電脳コイル
NHKアニメ
ふしぎの海のナディア
学園戦記ムリョウ
魔法少女隊アルス
電脳コイル
 現在の私に最も影響を与えた作品。
キャラが地味でも、ストーリーが良ければ面白い作品になるという、
いわば当たり前の事を教えてもらった気がする。
この作品に出会ってから、自分にとって最高傑作(になるんじゃないか)
と思っている作品のイメージが、ガラリと変わりました。
日常の中に存在する、一部の人たちだけの不思議な世界。
そういったモノを表現したいと思うようになった。
私なんかが言うのもおこがましいが、おなじクリエーターとして
非常に悔しい思いをさせられた作品でもある。

追記(「好き」と言ってる割に文章が短かったので…)

 その日、私は「ツバサ クロニクル」第2シリーズ 再放送 最終回を観ていた。
いつも通り「ダラダラ」と頻繁にチャンネルを変えながら…。
頭の中では「来週からどんな作品が始まるんだろう?」という考えが蠢いていた…。
そして、次回予告に流れた映像は「メガネをかけた、どこか古臭い女の子」と
夢のない「見慣れた木造建築」だった…。
ちょこっと写った「オヤジ」の姿は、数年前に放送されていた「カスミン」に出てきた
「ヘナモン」(「日用品」をモチーフにした妖怪みたいな存在)とダブって見えた…。
この時点での「電脳コイル」に対する印象は
「キャラクターの年齢が高くなっただけの『カスミン』みたいな作品」だった…。
良くも悪くも、NHK的なオリジナル作品に戻るのだろう…、そう思えた…。
いま思えば、それも悪くはないのだが、少女マンガ原作である「ツバサ」
の持っていた「華やかさ」とのギャップが激しかったのだ…。
私は「電脳コイル」という作品に何も期待していなかった…。
なので、都合により「第1話」を観る事ができそうにないという状況でも
「録画」しようという気にもならなかった。
が、ご丁寧に翌週金曜の夜に第1話が「アンコール放送」された。
こちらは観る事ができたのだが、京子の「ウンチ」連呼に気持ちが萎えて
途中で観るのをやめてしまった…。
「第2話」も某かの理由で観る事ができず、
ようやく腰を落ち着けて観る事が出来たのは「第3話」だった…。
とは言え、決して「期待感」などはなく
「暇だし、とりあえず観てみるか…」という程度の気持ちだった…。
「メガビー」「イリーガル」「サッチー」「暗号屋」…。
「第3話」は「舞台設定の締め括り」であり、
ようやく「ストーリー」が動き出した回でもあった…。
ラストで「謎の暗号屋」=「イサコ」が「転入生」として初登校し、
主人公「ヤサコ」と再会?する…。
エンディングを観ながら「早く次の話が観たい!」と思っていた。
この時点で、私は「電脳コイル」という作品にハマっていた…。
京子の「ウンチ」連呼くらいで
「第1話」「第2話」をスルーしてしまった事を後悔した。
幸い、その3週間後あたりで「1〜5話」一挙放送があったので、
「初回放送」で「全話」楽しむ事ができたのだが…。
夏場「高校野球」で数週間「お休み」になった時には、
経験した事のない「もどかしさ」を覚え、
後半の子供向けとは思えない展開の連続に驚きもした…。
いい歳して、こんなにアニメにハマったのは久しぶりだった。
ひょっとしたら、もうあれほどの作品に出会い、
ハマる事はないのではないかとも思える。
願わくは、今度は私が「創る側」となり、誰かを「やきもき」させたいと思う…。

個人的には「アニメ夜話」で取り上げるのは、
もうちょっと後にして欲しかったなぁ…。
数年後だったら、「子供の頃『電脳コイル』観てました!」って言ってくれる、
若手俳優とかが出てくれたかもしれなかったのに…。
初回放送:2007年

このページのトップヘ
踊るアリちゃんのGIF画像
走っているゴキちゃんのGIF画像
戻る