てきぱきワーキンラブ
漫画その他
ロックンゲームボーイ
てきぱきワーキンラブ
つるぜ!カメスケくん
るろうに剣心
海の大陸NOA
ドラベース
新ドラベース
 私が中学生の頃、「覇王」というゲーム雑誌があった。
その雑誌で、竹本泉さんがゲームに関するエッセイマンガを連載していた。
そのマンガの中で、他社の雑誌で描いていると断った上、
伏字だらけで「てきぱき」がゲームになるという情報が、
突如乱入してきた「てきぱき」のキャラによって語られた回があった。
その後、雑誌の新作紹介コーナーで「てきぱき」が、伏字なしで紹介された。
で、「覇王」という雑誌は休刊して、数ヵ月後、
新たに「覇王マガジン」と名を変えて復活したのだが、
なんかつまらなくなっていたので、読まなくなってしまった。
それから数年後、たまたま本屋さんで「てきぱき」の5巻を発見!
単行本が出ているとは思っていなかったし、もともと興味もなかったのだが、
この時、興味を持ってしまったのでした。
他の大きめの本屋さんで、1巻から買って読んでみると、なかなか面白い。
私なりの表現で言うと、「ドラえもん」系の、何巻から読んでも楽しめるタイプ。
「世界が終わる!」とか「地球が危ない!」とかいうような緊迫感はゼロ!
変な依頼をメインで受け持ってしまうお役所の話で、
まあ、読んでいて疲れるマンガではありません。
それが竹本さんの作風なのだと思いますが…。
最終回も、「そろそろ終わらせようか…」という作者の都合?で迎えてしまいます。
私もこんなお役所「その他省」で働きたい!
作画:竹本泉
『月刊アスキーコミック』
1995年3月号〜1995年7月号、9月号
『月刊コミックビーム』
1995年12月号より
タイトルに「FX」を追加して連載開始
2001年1月号で連載終了
単行本
アスキー出版局
アスキーコミックス1巻
アスペクト
アスペクトコミックス2〜4巻
エンターブレイン
ビームコミックス5、6巻
全6巻
単行本のタイトルに「FX」はつかない
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る