海の快剣士
『漫画王』
1957年5月号別冊付録
単行本
小学館
藤子・F・不二雄大全集
『山びこ剣士
竹光一刀流ほか』収録
 次々と海賊船を沈めているという謎の存在「竜王」。
その正体は、舳先に竜の頭を彫った潜水艦「竜王丸」と、それを操る少年達だ。
船長の少年が船体から伸ばした櫓に立つ事で、
あたかも海の上に立っているかのように見せかけて「竜王」を名乗るのだ。
破壊された海賊船のお頭と、用心棒の赤鬼は、竜王に助けられ、その秘密を知る。
そして、夜中に牢を抜け、飲み水に眠り薬を入れて、
少年達を眠らせて竜王丸を占拠する。
しかし、船長の少年は船の動かし方を決してしゃべろうとしない。
その内に、船は目的地近くで発生する大渦巻に巻き込まれる。
揺れる船に悪党は降参。
竜王丸はピンチを脱する。
少年達は、お頭と赤鬼を無人島に追放し、次の獲物に向かう。
一方、お頭と赤鬼は次の獲物、白鮫丸と合流し、竜王丸を倒す作戦を立てる。
何も知らずに白鮫丸を追った龍王丸は、入江で待ち伏せに遭ってしまう。
急速潜航するも、入江の底は藻で一杯。
絡みつかれて身動きもできなくなってしまう。
竜王丸のピンチに、船長は扉を開け海の中へ。
錨綱で竜王丸と海賊船を結び、入江からの脱出に成功。
そして船長は、1人海賊船に乗り込み、赤鬼と対決する。
赤鬼を倒し、他の海賊から逃げていると、竜王丸の攻撃で海賊船は炎上。
船長は海へ飛び込み、竜王丸に戻る。
残りの海賊船も沈め、竜王丸は再び、海の平和を乱す悪者を追って
航海を続けるのだった。
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る