メバルの居るポイントとは?

2004.3.10 改定

注意
ポイントに関しては、皆さんご存知の通り立ち入り禁止場所がほとんどです。
大まかに
公表出来ない場合が多数あります。他にもいい場所はあるのですが
一般的に
場あれや釣り師の迷惑になる場合がありますので控えめで行きますので
ご了承下さい。尚公認場所はメバルマガジンにどんどん追加していきますので宜しくお願いします

それとこのサイトで紹介しているほとんどがメバルのベストシーズン(2月から5月位)
を基本にして作っています。
ただ稀に一年中釣れる年もあります。ですから必ず釣れるわけではありませんので
注意して下さい。詳細は最新のメバル釣りを見て下さい。
しかし一般的なポイントでは釣れない事も・・・・・・・・・・・秘密ですね!!
頭でっかちな私の経験から紹介していきます。




メバルの居そうな所とは?

マンメイドストラクチャー(防波堤、テトラ、桟橋、船、ゴミ、影になる物)
沖釣りは除くあくまでもショアーからの話です。
そして影とくれば灯かりがあるところですね、昼間の場合は普通に日陰です
たいがい港などには灯かりが有りますので、いいポイントになります。
基本的にメバルはレンジを自由に使いますのでベイトフィッシュなどの居るところに集まります。
潮通しがよく荒れた場合に待避する場所がある漁港・・・聖地・・・・


具体的に何処?

公認場所と言うと
横浜では、福浦3号地や各海釣り公園(夜やっていない)、根岸湾、大黒埠頭近辺
山下公園やMMなど釣りの出来る所では何処でも釣れます。

その他横須賀平成の公園や馬堀海岸、鴨居港や花室港、浦賀近辺
書ききれないほどあります。



防波堤

般的には、漁港や波止めです。
まずキーポイントは、灯りがあって、明暗がはっきりしているところ
水の動きがある場所で、船など隠れるところがあるほうが好ましい
隠れるものには、ブイや藻のついたロープやごみなどが好ましい
ケーソンや中空の堤防の柱周りなど昼間隠れる場所があるといいポイントです。

その他、でっぱりや船の着岸用のバンパーなどがいいでしょう
もちろん角は潮の向きによっていい場合がありますが、シーバスなどメバルを餌にしている魚が
多いので、釣れない場合があります。こういう場所ではボトム狙いがいいでしょう
サイズのいいものやソイ、カサゴなども釣れます。




テトラポッド

もっとも魚が集まる誰もが知るところですね
比較的立ち入りが許可された場所が多いようです。
形状は、沖に向かって深くなっているはずです。岸からのキャストが基本になりますが、形状のとおり
根かかりを誘発しますので、ジグヘッドの釣りにはあまり向きません
しかし夜のメバルは、浮いてきますので手前のテトラ(沈んでいて見えない)さえ気をつければ
十分攻略できるでしょう。縦にキャストして上をゆっくり巻いてくればいいでしょう
横にキャストするとかなり高い確率で引っかかりますので注意が必要です。
攻略には、足を使ったポイント移動でしょう
足元には、十分注意してください
危険度高い!夜間の釣りは出来れば避けたほうがいいでしょう。ライフジャケット着用をお勧めします。

追伸穴釣りにて良型が最近GETされてます。東北では穴でクロソイ60UPとか・・
夜行性の魚達ですから是非試してみる価値有りますが、根ガカリ対策は万全に・・


河口

砂浜にある河口は、試したことが無いのですが、だいたい防波堤があると思います
ここでは、水深があればメバルはかなり上流まで上がっています。
満潮の時だけですが、こんなところまで?なんてこともありますが基本的に真水はにがてのようです。
普通はメバル釣りでは、攻めないので当たれば爆釣に成ることもあります。一度試してみてください。

水路

港湾部の水路にはかなり奥までメバルは居ます。
ただしサイズは小さいものが多いようですが、数は楽しめると思います。
バチ抜けなどの時期は抜群でしょう



2004.mebaru.net