本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県阿久比町:草木コースKUSAKI

2018年12月探訪。2018年12月14日作成

【コース】 距離:約8.7km
 町北西部の草木地区をめぐり,北西の知多市岡田に抜けます。豊かな自然と公園,花かつみ園などと正盛院など文化財有する社寺を訪れます。

≪コース≫ 名鉄・坂部駅〜ピアゴ阿久比北店〜正啓寺〜阿久比インター〜東原公園〜柏原公園〜草木公民館〜八幡神社〜正盛院〜花かつみ園〜阿久比菊団地〜牛深池〜多賀神社〜知多バス・東岡田バス停


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄河和線・坂部駅





 スタート駅となるのは名鉄河和線の坂部駅です。普通列車のみの停車で,河和線の乗換駅の太田川駅から約14分です。本数は1時間に4本程度(一部時間帯は2本)の運転ですので,時刻はあらかじめ調べておくと安心です。名鉄名古屋駅からは35〜40分の時間をみておけばよく,太田川駅で特急・急行から普通に乗り換えるといいでしょう。
 坂部駅は昭和6年(1931年)に知多鉄道が太田川〜成岩間を開通させた際に開業した駅で,昭和58年(1983年)に阿久比駅が開業するまでは急行も停車するこの付近の中心駅でした。平成19年(2007年)に駅集中管理システムが導入されて,現在は無人駅になっています。

正啓寺(しょうけいじ)
卯坂米山102-2



 坂部駅の北側の道に出て左手に進み,その先の県道の信号を右折します。県道を500mほど北上した「卯坂南」交差点を左折します。左折した先にはピアゴ阿久比北店がありますので,ウォーキングの準備などをすることもできます。



,400m弱進んだ知多半島道路をくぐった先を左折し,200mほど進んだ次の筋を右折すると,突き当りのところに正啓寺(日蓮宗)があります。昭和57年(1982年)に知多半島における信者の増加にともなって誕生し,当初は正啓院と呼ばれました。その後場所が手狭になったので現在地に移転し,昭和62年(1987年)に正啓寺と改称されました。



 正啓寺の先には阿久比インターチェンジが見えます。昭和45年(1970年)に知多半島道路が開通した際に供用を開始し,当初は福住インターチェンジといいました。阿久比町の車の玄関口になっています。

柏原公園
草木末広34





 正啓寺から北に進んで,突き当りを右折して下り坂を進み,その先の筋を左折して「阿久比インター」交差点から県道に入ります。県道を400mほど進んだコンビニの先の筋を左折し,続く筋を右折してその次の筋を左折し,100m強進んだ3本目の筋を右折します。そのまま150mほど住宅街を進むと左手に東原公園があります。公衆トイレを備えた公園で,ウォーキングの休憩地点として活用できます。



 さらに300mほど西に進んでいくと左手に柏原公園があります。こちらも住宅街に設けられた公園で,トイレも設置されて休憩に適しています。



 柏原公園の先の突き当りを道なりに右折し,100mほど進んで県道に突き当たったら左折します。そのまま100mほど進むと右手に草木公民館があります。ここ草木地区の住民の交流や教育などの場になっています。

(草木)八幡神社
草木南奥之脇19



 草木公民館の先の筋を右折して,その先を道なりに右に曲がり,続く筋を左折して草木川を渡ります。





 さらに100mほど先の三叉路を右に進むと正面に(草木)八幡神社があります。神社の文書によると康正元年(1455年)に創建され,永禄2年(1559年)に再建されたといいます。その翌年には桶狭間の戦いの後,織田信長の家臣だった前田利家が刀などを寄付したといい,天正4年(1576年)以降の棟札が多数残されているといいます。境内社の津島神社の祭礼では「とばしあげ」と呼ばれる提灯祭りが行われているといいます。境内にはあいちの名木というヤマモモの見事な木があります。

