災 害 協 定



 協定締結写真       協定締結式1




災害時の情報収集に関する
協 定 書
      
  朝霞市(以下「甲」という。)と朝霞アマチュア無線クラブ(以下「乙」という。)
は、災害時の情報の収集及び伝達に関し、次のとおり協定を締結する。



(目的)
第1条  本協定は、甲の行政区域内で、災害が発生した場合において、乙が、災害
     に関する情報を収集し、甲にその情報を提供する事を目的とし、必要な事項を
     定める。
 
(定義)

第2条  本協定において「災害」とは、震災及び大規模事故等で通信施設が寸断さ
     れたものをいう。
 
(活動)
第3条  本協定に基づき行う乙の活動は、自己の郷土愛と地域貢献に基づくボラン
     ティア活動とする。
 
(協力要請)
第4条  甲は、災害が発生し、情報の収集、伝達に乙の協力が必要であると認めた
     ときに、乙に対し協力を要請することができる。
  2   乙は、前項の要請があったときは、速やかに情報収集活動を行うものとする
     また、乙は、災害の規模により甲が前項の要請を乙にすることが困難と認めた
     ときは、速やかに情報収集活動を行うものとする。
 
(統制)

第5条  乙は、災害情報通信を行うときは、甲の災害対策本部が設置する基地局の
     統制に従うものとする。
 
(情報収集内容)
第6条  本協定に規定する情報の内容は、おおむね次のとおりとする。
    (1) 被害発生の場所及びその状況
    (2) 火災、建物倒壊等による被災者の発生状況及び救護状況
    (3) 道路情報及び交通機関の運行状況
    (4) 住民の避難状況
    (5) ライフラインの被害状況及び応急対策の状況
    (6) 医療機関の開設状況
    (7) その他必要と認められる事項
 
(費用

第7条  乙の情報収集にかかる費用は無償とする。
 (便宜供与)  
第8条  甲は、本協定により乙が必要とする無線局の設置について協力を求められ
     たときは、これに協力する。
 
(協定期間)

第10条  この協定の有効期間は、協定締結の日からとし、甲乙いずれからも協定
     の解除又は変更の申し出がない限り継続するものとする。
 
(協議)

第11条  この協定に定めのない事項又は疑義が生じたときは、甲乙協議して決定
     する。
 

       この協定の締結を証するため、本書2通を作成し、それぞれ1通を保有す
     るものとする。

平成20年 6月 30日


                                 甲   朝  霞  市

                                     埼玉県朝霞市本町1-1-1

                                     朝霞市長   富 岡  勝 則


                                 乙   朝霞アマチュア無線クラブ

                                     埼玉県朝霞市膝折町4-11-53

                                     会   長   村 串  克 己



BACK