かげろう剣士
『漫画王』
1958年5月号別冊付録
単行本
小学館
藤子・F・不二雄大全集
『山びこ剣士
竹光一刀流ほか』収録
 かげろうのようにガタガタ震えながら、
臼葉影郎は4人の男達を待ち構えていた。
殿の大事にしていた「山ザルのつぼ」を盗んだ4人組である。
影郎は、それを奪還するよう命じられている。
来た!間違いない、あの4人だ。
「まてーっ。」
影郎が飛び出すと、男達の1人が
「だれかとおもえば、こしぬけか。」と笑う。
「山ザルのつほをかえせっ。」
影郎が精一杯さけぶと、
「わはは、とれるものなら、とってみろ。」と4人全員が笑う。
刀を振りかぶる影郎。
だが、相手の切っ先に恐れをなして逃げ出してしまう。
木の影で、再びガタガタと震える。
それを見て、木の上で笑う者がいる。
武者修行中の丸山次郎だ。
事情を聞いた次郎は影郎を助ける事にする。
4人が泊まっている宿を突き止め、忍び込む2人。
つぼを取り返すも、見つかってしまい、部屋の中で大乱闘。
次郎は、チビの割に力持ち。
4人をふっ飛ばして逃げる。
当然、2人の後を追う4人。
4人の内の1人が、おにぎりの匂いにつられて2人を発見。
残りの3人も現れると、影郎は、つぼを捨てて逃げ出してしまう。
つぼを持って、その後を追う次郎。
森の中を1人彷徨う影郎は、4人に囲まれ降参。
彼らの命令を聞いて、次郎をおびき出す事に協力する。
2人の男が弓を構える場所に、次郎を呼び込む影郎。
しかし、ギリギリの所で影郎は、
「ふせろっ、あぶないぞっ。」と叫ぶ。
間一髪、矢を避けた次郎。
再び2対4の大乱闘。
ついに4人を捕え、影郎は安心して帰途につくのだった。
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る