高橋虫麻呂の歌
真間手児名
真間手児名って誰?
真間手児名を詠んでいる歌
山部赤人の歌
高橋虫麻呂の歌
下総国の歌

他界
シャーマニズム
勝鹿の真間の娘子(をとめ)を詠む歌一首 あはせて短歌
現代語訳
葛飾の真間の娘子を詠んだ歌一首と短歌

鶏が鳴く 東(あづま)の国に 古(いにしへ)に ありけることと 今までに
絶えず言ひける 勝鹿の 真間の手児名が 麻衣(あさぎぬ)に 青衿(あをくび)着け
ひたさ麻(を)を 裳には織り着て 髪だにも 掻きは梳(けづ)らず 沓(くつ)をだに
はかず行けども 錦綾(にしきあや)の 中に包める 斎(いは)ひ児(こ)も
妹にしかめや 望月の 足れる面(おも)わに 花のごと 笑みて立てれば
夏虫の火に入るがごと 湊(みなと)入りに 舟漕ぐごとく 行きかぐれ 人の言ふ時
いくばくも 生(い)けらじものを 何すとか 身をたな知りて 波の音の さわく湊の
奥つ城に 妹が臥(こ)やせる 遠き代(よ)に ありけることを 昨日しも
見けむがごとも 思ほゆるかも
現代語訳
(鶏が鳴く)東の国に、古にあった事実と今までも絶えず言い伝えてきた、
葛飾の真間の手児名が麻の服に青い襟をつけ、純麻を裳に織って着て、
髪さえも櫛けずらず沓をさえはかずに歩くが、錦や綾の中にくるんだ箱入娘も
この娘に及ぼうか?
満月のように豊かな顔で、花のようにほほえんで立っていると、
夏虫が火に飛び込むように、湊にはいろうと舟を漕ぐように
寄り集まり男たちが言い騒ぐ時、何ほども生きまいものを
何のためにわが身を思いつめて波の音の騒がしい湊の墓所に
あの娘は横たわっているのか…。
遠い昔にあった出来事だが、ほんの昨日見たかのように思える事だ。

反歌

勝鹿の 真間の井見れば 立ち平(なら)し 水汲ましけむ 手児名し思ほゆ
現代語訳
葛飾の真間の井を見ると、立ちならして水を汲んだという手児名が偲ばれる

<出典>
『日本古典文学全集3萬葉集二』小学館,昭和47年
魔女のGIF画像
ハチ娘のGIF画像
戻る