はるおくんのしっぱい
『たのしい二年生』1957年8月号
単行本
小学館
藤子・F・不二雄大全集
『初期少女・幼年作品』収録
 女の子と一緒に雪だるまを作ったはるおくん。
目玉にする「たどん」を取りに行く途中、獅子舞の獅子を見かけ、
その後に付いていく。
すると、羽子板の羽根が頭に当たり、それを投げ返すと、
よその家の中へ。
家の扉から、泥棒ネコが飛び出したので、それを追いかける。
途中で野球に誘われ、ピッチャーとして投げたボールが打たれ、
泥にまみれたボールを見て、「たどん」の事を思い出す。
ようやく戻った頃には、雪だるまはもう溶けてしまっていた。
2ページ。
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る