新オバケのQ太郎
『小学一年生』
1971年4月号〜1973年3月号
1972年6月号特別編「雨ぼうやのたび」
『小学二年生』
1971年4月号〜1973年2月号
『小学三年生』
1971年4月号〜1973年2月号
『小学四年生』
1971年4月号〜1973年7月号
『小学五年生』
1971年4月号〜1973年3月号
『小学六年生』
1971年4月号〜1973年3月号
1973年6月号
番外編「ペケポコバケラッタO次郎の恋物語」
『幼稚園』1971年4月号〜1973年2月号
『よいこ』1971年4月号〜1973年4月号
『めばえ』1971年4月号〜1974年3月号
『ベビーブック』
1971年4月号〜1972年9月号、
11月号〜1973年2月号
『マミイ』1972年10月号
『幼児の知能絵本』1971年4月号
『月刊少年ジャンプ』1976年5月号
アニメ
1971年〜1972年
1985年〜1987年
(タイトルに「新」は付かない)
単行本
小学館
てんとう虫コミックス全4巻
藤子・F・不二雄大全集全4巻

中央公論社中公コミックス
藤子不二雄ランド全7巻
 無印Qちゃんが最後に掲載されてから、およそ4年。
新たなTVアニメに合わせた形で、Qちゃんの連載が再スタート。
その前年に「ドラえもん」も連載スタートしているのですが、
まだ人気はなく、数年はQちゃんの陰に隠れていた様子。
Qちゃんの弟Oちゃんが新たに加わり、
無印では一部連載にしか登場していなかったU子さんも本格デビュー。
他にも、大原家のお隣の胡散臭い人物、ヒョーロクさんや
伸ちゃんの憧れの同級生、河伊伊奈子さん、といったキャラが登場。
特に伊奈子さんは、何故かQちゃんを気に入ってしまい、
失恋、嫉妬ネタで伸ちゃんの出番が微増。
キャラが増えた事により、ドタバタ感が強くなり、
無印初期よりも、ずっと楽しめるエピソードが多い印象。
大全集の収録形式
1巻『小学一年生』『小学二年生』
2巻『小学三年生』『小学四年生』
3巻『小学五年生』『小学六年生』『月刊少年ジャンプ』
4巻『幼稚園』『よいこ』『めばえ』『ベビーブック』『マミイ』『幼児の知能絵本』
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る