作中に過激な暴力描写を含むものがあります。読む点に辺り、自己責任でお願いいたします。

2015 // 追加

About

ClassicalWar


なるべく早めに更新していきますが、更新速度に偏りが出てしまうかもしれません。その場合は、気長に待っていただくか、メールで催促していただければ、優先的に作成するかもしれません。
また、この小説はタイトルが違いますが、章を読んでいくうちに話が繋がるものがでてきます。そういった謎解き要素も含んでいますので、興味がある方は探してみてください!