横社山車[町民俗]が曳き回されます。建造年は不明ですが,比較的大型の知多型の山車といい,明治の初めから曳き回しが行われたといいます。昭和34年(1959年)の伊勢湾台風以降,曳き回しは中断されていましたが,山車が町の文化財に指定されたのを機に平成4年(1992年)に復活したといいます。

八勝川緑地
半田市岩滑東町2-94 [公式HP(外部リンク→)]



 (横松)神明社から西に150m進み,突き当りを左折して堤防に上がり,県道を渡ってその先の橋を渡ります。





 橋を渡った先を左手に進んで川沿いに進むと100mほど先に八勝川緑地があります。平成4年(1992年)に整備された半田市と阿久比町にまたがる都市緑地です。トイレなども整備されているため,ウォーキングの休憩地点としても活用しましょう。半田市と阿久比町の境界になっている八勝川は,「ごんぎつね」の舞台ともいわれ,秋にはヒガンバナの名所としても知られます。おもな見どころがこの西に点在しています。

アピタ阿久比店
椋岡徳吉1-12 [公式HP(外部リンク→)]



 八勝川緑地から北側の階段を進んで,そのまま100m北の十字路に進んで左折し,そのまま100m西に進んで名鉄の線路をくぐります。この付近は工事で道路の付け替えも行われていますので注意して進んでいきましょう。







 名鉄の線路をくぐってからさらに100mほど進んだ「野崎」交差点を右折し,県道を300m強北上した「植大駅西」交差点を右折します。少し進んだ左手にはアピタ阿久比店の入り口があります。駐車場を抜けてお店の方に進んでいきましょう。アピタ阿久比店は都築紡績阿久比工場の跡地に平成11年(1999年)に設けられ,町内で最大規模のショッピングセンターになっています。1階は食料品や日用品が販売され,多くの飲食店が設けられているほかホームセンターも併設されています。2階は衣料品や生活雑貨などが販売されており,フードコートなども設けられています。また,南側には9つのスクリーンを備えたユナイテッド・シネマ阿久比が設けられています。ウォーキングの終わりにじっくりと休憩するのもいいかもしれません。

ゴール:名鉄河和線・植大駅





 アピタ阿久比店の入り口から東へ進んだ先にはゴールの植大駅があります。戻る場合は普通列車のみの停車で,本数は1時間に4本程度(ただし土休日の一部時間帯は2本程度)なので,時刻はあらかじめ調べておく方がいいでしょう。金山,名鉄名古屋方面に向かう場合は阿久比駅で乗り換えが便利です。名鉄名古屋駅へは約35〜40分を見ておけばいいでしょう。

写真使用数:44

←前:坂部コース / 愛知県知多郡阿久比町 / 次:権現山コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>