手塚作品と私
随筆
手塚作品と私
本気と冗談
子供の頃から今に至るまで「手塚作品」は何となく苦手。
その理由が最近になって分かってきたような気がする。
手塚作品は、マンガと言うより芸術作品(=映画)に近い、
通常のマンガよりも1ランク上に位置するのではなかろうか?
例えば、主人公の「正義感」や「使命感」の強さ。
アトムもレオも、それが強すぎるが故に「自己犠牲」的な最後を選択する。
強すぎる「正義感」「使命感」が逆方向に働けば、
ロボットを率いて人間を滅ぼそうという行動にもつながる。
それ故、物語のラストは、どちらにしても胸を締め付けられるような
悲しい展開にならざるを得ない。だから、観るのに「覚悟」が要る。
それを、何らかの形で、無意識にも実感してしまったから
「手塚作品は苦手」という感覚が、脳に染み着いてしまったのだろう…。
魔女のGIF画像
ハチ娘のGIF画像
戻る