東京湾メバル釣行記



めばる マガジン 11月号
WORLD Rockfish

アメリカに居るメバルに似た奴

アーでメバルを釣り始めて
早10数年が経ちました。
釣り方も大分進化してきましたし
ルアーも専用の物まで出てきました
依って、釣り人も増大しているでしょう
しかし、メバルとは、ロックフィッシュ
です。言わば根魚ですね
今月はこのロックフィッシュについて
特集してみたいと思います。

日本のだいたい何処でもいる
黒メバルです。
最大で35cm位かな

本でもっともポピュラーな
根魚と言えば、かさごや
メバル、あいなめ、ハタ類
でしょう しかし世界には色々な色
形の者が居て楽しいですね
ブラック&イエローなんてのもいるそうです。
釣り方はやっぱりジギングやベイトを使った底釣りがメインのようです
夜釣りでシャローなんてやっている人居るのかな??
釣果報告聞きたいですね
外国の方で見ている方よろしくです。

なんて魚でしょう?
でも美味そうです

れから私が目指していくものの中にこのロックフィッシュがかなり強くあります。
ご存知のように底を釣る場合のネックは、なんと言っても根がかりでしょう
それとオフショアの釣りが主体になりますね
深い場所に棲む魚を釣るわけですから仕方ありませんが、まずは、磯、防波堤などのオカッパリですが根掛かりのリスクは膨大なものです
私はこれを少しでも解消する為にあるリグを使ってみました。
私の場合は、本業は(主体の釣り)バスフィッシングなので
ヘビーカバーの釣りももちろん得意です。
ただしバスフィッシングにおいての物は、ラバジグやテキサス
リク゜もしくは、オフセットのフックでの釣り方です。
海でラバージグを使ったことはありませんが豚が何処まで
通用するか試してみる価値もありそうですが・・・・・・・

イエロー&ブラックロックフィッシュ
です。色が違うけどメバルぽいでしょ

の場合のリグは、基本的には、テキサスリグで
フックにゲイリーヤマモト
のスペシャルフックを使っています。
あまり引っかかるときはペグも使用していますが
動いている魚ではないので、なるべく魚にルアーを見せたいのでペグはしません
それと、ワーム本来の動きも損なわれるようです
何故かと言うとかなり重めのシンカーを使いますので、落っこちるように沈んでいくわけですからあとからワームがついてくる方が底近くでは有効かと思っています。
ゲイリーのフックは、がまかつ製でフックポイントがアイにむかっいて見た目はムツ針やカイズ針見たいですが、すぐれものです。
通常のフックで100回投げたら90回以上は根がかる場合
オフセットで60回くらいとしてスペシャルフックチョン掛けの場合10回程度でしょう
しかし海の場合は潮がありますので、それに合わせてシンカーが重くなると確立は低くなってきます。
私が提唱しているスタイルはあくまでもライトなのであまり潮が早いときは釣りを控えています。
一番バイトが多いときは、引き潮の潮が少し緩んできたあたりが一番いいみたいです。
ベイトを追っかけていない魚なので水深が浅いほうが食べやすいのかな??
しかし潮止まりになるとパタリと食いが止まります。
そして根掛かりの嵐になります。シンカーなどが根の中に入るからと思います。
メバルなどはあまり関係ないのですが、底の魚は影響するようです。

それと釣り方も確立を上げてくれます。
基本的には、デッドスローでほとんど巻かずに、ロッドで聞いてくる釣り方です。
引っかかったらチョンと弾みをつけるとすぐに外れます。
反対に巻いてしまうと、底を取れずに、引っかかったら絶対に取れないことが多いです。
それと基本的にロックフィッシュは根に入ります。

もたもたしていると動かなくなります。
合わせたら即巻きしないと後の祭りです。
しばらくフリーにして待っていると、ググッなんて動くんですけどね

これはソイの仲間だと思いますが英語で書いてあってよくわかりませんでしたが間違いなくメバルの類です。
アメリカだよ

 とめとしては、ルアー
釣りにはとても難しいということでしょう。
いっそのことエコギアー
で出しているブラクリのようなリグなどを使ったほうがいいのかもしれません。
それか浮き釣りでワームを付けるとか?
今年の冬から本格的にチャレンジしますので期待してください

あぱせ上野


Top | Return

 


今月の拾い物

イベント情報

バクリ物??


読者の釣行記


メバルご指南
あぱせと釣りに行こう

公認ポイントガイド

タックルガイド


メバマガBBS











2002.mebaru.net