三浦浩通販大特集

            

優しい滞在 (光文社文庫)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:750円
カスタマーレビュー
高速走行中の自動車の車輪が突然はずれた! 暗闇のプールで何者かに襲撃された! アメリカ国籍の日系二世垣花魁が三十年ぶりに戻った日本では、得体の知れない危機が待っていた。姿なき脅迫者の目的は何か? そして、彼に近づく謎の女の正体は……!? 鋭利なタッチで異才が放つニュー・サスペンス小説の傑作!
司馬遼太郎とそのヒーロー

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:400円
コレクター商品の出品:798円
カスタマーレビュー
四十三年間に及ぶ特別な親交の中で著者だけが知り得た秘密を交えながら、司馬文学と、登場するヒーローたちの真実に迫る。
週刊サッカーマガジン増刊 中山雅史引退記念号 2013年 1/5号 [雑誌]

価格:4,536円 新品の出品: 中古品の出品:197円
コレクター商品の出品:600円
カスタマーレビュー

量の発達心理学

価格:821円 新品の出品: 中古品の出品:1,314円
コレクター商品の出品:3,144円
カスタマーレビュー
現代数学と現代科学の考え方を背景に、幼児の量概念の形成過程を綿密にかつ実証的に分析し、質の数量化の問題を解明した名著。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。
フリスコ(San Francisco)からの贈り物 (ケイブンシャノベルス)

価格:9,180円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:780円
カスタマーレビュー
18歳になった美少女・知佐子との奇妙な“同棲生活”を続けている大介は、〈柏木大介調査センター〉のデスクに足をあげ、相変わらず、次の電話を待ちつづけていた。そんなある日、50%も値引きして引受けた仕事は、つまらない調査依頼だったが、その依頼人が、うら寂しい、秋のプールに死体で浮かびあがり、様相は一変した。大介は警察に追いまわされ、“プロ”に命を狙われる―。大介が孤独な戦いを強られているとき、フリスコに飛んだ知佐子は、事件の謎を解く鍵を…。待望の書下ろし新都会派ハードボイルド。シリーズ第2弾。
津和野物語

価格:1,500円 新品の出品: 中古品の出品:108円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
しとやかさの中に勁さと、そして魔性も秘めた若き女性たちの、波瀾の日々を描く恋のオムニバス小説。
弔いの街 (広済堂文庫)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
脱サラ探偵柏木大介の許に、初めての調査依頼が舞い込んだ。依頼主は麻生知佐子という美しい女子高生で、行方不明になった姉の捜索がその内容だった。調査開始早々襲われた大介は、警護を兼ねて知佐子との同居を始める。調査の進展につれ巨大企業の動きを掴んだ大介。対して異常な反応をみせる巨大企業。知佐子の家族にも手を伸ばし、複数の柩を並べる企業に、執拗な追及を試みる大介が握った社会的な致命傷とは。
復活なきパレード (ケイブンシャノベルス)

価格:1,575円 新品の出品: 中古品の出品:74円
コレクター商品の出品:1,700円
カスタマーレビュー
〈柏木大介調査センター〉の最初の依頼人は、姉を捜してほしい、という17歳の美少女だった。柏木大介が35歳で会社を懲戒免職になり、やむなく始めた“探偵業”は、ボディーガードを兼ねた、美少女との奇妙な“同棲生活”も加わり、うまいスタートを切ったかに見えた。しかし、その直後からクロロホルムや鉄パイプという、なんとも古典的な方法で次々と襲われ、遂には彼の目前に柩までが並ぶ、散々な仕事始めとなった―。人妻失踪に絡んで何故か異常なまでに牙をむいた巨大組織と、美少女・新米探偵コンビの孤独で果てしのない戦いを、クールな筆致でたたみこむ、新都会派ハードボイルド。シリーズ第1弾。
消された依頼人 (広済堂文庫)

価格:1,993円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
脱サラ探偵・柏木大介の許に調査依頼が舞い込んだ。依頼主は女子高生で、内容は男子受験生の挙動であった。さらに大学教授から入試に絡む、予備校の調査依頼が来る。しかし、女子高生は高校のプールで水死体となり、教授も暴漢に襲われたのち、病院のベッドで殺害されてしまう。一方、大介も警察に追われ、殺し屋に命を狙われ始める。そんな折、同居人の知佐子がサンフランシスコへ飛び事件を解く鍵を探り出す―。
菜の花の賦―小説 青春の司馬さん

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,400円
カスタマーレビュー
「新聞」記者から作家へ。青春真っ只中司馬遼太郎がゆく。