正盛院(しょうせいいん)
草木草出口7







 八幡神社から南の三叉路に戻り,右折して西へ150mほど進むと右手に正盛院(曹洞宗)があります。長松山と号し,天文13年(1544年)に徳川家康の生母・於大の方の姉である栄信正盛尼が創建したといい,同時に2寺の末寺を持ったといいます。境内の仁王門[町文化]は宝暦2年(1752年)に末寺の龍光寺の鉄翁和尚の時に建立されたという記録があり,明治15年(1882年)に龍光寺が廃寺になった際に正盛院に移されたといいます。同時に龍光寺から移された仁王像[町文化]は,平安時代から鎌倉時代の様式を持ち,それをまねた室町時代初期の作品といいます。境内墓地には明治・大正の政治家の後藤新平の妻・多加子の墓があり,他に石仏群などがあります。裏山には秋葉神社や「くおんの塔」もあるといいます。

花かつみ園
草木上芳池









 正盛院の入口から西に100m進むと「草木」交差点に至ります。ここからそのまま県道を西へ1kmほど進むと,左手に花かつみ園があり,毎年6月中旬の一定期間に公開されます。花かつみは,古くは万葉集の中で中臣女郎(なかとみのいつらめ)が大伴家持に贈った「をみなえし咲く沢に生ふる花かつみ かつても知らぬ恋もするかも」という歌で知られ,松尾芭蕉の「奥の細道」でも花かつみを探し求めて見つからなかったという幻の花として記録されています。花かつみがどんな花なのかは諸説ありますが,阿久比町では6月に鮮やかな紫の花を咲かせる野花菖蒲のことを花かつみと呼んでいます。この地には室町時代に伯耆の国(今の鳥取県)から移植されたと伝えられ,桶狭間の戦いの際は坂部城において於大の方が,家康の武運長久を願って花かつみの「勝つ」という名前に思いを込めて仏前にささげたという伝説もあるといいます。大正時代には絶滅したといわれていましたが,昭和になってこの地の俳人・竹内丁子が自生していた1株を発見して地元の人々によって保護されてきたといいます。昭和62年(1987年)に保存会が結成され,同時にこの地に造成されたというのがこの「花かつみ園」で,保存会の人たちの努力で毎年美しい花を咲かせているといいます。毎年6月の公開時にはイベントなども行われるといいます。

阿久比菊団地
草木洲原



 花かつみ園から北の県道を左手に進み,次の筋を右折して道なりに北上します。200m弱先の次の十字路を右折し,300mほど進んだ突き当りを左折し,さらに2本目の筋を右折すると左手に阿久比菊団地があります。昭和61年(1986年)に完成した菊栽培のためのビニールハウス群で,電気の明かりで日照時間を調節することから「電照菊」と呼ばれます。菊は日照時間が短くなると開花するので,人工的に日照時間を長くして花が咲く時期を遅らせるといいます。夕方になって一斉に電気がつくハウスも見ものといいます。



 阿久比菊団地の南東側のT字路を左折して北上し,続く筋を右折して50mほど進むと牛深池があります。突き当りから左手の細い路地に入ると池を周回する道に進むことができます。

多賀神社
草木多賀前65





 牛深池を左手に見ながら進んで,そのまま200m強先の突き当りに進み,右折して上り坂を進んでいきます。高台から山並みも見え,雄大な景色を楽しむことができます。400mほど進んだ突き当りを左折し,200mほど進んだ2本目の筋を右折して100mほど進むと多賀神社があります。創建は不詳ですが,元和7年(1621年)に近江国多賀大明神がこの地に現れて神殿を再建したという棟札があり,それ以前の創建と考えられています。当時,草木の領主だった尾張藩の家老格志水甲斐守忠宗の進達により,瓦などの寄進があったと記されています。現在の社殿は平成元年(1989年)に新築されたといい,寿命の神様として崇拝者が多いといいます。

ゴール:知多バス・東岡田バス停



 多賀神社から県道を100mほど西に進むと阿久比町から知多市に入ります。



 ここからさらに700mほど進んだ「福田脇」交差点を右折し,400mほど北上した「庄太郎脇東」交差点を左折して少し進んだ先にゴールの知多バス東岡田バス停があります。ここから知多バス岡田線に乗車して,名鉄常滑線の朝倉駅まで約18分で行くことができます。本数は1時間に1本程度なので,知多バスのホームページであらかじめ時刻を確認しておくといいでしょう。

写真使用数:25

←前:白沢コース / 愛知県知多郡阿久比町 / 次:坂部コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>