笹沢左保の通販情報

            

ミステリー・サスペンス小説 文庫セット 各種 (文庫古書セット)

価格:2,592円 新品の出品: 中古品の出品:800円
コレクター商品の出品:1,300円
カスタマーレビュー
【2点同時購入で1000円割引実施中!】・ミステリー・サスペンスの文庫本セットです。セットの内容・冊数については各出品の状態コメントや写真をご覧ください。 ・セットの各巻は汚れ・傷み・シミ等の傷みがあるものとお考え下さい(amazonガイドライン「可」の商品)。また、amazonガイドラインの「古書」に相当する旧刊が大半です。 ・セットのバラ売り、個々の巻についてのお問い合せは原則お受けできません(全巻名人で梱包済みのため)。なにとぞご了承ください。・他にも文庫古書セットがございます。作家名+「文庫古書セット」で検索してください。
この時代小説がすごい! 時代小説傑作選 (宝島社文庫 「この時代小説がすごい!」シリーズ)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
毎年、時代小説の年間ランキングを選んできた『この時代小説がすごい! 』。 その選者たちが短編時代小説のオールタイムベストテンを選出。 日本のすべての短編時代小説から最も面白く、かつ現代の読者に読んでほしいと願う ランキング上位作品5編を収録した珠玉の名作アンソロジーが登場します。 収録作品は「国を蹴った男」伊東潤、「赦免花は散った」笹沢左保、「錯乱」池波正太郎、 「笊ノ目万兵衛門外へ」山田風太郎、「直江山城守」坂口安吾です。
木枯し紋次郎(一)〜赦免花は散った〜 (光文社文庫)

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:1,741円
コレクター商品の出品:888円
カスタマーレビュー
「人間には一生に一度や二度、計算に合わなくてもやらなればならねえことがあるもんだ」三度笠に汚れた道中合羽、手甲脚絆。頑丈一辺倒の長脇差とトレードマークの長い楊枝。……幼馴染みの兄弟分に裏切られ、罠におちた紋次郎の頬の刀傷がひきつった。くわえ楊枝が震えて、木枯しに似た乾いた音が、高く鋭く鳴った。時代小説のスーパー・ヒーロー、待望の登場。
木枯し紋次郎 (一) 赦免花は散った (光文社文庫)

価格:4,860円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:750円
カスタマーレビュー

木枯し紋次郎(上): 生国は上州新田郡三日月村 (光文社時代小説文庫)

価格:926円 新品の出品:926円 中古品の出品:290円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
汚れた合羽に三度笠、口にくわえた長楊枝が、哀しい風の音を鳴らす。人呼んで“木枯し紋次郎”―上州の貧農に生まれ、十歳で家を出て、世間に背を向け諸国をさすらう、孤独な旅鴉。’70年代にテレビ化され、「あっしには関わりのねえことで」の名台詞で一世を風靡したスーパーヒーローが帰ってきた!シリーズ百作品から十編をえりすぐったベスト・オブ・紋次郎。
軍師 竹中半兵衛 下 新装版 (角川文庫)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:77円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
竹中半兵衛を迎えるべく織田信長が遣わしたのが藤吉郎秀吉だった。秀吉に魅力を覚えた半兵衛は、この男のために働こうと軍師役をつとめる。黒田官兵衛に先がけ、秀吉の天下取りに道筋をつけた名軍師の生涯!
軍師 竹中半兵衛 下 新装版<軍師 竹中半兵衛> (角川文庫)

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:310円
コレクター商品の出品:580円
カスタマーレビュー
竹中半兵衛を迎えるべく織田信長が遣わしたのが藤吉郎秀吉だった。秀吉に魅力を覚えた半兵衛は、この男のために働こうと軍師役をつとめる。黒田官兵衛に先がけ、秀吉の天下取りに道筋をつけた名軍師の生涯!
セブン殺人事件 (双葉文庫)

価格:800円 新品の出品:800円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:403円
カスタマーレビュー
新宿淀橋署の宮本刑事部長と、本庁から来た佐々木警部補。年齢も容姿も経歴も好対照の2人は、その名前から「宮本武蔵と佐々木小次郎」にたとえられるライバル同士だ。そんな異色の凸凹コンビが7つの難事件に挑む。どんなときも、2人の推理は真っ向から対立、はたして正しいのはどちらか?息もつかせぬ展開、綿密なトリック、思いもよらない結末と、推理小説の神髄が味わえる7編を収録。
セブン殺人事件 (双葉文庫)

価格:823円 新品の出品: 中古品の出品:1,343円
コレクター商品の出品:380円
カスタマーレビュー
新宿淀橋署の宮本刑事部長と、本庁から来た佐々木警部補。年齢も容姿も経歴も好対照の2人は、その名前から「宮本武蔵と佐々木小次郎」にたとえられるライバル同士だ。そんな異色の凸凹コンビが7つの難事件に挑む。どんなときも、2人の推理は真っ向から対立、はたして正しいのはどちらか?息もつかせぬ展開、綿密なトリック、思いもよらない結末と、推理小説の神髄が味わえる7編を収録。
セブン殺人事件 (徳間文庫)

価格:494円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー
新宿淀橋署の宮本刑事部長と、本庁から来た佐々木警部補。年齢も容姿も経歴も好対照の2人は、その名前から「宮本武蔵と佐々木小次郎」にたとえられるライバル同士だ。そんな異色の凸凹コンビが7つの難事件に挑む。どんなときも、2人の推理は真っ向から対立、はたして正しいのはどちらか?息もつかせぬ展開、綿密なトリック、思いもよらない結末と、推理小説の神髄が味わえる7編を収録。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。