ガンダムシリーズ
ロボットアニメ
ガンダムシリーズ
勇者シリーズ
エルドランシリーズ
 私が生まれた時点で、初代「ガンダム」は残り2、3話で最終回という所だった。
その数年後に(おそらく)再放送で「ガンダム」を観た記憶がある。
(グフと戦う辺り…)「Z」「ZZ」は最初の辺りをチラッと観た記憶だけ。
私の年代にとっては「ガンダム」=「SDガンダム」と言っても過言ではない。
「SDガンダム」のプラモデルによって「ガンダム」ファンになったのだ。
なので、実際のガンダムのストーリーは後に知った感じだ。
(ゲームの「Gジェネ」とかで…)
当時の私は、ストーリーには詳しくない割に、
MSにはやたらと詳しい人間だった…と思う。
 年代的に、一番印象深いのは「平成ガンダム」=「V」「G」「W」「X」かな。
特に「G」と「W」が好きで、「G」が放送されていた頃は、
「この男を知らないか?」とか学校でやっていた記憶が…。
「W」はキャラクターの絵を結構描いていたような…。(少年ばっかりね…)
女の子ばっかり描いている現在からは想像もつかないかもしれないが、
この当時はカッコいい少年を描く事に夢中だった。
 「ターンA」は最初はアレだったけど、見慣れるとカッコよく見えてきた。
終盤は次回が待ち遠しい感じになっただけに、
何故もっと早めに盛り上げられなかったのか?という思いも…。
あと、東海村の原研の事故(核燃料漏れだっけ?)で、
最終回が予告なしに深夜になった事実も作品に水を差したかな?
「ターンA」のデザインは、最終的には「こんなガンダムもOKなんだ!」
という「可能性」を感じさせられた。
次のガンダムは我々の想像できないデザインかもしれないという期待を持った。
「ガンダム」の新時代が来る!と思っていた…。
 それから数年、「SEED」が始まって、ガンダムのデザインが
結局ありがちなモノに戻った上、キャラがガンダム世界に合わなくなって失望!
「SEEDディスティニー」を最後に新しいガンダムに対する興味が失せ、
「00」は一度も観なかった…。だが、それで良いと思う。
「ガンダム」と名が付けば何でも受け入れられた「幼年期」?は終ったのだ…。
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る